在宅に関連する事項のまとめ

在宅の基本記事一覧

薬局の在宅の流れ

このカテゴリーでは在宅についてまとめていきます。今回は薬局における在宅のおおまかな流れ(契約まで)をお話しします。まず在宅医療は通院困難や服薬困難な患者さんの治療や介護、生活支援などのために行われます。在宅患者さんにはどのような方が多いのかと言うと併用薬や残薬が多く整理がつかなくなり通院困難な方認知...

≫続きを読む

 

在宅での薬剤師の役割、3ステップで考えよう

在宅における薬剤師の役割には、様々なものがあります。在宅をしていくうえで以下の3ステップをもとに考えていくとやりやすくなります。剤形、調剤方法、管理方法の選択薬効、副作用、体調チェック、フィジカルアセスメント多職種、薬薬連携剤形、調剤方法、管理方法の選択薬の管理、つまり医師の処方通りに薬を使える管理...

≫続きを読む

 

介護保険被保険者証を見て、居宅療養管理指導費かどうか確認しよう

在宅を薬局でやる上で保険は結構重要となってきます。私は調剤報酬などの点数が苦手なので、在宅の保険もはじめは結構苦戦しました(笑)やることそこまで変わらないのに、介護保険??医療保険??なんでわけるの〜〜って感じです(笑)しかし薬局で在宅をやり、正しく請求していくには通らねばならない道なのです。今回は...

≫続きを読む

 

薬剤師でも、フィジカルアセスメントで気づけることはある。

前回の在宅での薬剤師の役割、3ステップで考えようで、薬効、副作用、体調チェック、フィジカルアセスメントの項目は別ページにまとめるという話をしました。今回はその内容です。副作用薬物有害作用が増加する原因には、疾患上の要因や機能上の要因、そして社会的要因などがあります。その結果、多剤併用、他科受診、長期...

≫続きを読む

 

薬局における小児の在宅

薬局の在宅では、小児の在宅をやることもあります。その背景として、周産期医療や新生児医療、小児外科・小児心臓外科などの医療技術の進歩があったり、在宅医療技術や保険点数化などの在宅医療の進歩などがあります。対象となる小児は、医学的管理下に置かなければ、呼吸をすることも栄養を摂ることも困難な状態なことが多...

≫続きを読む

 

薬局の在宅緩和ケア、痛みの種類

高齢化も進み、在宅も増えつつあります。在宅が増えると、自然と在宅で緩和ケアをする機会も増えてきます。まず在宅緩和ケアというと看取りのイメージが強いですが、そうではなく、家族と楽しく生きるための支える医療だと私は思います。よって介入するにあたって、本人や家族(キーパーソン)の意見をよく聞いておく必要が...

≫続きを読む

 

薬局の在宅緩和ケア、オピオイドの基本的な使い方

前回の薬局の在宅緩和ケア、痛みの種類では痛みの種類について確認しました。今回は前回の続きとなります。緩和ケアをするにあたって、薬を使っていきますが以下の使い方がベースとなってきます。オピオイドの定期投与吐き気、便秘の予防レスキューの使用オピオイドの定期投与オピオイドを使う前に除痛ラダーに従い、アセト...

≫続きを読む

 

Sponsored Link


 
HOME プロフィール お問い合わせ