生物のまとめ

生物のまとめ記事一覧

神経系1、大脳

このカテゴリーでは、解剖学の基本やゲノムなどの範囲をまとめていきたいと思います。今回は神経系のうち大脳をメインに見ていきたいと思います。神経系は脳をはじめ重要な器官です。解剖学的には神経系は中枢神経系と末梢神経系に分けられます。中枢神経系はさらに脳や脊髄、末梢神経系は脳神経や脊髄神経に分類されます。...

≫続きを読む

 

神経系2、間脳、脳幹、小脳

前回の神経系1、大脳に続き、今回は脳の残りの部分を見ていきます。今回見るのは以下のものです。間脳脳幹小脳間脳間脳は視床下部と視床からなります。視床下部視床下部は多くの機能があります。自律神経系の調節;脊髄と脳幹を連絡して、自律神経系を調節する脳下垂体機能の調節;下垂体前葉ホルモン放出ホルモンと抑制ホ...

≫続きを読む

 

神経系3、脊髄

前回の神経系2、間脳、脳幹、小脳までで脳について見ました。中枢神経系は脳だけでなく脊髄もありました。今回は脊髄について見ていきます。脊髄脊髄は外側にある白質と、内部にある灰白質と呼ばれるところがあります。そして図のように、灰白質の後ろのでっぱりを後角、前のでっぱりを前角と言います。知覚神経などの終末...

≫続きを読む

 

神経系4、脳神経と脊髄神経

前回の神経系3、脊髄では脊髄を見てきました。今回は末梢神経系を見ていきます。まず末梢神経系は脳や脊髄から出ていて、体の各部位と連絡している神経を言います。末梢神経を解剖学的にわけると、脳神経と脊髄神経にわけることができます。脳神経脳神経は全部で12対あり、それぞれ脳から出る順番に従ってT〜12(表示...

≫続きを読む

 

神経系5、体性神経系と自律神経系

前回の神経系4、脳神経と脊髄神経ではを見てきました。今回は体性神経系と自律神経系を見ていきます。前回の終わりに、薬学部では特に自律神経系が重要になってくるという話をしました。なので、自律神経系は特に頑張ってください。体性神経系体性神経系はさらに知覚神経と運動神経にわけることができます。知覚神経は感覚...

≫続きを読む

 

神経系6、神経細胞の構造

前回の神経系5、体性神経系と自律神経系では主に自律神経系の話をしました。今回は神経組織を作る神経細胞などを見ていきます。神経細胞神経細胞は、細胞体、樹状突起、軸索から構成されています。樹状突起には受容体があり、前回などにお話しした化学伝達物質を受け取ります。そうすることで電気的な興奮が起こり、細胞体...

≫続きを読む

 

骨の構造

前回の神経系6、神経細胞の構造までで神経系を見てきました。今回は骨について見ていきます。骨の構造骨は体の構造を決めたり、臓器を守ったりする役割がありますが、さらに細かく見てみると以下のようなものからできています。骨組織骨髄軟骨組織骨膜骨組織骨組織は多くの細胞からなり様々な働きを持ちます。中でも、骨形...

≫続きを読む

 

筋肉1、骨格筋の収縮

前回の骨の構造では骨について見てきました。今回からは筋肉を見ていきます。筋肉は横紋筋と平滑筋にわけることができます。横紋筋はさらに骨格筋と心筋にわけることができます。特に骨格筋について今回は見ていきたいと思います。骨格筋骨格筋は骨格や皮膚に存在していて、横紋構造と呼ばれる構造をとります。骨格筋は運動...

≫続きを読む

 

Sponsored Link


 
HOME プロフィール お問い合わせ