ラゲブリオ(モルヌピラビル)、新型コロナウイルスに感染したの巻

ラゲブリオ(モルヌピラビル)、新型コロナウイルスに感染したの巻

ラゲブリオ(モルヌピラビル)は、新型コロナウイルスの複製の段階を阻害する作用機序です。新型コロナウイルスに感染した場合には、MY HER-SYSに登録して、食糧支援や療養証明書を印刷できるようにします。

Sponsored Link

ラゲブリオ(モルヌピラビル)、新型コロナウイルスに感染したの巻

由来

  • 特になし

 

特徴

  • エラーカタストロフの誘導により抗ウイルス作用を示す、新型コロナウイルス感染症に対する国内で初めて承認された経口抗ウイルス薬
  • 新型コロナウイルス感染症変異株に対しても従来株同様の抗ウイルス効果が認められた。
  • ラゲブリオ(モルヌピラビル)はN-ヒドロキシシチジン(Nhydroxycytidine:NHC)のプロドラッグであり、全身循環へ到達する前に主要代謝物であるへ加水分解され、内因性ピリミジンの代謝と同じ経路でウリジン及びシチジンへ代謝され消失する。

 

ラゲブリオ(モルヌピラビル)の作用機序の前に、新型コロナウイルスの増殖方法について簡単に確認しておく。

 

 

  1. ウイルスはウイルス粒子表面のタンパク質を介して細胞表面に細胞表面にあるウイルスに対するレセプターと結合することで、ウイルスが吸着する。
  2. 細胞に吸着したウイルスはエンドサイトーシスや膜融合などにより細胞内へ取り込まれ、侵入する。
  3. 細胞質に侵入したウイルスのカプシドが分解されて、ウイルスのRNAを放出する(脱殻)
  4. 宿主細胞内に放出されたウイルス核酸を鋳型にしてウイルスが複製される。
  5. 宿主細胞内で合成されたウイルス構成素材が集まり、ウイルスが成熟されて、放出される。

 

ラゲブリオ(モルヌピラビル)が体内に吸収されると加水分解されてN-ヒドロキシシチジン(Nhydroxycytidine:NHC)となる。さらにN-ヒドロキシシチジンは細胞内で活性型であるN-ヒドロキシシチジン三リン酸(NHC-TP)となる。

 

N-ヒドロキシシチジン三リン酸は先ほどの新型コロナウイルスの複製に使われるリボヌクレオチドであるシチジン三リン酸(CTP)やウリジン三リン酸(UTP)に似ている。

 

 

そのため、新型コロナウイルスが複製される時にN-ヒドロキシシチジン三リン酸はこれらのリボヌクレオチドと間違えられて、RNA依存性RNAポリメラーゼによって新しいウイルス鎖に取り込まれる。

 

 

N-ヒドロキシシチジン三リン酸が取り込まれた新しいウイルス鎖は、正しい新型コロナウイルスではないので、複製エラーが起こる。複製エラーが起こることによって非感染性のウイルス粒子ができてくるので、新型コロナウイルスの増殖が抑えられる。このような作用機序をエラーカタストロフという。

 

Sponsored Link

Sponsored Link

 

用法用量

  • 18歳以上の患者には、1回800mgを1日2回、5日間経口投与

 

このページをまとめた時点では症状発現から6日目以降に投与を開始した患者における有効性を裏付けるデータは得られていないので注意が必要。また18歳未満は臨床試験が行われていないので注意が必要。

 

ラゲブリオ(モルヌピラビル)は1ボトルに40カプセル(一人分)入っていて、キャップを開ける際には上から押し付けて回して開封する。

 

ラゲブリオ(モルヌピラビル)は食事に関係なく飲めるので、食前でも食後でも問題なし。万が一飲み忘れたら飲み忘れに気が付いた時点で1回分を飲む。ただし次の服用時間が2時間以内の場合は1回分をとばして、次の服用時間に1回分飲む。

 

 

重大な副作用

  • アナフィラキシー

 

その他下痢、悪心、浮動性めまい、頭痛などが主な副作用

 

経験したこと

ラゲブリオ(モルヌピラビル)に関連して、私が新型コロナウイルスに感染した時の記録を殴り書きではあるが残そうと思う。家族構成は、私、妻、上の子(3歳)、下の子(1歳)である。

 

 

2022年8月8日

下の子の保育園の先生が新型コロナウイルスに感染したことがわかり、急遽下の子が保育園から戻され濃厚接触者と認定される。

 

2022年8月9日

濃厚接触者の下の子は異常なし。他の家族も異常なし。

 

2022年8月10日

下の子がついに熱発して40℃近い熱が出た。朝から発熱外来に受診しようとするも、どこもすでに予約が埋まっていて受診すらできない状態。PCRだけでも受けられればと思い、探すもそれすらも厳しかった。妻が病院勤めであるため妻が職場に確認すると、PCRを受けられることになり検査して、結果はやはり新型コロナウイルス陽性。陽性の状態で受診すると迷惑かかると思い、自宅療養開始。家に余っていたアンヒバを下の子に使うもなかなか解熱しなかった。

 

この時私と妻と上の子は異常もなく陰性。この時点であやしいと判断して、グレーゾーンであるが買い出しをした。

 

2022年8月11日

下の子熱が続く。食欲などは問題なし。引き続きアンヒバを適宜入れて対応。

 

ついに妻と上の子が熱発して、妻は抗原検査をしたところ陽性。妻の職場に相談すると上の子もみなし陽性に。

 

私だけは特に症状もなく経過。

 

2022年8月12日

下の子があっという間に解熱する。

 

妻も上の子も熱発が続き、上の子も40℃近く出た。妻は余っていたカロナール、上の子も適宜体重換算して余っていたアンヒバを適宜使用。上の子は食欲がなく通常の食事がとれなかったので、買い出しておいた栄養ゼリー(〇イダーインゼリー)を毎食とらせた。

 

そしてついに私も熱発してみなし陽性に。この日に保健所から電話があり、家族全員MY HER-SYSに登録となった。

 

また買い出しができなくなってしまったので、近所に住む私の両親に買い出しを依頼した。

 

2022年8月13日

下の子はもう元気で問題なし

 

私と妻と上の子発熱が続く。熱以外にも咳や鼻水が続く。上の子は相変わらず食欲無く栄養ゼリー。アンヒバが底をついたので、カロナールを粉砕して飲ませるがほぼ効果なし。冷えピタを使おうとするもなぜか嫌がりつけなかった。下の子に比べて上の子が熱も咳もしんどそうだったので、お盆休みに入る前に0410対応してもらえないかかかりつけ医に相談すると、カロナール細粒とメジコン散を出してもらえることに。薬もかかりつけ薬局で郵送して頂けた。とてもありがたい対応だった。電話でも感謝を伝えたが、このページにも感謝の意を伝えたい。

 

埼玉県で食糧支援をやっていることを知り、MY HER-SYSを利用して申請をかけた。

 

2022年8月14日

下の子は元気。

 

上の子は解熱したが、咳が残る。食欲も少し出てきたようで普通食を少量から開始

 

私と妻は相変わらずしんどい。適宜カロナールを内服下の子が元気なのは嬉しいが、自分自身がしんどいなか対応するのがきつかった。

 

2022年8月15日

下の子、上の子は元気。

 

妻もだいぶ良くなってきたようだが、咳や鼻水が残る様子。

 

私もだいぶ良くなるが咳が残る感じだった。

 

この日に食糧支援が届く。大きいダンボール2箱届き、缶詰やレトルト系の非常食がたくさん入っていた。食糧支援もありがたかった。

 

2022年8月16日

下の子、上の子、私は元気。

 

妻は相変わらず咳や鼻水残る様子。

 

2022年8月17日

ようやく家族全員元気になった。

 

2022年8月18日

妻仕事復帰となる。

 

2022年8月19日

私仕事復帰となる。

 

その後

2〜3日私は朝方咳が出て、あと嗅覚が変な臭いを感じていたが良くなった。

 

そして全員問題なく経過していたが、また別の問題が。新型コロナウイルス感染に伴った保険会社への保険請求である。

 

保険会社から資料を請求するのはあっという間にできたが、新型コロナウイルスに感染したことを証明する療養証明書を入手するのが大変だった。

 

まずMY HER-SYSで療養証明書を印刷できる人はいいが、私や妻はMY HER-SYSでは療養証明書が表示されず、埼玉県庁新型コロナウイルス療養証明窓口に問い合わせる必要があった。私が新型コロナウイルスに感染した時期は第7波で爆発的に増えていた関係もあって、いくら電話をかけても自動音声が流れるのみでつながらなかった。

 

結局2週間近く、毎日埼玉県庁新型コロナウイルス療養証明窓口にかけ続けてようやくつながった。そうしたら療養証明書を電子申請できるということだった。

 

一応同じように療養証明書を求めている人に申請方法を記載しておく。

 

【埼玉県市町村電子申請・届出サービス】手続き申込:手続き一覧 (s-kantan.jp)

 

上記ページで「療養証明書」と入れて絞り込み検索して、必要項目を埋めて申請する。見落としかもしれないが、療養証明書の電子申請のやり方を書いてくれれば少なくとも高齢者以外の電話での問い合わせは減るのではないかと思った。

 

電子申請から1週間後くらいに、療養証明書ができたようで無事に印刷できた。

 

以下、新型コロナウイルスに感染したまとめとして

 

  • MY HER-SYSに登録する。
  • 食糧支援をする。
  • 療養証明書を印刷して保険請求する。

 

が重要です。

 

まとめ

  • ラゲブリオ(モルヌピラビル)は、新型コロナウイルスの複製の段階を阻害する作用機序
  • 新型コロナウイルスに感染した場合には、MY HER-SYSに登録して、食糧支援や療養証明書を印刷できるようにする。

就職や転職でお悩みの方はコチラ!私はここで年収120万円上がりました

Sponsored Link