イブランス(パルボシクリブ)、CDK4/6とホルモン療法

イブランス(パルボシクリブ)、CDK4/6とホルモン療法

イブランス(パルボシクリブ)はCDK4/6を阻害することで、効果を発揮します。サイクリンはエストロゲンなどによって活性化されるため、ホルモン療法と併用して、イブランス(パルボシクリブ)は使います。

Sponsored Link

イブランス(パルボシクリブ)、世界初のCDK4/6阻害薬とホルモン療法

由来

  • 特になし

 

特徴

  • CDK4とCDK6を選択的に阻害する世界で初めてのCDK4/6阻害剤
  • 1日1回の食後に経口投与し、3週間投与1週間休薬を1サイクルとして使用する薬剤
  • HR陽性かつHER2陰性の手術不能又は再発閉経前/後乳癌患者に対する有効性が認められている

 

イブランス(パルボシクリブ)の作用機序はCDK4/6阻害薬に分類される。

 

作用機序の確認にあたって、細胞分裂を確認する。細胞が増える周期には、分裂期分裂間期があり、これを繰り返すことによって分裂を行っている。

 

細かく言うと、G0期(静止期)→G1(第一間期)→S期(DNA合成期)→G2期(第二間期)→M期(分裂期)→G0期・・・という風にサイクルがクルクル回っている。

 

文字の通り、おおまかに以下のような役割となっている。

 

  • G0期;分裂が止まっている期間。ちなみにGはgapの略であり、隙間を意味する。
  • G1期;S期に向けた第一チェックポイント。不備があると、次に進めない。
  • S期;DNAが合成される期間。ちなみにSはsynthesisの略であり、合成を意味する。
  • G2期;M期に向けた第二チェックポイント。不備があると、次に進めない。
  • M期;細胞が分裂する期間。ちなみにMはmitosisの略であり、有糸分裂を意味する。

 

 

正常な細胞分裂は、この細胞周期を行い過不足なく増殖を繰り返している。しかし、がん患者は細胞が限りなく増殖を続けている。

 

ここでG1期を進めるにあたって、CDK4(サイクリン依存性キナーゼ4)とCDK6(サイクリン依存性キナーゼ6)というタンパク質が関わってくる。これらのCDK4/6が活性化することによってがん細胞が増殖すると考えられている。

 

イブランス(パルボシクリブ)は、このCDK4/6を阻害することによって、効果を発揮すると考えられている。

 

なお、CDK4/6は名前の通り、「サイクリン」依存性キナーゼであるため、サイクリンに依存する。主にサイクリンDが関わるのだが、このサイクリンDはエストロゲンなどにより活性化するため、内分泌療法(ホルモン療法)を併用することで、がん細胞の増殖をより強力に抑えられると考えられている。

 

 

用法用量

  • 内分泌療法と併用し、1日1回125mgを3週間連続して食後に経口投与、1週間休薬する。これを1サイクルとして投与を繰り返す。適宜減量。

 

上記の作用機序のため、ホルモン療法と併用する点に注意が必要である。と言っても、レトロゾール又はフルベストラントが推奨されており、他の薬との併用は安全性や有効性は明らかになっていない。

 

Sponsored Link

Sponsored Link

 

また、重度の肝機能障害患者では、減量を考慮とあり、75mg/日が推奨されている。

 

そして好中球減少症や血小板減少、非血液系などといった副作用があらわれた場合は、休薬、減量又は投与を中止すると記載あり(詳細は適正使用や添付文書参照)。減量して投与を継続する場合は125mg/日→100mg/日→75mg/日とする。減量する際には75mg/日未満に減量しない。

 

飲み忘れた時

飲み忘れた分は飲まず、次飲むべき時に1回分飲む。

 

重大な副作用

  • 好中球減少、白血球減少、貧血、血小板減少、発熱性好中球減少症等の骨髄抑制

 

経験したこと

イブランス(パルボシクリブ)の勉強会をした。従来の抗がん剤はアポトーシスに持っていく形であるが、イブランス(パルボシクリブ)はCDK4/6を阻害して、細胞周期を止めるといった形である。

 

抗がん剤であるため副作用もやはり気になるところ。

 

自覚しにくいものとして、好中球減少があげられ、初回投与から15日目あたりに起こる可能性が高かったようだ。そのため、この付近では検査をした方がよいとメーカーさんは言っていた。

 

患者が自覚しやすいものとして、口内炎脱毛症などもある。

 

しかし試験では口内炎についてはグレード1〜2であり、口腔ケアをしっかりしてもらえれば大丈夫ではないかとメーカーさんは言っていた。

 

脱毛症についてもウィッグをつけるほどは抜けないため、やわらかく髪を洗ったり、やさしくブラッシングをすれば、大きな問題にならないのではないかと言っていた。

 

 

ホルモン療法で行き詰っている患者さんにイブランス(パルボシクリブ)は、新しい選択肢になりそうだ。

 

まとめ

  • イブランス(パルボシクリブ)はCDK4/6を阻害することで効果を発揮する。
  • イブランス(パルボシクリブ)はホルモン療法と併用して用いる。

就職や転職でお悩みの方はコチラ!私はここで年収120万円上がりました

Sponsored Link