サプリメントの基本

サプリメントの基本記事一覧

ビタミンAの働き、多く含む食品、薬との併用のまとめ

現在、健康に関心を持つ人が多くなってきていることや、テレビや雑誌などで多くの健康食品やサプリメントを取り上げる機会が増えています。そのため、患者さんがサプリメントや健康食品を服用している可能性があり、薬剤師は相談を受けることがあります。このカテゴリーでは、健康食品やサプリメントを見ていきます。今回は...

≫続きを読む

 

ビタミンDの働き、多く含む食品、薬との併用のまとめ

前回のビタミンAの働き、多く含む食品、薬との併用のまとめでは、ビタミンAについて見ました。今回はビタミンDについて見ていきたいと思います。ビタミンDビタミンDには植物性由来のものと動物性食品由来のものがあり、それぞれにビタミンDとその前駆物質であるプロビタミンDがあります。植物性;プロビタミンD2(...

≫続きを読む

 

ビタミンEの働き、多く含む食品、薬との併用のまとめ

前回のビタミンDの働き、多く含む食品、薬との併用のまとめでは、ビタミンDについて見ました。今回はビタミンEについて見ていきたいと思います。ビタミンEビタミンEは側鎖の違いからトコフェロール、トコトリエノールといった種類があり、さらに結合するメチル基の位置や数によりα、β、γ、σにわけられます。これら...

≫続きを読む

 

ビタミンKの働き、多く含む食品、薬との併用のまとめ

前回のビタミンEの働き、多く含む食品、薬との併用のまとめでは、ビタミンEについて見ました。今回はビタミンKについて見ていきたいと思います。ビタミンKビタミンKは、ドイツ語の凝固(Koagulation)の頭文字が由来と言われています。当時、脂質を全く含まないエサでニワトリのひなを育てると、出血を起こ...

≫続きを読む

 

ビタミンB1の働き、多く含む食品、薬との併用のまとめ

前回のビタミンKの働き、多く含む食品、薬との併用のまとめでは、ビタミンKについて見ました。今回はビタミンB1について見ていきたいと思います。ビタミンB1ビタミンの中で最初に見つかったのが、ビタミンB1です。1910年に鈴木梅太郎が米ぬかの中から単離成功しました。そのイネの学名であるoryzaからオリ...

≫続きを読む

 

ビタミンB2の働き、多く含む食品、薬との併用のまとめ

前回のビタミンB1の働き、多く含む食品、薬との併用のまとめでは、ビタミンB1について見ました。今回はビタミンB2について見ていきたいと思います。ビタミンB2ビタミンB2はリボフラビンとも呼ばれ、小腸から吸収されて、細胞内で酵素によってフラビンモノヌクレオチド(FMN)やフラビンアデニンジヌクレオチド...

≫続きを読む

 

ビタミンB6の働き、多く含む食品、薬との併用のまとめ

前回のビタミンB2の働き、多く含む食品、薬との併用のまとめでは、ビタミンB2について見ました。今回はビタミンB6について見ていきたいと思います。ビタミンB6ビタミンB6は、3つの天然型があり、日本ではそれぞれをピリドキシン、ピリドキサール、ピリドキサミンと言いますが、ドイツなどの国ではアデルミンと呼...

≫続きを読む

 

ビタミンB12の働き、多く含む食品、薬との併用のまとめ

前回のビタミンB6の働き、多く含む食品、薬との併用のまとめでは、ビタミンB6について見ました。今回はビタミンB12について見ていきたいと思います。いよいよビタミンBシリーズ最後です(笑)ビタミンB12ビタミンB12はコバルトを含むビタミンで、牛の肝臓から見つかりました。食品中のビタミンB12はタンパ...

≫続きを読む

 

ナイアシンの働き、多く含む食品、薬との併用のまとめ

前回のビタミンB12の働き、多く含む食品、薬との併用のまとめでは、ビタミンB12について見ました。今回はナイアシンについて見ていきたいと思います。ナイアシンナイアシンとはニコチン酸とニコチンアミドの総称です。ニコチン酸は、タバコに含まれるニコチンと名前が似ていますが別物です。ニコチン酸はニコチンを酸...

≫続きを読む

 

パントテン酸の働き、多く含む食品、薬との併用のまとめ

前回のナイアシンの働き、多く含む食品、薬との併用のまとめでは、ナイアシンについて見ました。今回はパントテン酸について見ていきたいと思います。パントテン酸パントテン酸は色々な食品に含まれていて、その名前の由来はギリシャ語の「いたるところにある」という言葉だそうです。食品中のパントテン酸の多くは、コエン...

≫続きを読む

 

Sponsored Link


 
HOME プロフィール お問い合わせ