調剤報酬の基礎

Sponsored Link

調剤報酬の基本記事一覧

保険薬局、レセプトと審査支払機関の流れ

病院に勤めていた時は医事課があったので、調剤報酬をあまり考えたことがありませんでした。しかし、薬局に勤めだすと、医事課はありません。代わりにクラークさんがやってくれるものの薬剤師も自ら確認できるようにならなければなりません。ですので、このカテゴリーでは調剤報酬について簡単に確認していきます。薬をもら...

≫続きを読む

 

保険番号、保険証と自己負担割合

前ページ、保険薬局、レセプトと審査支払機関の流れでは、保険料を納めて保険証をもらっているという話をしました。今回は保険証についてまとめてみます。もし自分の保険証があれば、見てみるとわかりやすいかもしれません。保険者番号保険証にはいくつかの記載事項がありますが、その中で保険者番号というものがあると思い...

≫続きを読む

 

薬剤料の計算、五捨五超入に気を付ける。

保険薬局で薬をもらい、領収書を見ると色々な項目の合計金額からなっていることがわかります。保険薬局での調剤報酬は基本的に、薬剤料と技術料で計算されます。なんとなく難しいかもしれませんが、レストランで食事をするのと一緒です。薬剤料はいわゆる材料費になります。レストランで食事を作るのにも食材が必要で、食材...

≫続きを読む

 

調剤基本料、受付回数、集中率、分割調剤とは

前回の、薬剤料の計算、五捨五超入に気を付ける。では、薬剤料をやりました。今回は残りの技術料をまとめます。まず技術料もさらに細かく分かれ、薬学管理料と調剤技術料にわけることができます。そのうち調剤技術料は調剤基本料と調剤料にわけられます。調剤基本料調剤料今回は調剤基本料をまとめていきます。調剤基本料保...

≫続きを読む

 

薬学管理料、今後伸びそうな算定料は?

薬学管理料は、薬剤服用歴管理指導料の略です。つまり患者の薬の服用歴を管理した上で、服薬指導をするときの点数です。ベースとなる点数は、前回いつ来局したのかとお薬手帳を持ってきたかによって変わります。そのベースの点数に条件を満たせば加算をすることもできます。麻薬管理指導加算;麻薬の服用方法、残薬、保管状...

≫続きを読む

 

Sponsored Link

Sponsored Link


 
HOME プロフィール お問い合わせ