ツムラ桂枝茯苓丸、お血でよくみられる所見

ツムラ桂枝茯苓丸、お血でよくみられる所見

お血には眼の下のクマ、唇や舌の色が悪い、歯茎の色が悪い、手足の毛細血管の拡張、おへその周りを押すと痛いなどの所見がある。当帰芍薬散はお血の治療薬として月経困難症以外には痔、打撲、子宮内膜炎、睾丸炎などにも使われる。

Sponsored Link

ツムラ桂枝茯苓丸、お血でよくみられる所見

由来

  • 構成する5種類の生薬の役割は均等であり、特に主薬とされるものはない。そのため構成する生薬の記載に初出する桂枝と茯苓の名を取って処方名とされた

 

特徴

本剤は5種類の生薬(ケイヒ、シャクヤク、トウニン、ブクリョウ、ボタンピ)を水のみで煎出し、噴霧乾燥法により製した乾燥エキスを、有機溶媒や水を一切使用しないツムラ独自の乾式造粒法により顆粒剤とした漢方エキス製剤である。

 

  • ケイヒ→血行を活発にする
  • シャクヤク→血行阻害物質除去
  • トウニン→血行阻害物質除去
  • ブクリョウ→血行を活発にする
  • ボタンピ→血行阻害物質除去

 

お血(お血の「お」の漢字がうまく表示されないので以下お血)は血の巡りが悪く滞った状態のことをさす。お血の原因は運動不足や欧米化した食生活などがあげられる。お血になると、以下のような所見が出てくる。

 

  • 眼の下のクマ
  • 唇や舌の色が悪い
  • 歯茎の色が悪い
  • 手足の毛細血管の拡張
  • おへその周りを押すと痛い

 

 

一番最後のおへその周りの圧痛は漢方的には特徴的な所見である。桂枝茯苓丸はお血の治療薬として、月経困難症などに使われる。例えば10代の女性で運動をしていてがっちりとした体型で、普段は元気だが生理痛があって、生理の日だけはおなかが痛い、ニキビなどもあって困っているなどの訴えをしているような患者に桂枝茯苓丸は適する。

 

先ほどの例の一番最後のニキビも考え方によってはお血と考えることができ、意外とお血が原因の疾患は多い。月経困難症以外にもお血に関連した疾患として以下のような疾患などにも桂枝茯苓丸は使われる。

 

  • 打撲
  • 子宮内膜炎
  • 睾丸炎

 

用法用量

  • 成人1日7.5gを2〜3回に分割し、食前又は食間に経口投与する。適宜増減。

 

重大な副作用

  • 肝機能障害、黄疸

 

経験したこと

桂枝茯苓丸に関連して、他の代表的な婦人科系の漢方薬である当帰芍薬散、加味逍遙散のお血に対する使われ方をまとめておく。

 

当帰芍薬散はトウキ、シャクヤク、センキュウが入っていて、血が巡ることでお血が取れる。当帰芍薬散に対して、加味逍遙散はボタンピが入っていて、これがお血をとる作用を示す。

 

ただこれらに比べれば、やはりお血には桂枝茯苓丸の方が一般的にはよく使われる。

 

まとめ

  • お血には眼の下のクマ、唇や舌の色が悪い、歯茎の色が悪い、手足の毛細血管の拡張、おへその周りを押すと痛いなどの所見がある
  • 当帰芍薬散はお血の治療薬として月経困難症以外には痔、打撲、子宮内膜炎、睾丸炎などにも使われる。
  • 当帰芍薬散、加味逍遙散などもお血には使われることもあるが、作用的には桂枝茯苓丸の方が一般的。

就職や転職でお悩みの方はコチラ!私はここで年収120万円上がりました

Sponsored Link