スポーツファーマシストとは?

スポーツファーマシストとは?記事一覧

スポーツファーマシストとは?取得方法のまとめ

ちょこちょこ別ページなどで話をしていますが、私はサッカーが好きです。サッカーをはじめ、色々なスポーツは多くの人が熱狂し、感動を与えます。ただ単に試合の勝ち負けだけでなく、個人技だったり、チームプレーだったり、試合以外での立ち居振る舞いや人柄など選手一人ひとりの行動が多くの人を巻き込むのです。しかし、...

≫続きを読む

 

スポーツファーマシストが関わる規則、Codeとは?

スポーツにルールがあるのと同じように、ドーピングにもルールがあります。今回はスポーツファーマシストが関わる規則について見ていきたいと思います。World Anti-Doping Code(世界アンチドーピング規程)World Anti-Doping Agency(WADA)は世界アンチドーピング機構...

≫続きを読む

 

禁止表国際基準(The List)総論

前回のスポーツファーマシストが関わる規則、Codeとは?では、禁止表国際基準(The List)が重要だという話をしました。今回は禁止表国際基準(The List)のルールなど総論的な形で見ていきたいと思います。習うより慣れよになってしまいますが、まず2020年度の禁止表国際基準(The List)...

≫続きを読む

 

S0.無承認物質、S1.蛋白同化薬。スピロペント(クレンブテロール)に要注意

前回の禁止表国際基準(The List)総論では、禁止表国際基準(The List)の全体像を見ました。今回は、そのうちS0.無承認物質とS1.蛋白同化薬を見ていきます。S0.無承認物質S0.無承認物質は、S1〜S9のどれにも対応せず、治療目的の使用が承認されていない薬物を言います。例えば、臨床開発...

≫続きを読む

 

S2.ペプチドホルモン、成長因子、関連物質および模倣物質、エリスロポエチンとドー...

前回のS0.無承認物質、S1.蛋白同化薬。スピロペント(クレンブテロール)に要注意では、禁止表国際基準(The List)のうち、S0とS1を確認しました。今回は、S2.ペプチドホルモン、成長因子、関連物質および模倣物質を見ていきます。S2.ペプチドホルモン、成長因子、関連物質および模倣物質S2.ペ...

≫続きを読む

 

S3.ベータ2作用薬、ドーピングにならないβ2吸入薬がある。

前回のS2.ペプチドホルモン、成長因子、関連物質および模倣物質、エリスロポエチンとドーピングでは、禁止物質のうち、S2を確認しました。今回はS3.ベータ2作用薬について見ていきます。S3.ベータ2作用薬β2作用薬がβ2受容体を刺激すると、気管支平滑筋や血管平滑筋を弛緩させ、肝臓における糖新生を促進す...

≫続きを読む

 

S4.ホルモン調製薬および代謝調整薬、男性ホルモンと禁止物質

前回のS3.ベータ2作用薬、ドーピングにならないβ2吸入薬がある。ではS3について見ました。今回は、S4.ホルモン調製薬および代謝調整薬について見ていきたいと思います。男性ホルモンと女性ホルモンS4の薬の前に男性ホルモンや女性ホルモンの関係について確認しておきます。視床下部から黄体形成ホルモン放出ホ...

≫続きを読む

 

S5.利尿薬および隠蔽薬、緑内障治療薬の炭酸脱水素酵素阻害薬に注意

前回のS4.ホルモン調製薬および代謝調整薬、男性ホルモンと禁止物質ではS4について見ました。今回は、S5.利尿薬および隠蔽薬について見ていきたいと思います。S5に関わる代表的な薬には以下のようなものがあります。利尿薬デスモプレシン、血漿増量物質利尿薬仮にドーピングをした時に利尿薬を使えば、禁止薬物が...

≫続きを読む

 

S6.興奮薬(a.特定物質でない興奮薬、b.特定物質である興奮薬)、市販の風邪薬...

前回のS5.利尿薬および隠蔽薬、緑内障治療薬の炭酸脱水素酵素阻害薬に注意ではS5について見ました。今回はS6.興奮薬(a.特定物質でない興奮薬、b.特定物質である興奮薬)について見ていきたいと思います。興奮薬の種類これらの興奮薬は大きく3種類分けられます。直接作用型間接作用型混合作用型よく気分が高ま...

≫続きを読む

 

S7.麻薬、ソセゴン(ペンタゾシン)、レペタン(ブプレノルフィン)も禁止のため注...

前回のS6.興奮薬(a.特定物質でない興奮薬、b.特定物質である興奮薬)、市販の風邪薬(OTC)のうっかりドーピングに気をつけようでは、S6について見てきました。今回はS7.麻薬について見ていきたいと思います。麻薬と言うと芸能人が逮捕されたりニュース的なイメージが強いですが、医療では手術などに使われ...

≫続きを読む

 

S8.カンナビノイド、合成大麻ももちろん禁止物質

前回のS7.麻薬、ソセゴン(ペンタゾシン)、レペタン(ブプレノルフィン)も禁止のため注意。では、S7について見てきました。今回はS8.カンナビノイドについて見ていきたいと思います。カンナビノイドと聞くと、医療関係者以外はピンと来ないかもしれませんが、いわゆる大麻の成分となります。前回の麻薬ダメゼッタ...

≫続きを読む

 

S9.糖質コルチコイド、投与経路のうち経口、経直腸、静脈注射、筋肉注射が禁止

前回のS8.カンナビノイド、合成大麻ももちろん禁止物質では、S8について見てきました。今回はS9.糖質コルチコイドについて見ていきたいと思います。糖質コルチコイドまず糖質コルチコイドの簡単な復習を。副腎は外側の副腎皮質、内側の副腎髄質という構造をとっていて、副腎皮質はさらに3つの層からなっていて、外...

≫続きを読む

 

P1.ベータ遮断薬、特定競技における禁止物質

前回のS9.糖質コルチコイド、投与経路のうち経口、経直腸、静脈注射、筋肉注射が禁止では、S9について見てきました。今回はP1.ベータ遮断薬について見ていきたいと思います。今まではS〇ということでSでSはsubstance(物質)でした。今回のはPです。PはParticular(特定競技)のPでしたね...

≫続きを読む

 

TUEとは?条件、対象アスリート、申請書や提出先のまとめ

前回まではThe Listについて見てきました。Codeとともにスポーツファーマシストにとって大事なことはもう1つあります。それはTUEです。今回はTUEを見ていきます。TUEとは?TUEは、Therapeutic Use Exemptionsの略で、治療使用特例と訳されます。前回まで見てきた禁止物...

≫続きを読む

 

Sponsored Link


 
HOME プロフィール お問い合わせ