アダプチノール(ヘレニエン)、網膜色素変性のまとめ

アダプチノール(ヘレニエン)、網膜色素変性のまとめ

アダプチノール(ヘレニエン)は網膜での好気的代謝を促進することで、暗順応を促進します。網膜色素変性は、夜盲、視野障害、視力低下、色覚異常などの症状が起こります

Sponsored Link

アダプチノール(ヘレニエン)、網膜色素変性のまとめ

由来

  • 暗順応(dark adaptation)に由来

 

adaptが「適応する」だからadaptationがそれの名詞となることを思い出せればどうにかつなげれれそうではある

 

特徴

  • 本剤は有効成分ヘレニエンが光及び酸素に不安定なため二重錠の製剤である。 剤皮が赤色、核が橙色でヘレニエンを含有する

 

 

網膜の黄斑中心窩及び色素上皮細胞にはアダプチノール(ヘレニエン)と構造のきわめて類似したキサントフィルが存在し、酸素運搬に関与していることが知られている

 

アダプチノール(ヘレニエン)は網膜でエステル分解を受け、キサントフィルに変換されて作用をあらわす。そして、キサントフィルが網膜の色素上皮において酸素の担体として働き、網膜での好気的代謝を促進することで、暗順応を促進する

 

用法用量

  • 成人1回5mgを1日2〜4回経口投与。適宜増減

 

重大な副作用

  • 特になし

 

Sponsored Link

Sponsored Link

 

経験したこと

アダプチノール(ヘレニエン)に関連して網膜色素変性についてまとめておく

 

網膜色素変性は、視細胞と網膜色素上皮細胞が進行性に障害される遺伝性の疾患である。網膜色素変性は視細胞の中でも杆体細胞や錐体細胞が障害される。

 

杆体細胞は網膜の周辺部に多く存在して暗闇で働く細胞であり、杆体細胞が障害されると夜盲(暗いところでの視力低下や、暗いところに入った時に目が順応しにくくなる)や視野障害(ドーナツ状に見えにくくなることが多い)が起こる。

 

錐体細胞は網膜の中心に多く存在して明るいところでの中心視力や色を見分ける機能などに関わるため、錐体細胞が障害されると視力低下や色覚異常(色のコントラストがわかりにくくなるなど)が起こる。

 

網膜色素変性で行われる検査には以下のようなものがある

 

  • 視力検査;裸眼視力のほか、近視や遠視などの屈折異常を矯正した眼鏡をかけた状態での視力を測定する
  • 眼底検査;眼底は瞳孔から光を当てた状態で眼球の奥をのぞいた時に見えるところであり、カメラなどを使って眼底に異常がないかを調べる
  • 視野検査;まっすぐ前を見ているときに、上下左右どれくらい見えているかを調べる
  • 網膜電図;網膜に光をあてて網膜の反応を調べ、視細胞の機能を調べる
  • 光干渉断層計;網膜の断層を非侵襲的に調べる検査

 

まとめ

  • アダプチノール(ヘレニエン)は網膜での好気的代謝を促進することで、暗順応を促進する
  • 網膜色素変性は視細胞と網膜色素上皮細胞が進行性に障害される遺伝性の疾患
  • 網膜色素変性は、夜盲、視野障害、視力低下、色覚異常などの症状が起こる

就職や転職でお悩みの方はコチラ!私はここで年収120万円上がりました

Sponsored Link