抗てんかん薬は作用機序だけでなく発作での使い分けも大事。

Sponsored Link

抗てんかん薬、発作での使い分け

私たちは脳で考えて、色々な行動などをします。指令を出す脳がうまく働くには情報のやりとりが必要です。情報のやりとりには微弱な電気信号が必要です。しかしこの電気信号が何らかの原因で過剰に出たりすると、体のコントロールが効かなくなりてんかんとなってしまいます。

 

 

電気が起こる部分によって、以下の2つにわけられます。

 

  • 全般発作;脳全体の電気的興奮
  • 部分発作;脳の一部分の電気的興奮

 

 

全般発作

脳全体の電気的興奮を起こします。さらに以下の2つにわけることができます。

 

  • 強直間代発作;突然意識を消失して、口を食いしばり手足が硬く伸ばした状態になります。その後一定のリズムで痙攣が起こります。
  • 欠神発作;意識消失をしますが、痙攣は起こりません。

 

部分発作

脳の一部分の電気的興奮を起こします。さらに以下の2つにわけることができます。

 

  • 単純部分発作;意識消失は無く、手足のつっぱりや、首がねじれたり、痙攣をおこしたりします。
  • 複雑部分発作;意識が遠のいていき、口をモグモグさせるなどが特徴的な行動。

 

抗てんかん薬

神経が過剰に興奮しているのが原因なので、興奮を起こさせないようにするのが抗てんかん薬になります。電気的興奮を減らすには大きく2つの方法があります。

 

1つは興奮性神経を抑える方法です。

 

2つ目は抑制性神経と呼ばれる神経の抑制に関わるものの働きを強めることで、興奮を抑える方法です。

 

興奮性神経を減弱

フェニトイン(アレビアチン)、カルバマゼピン(テグレトール)、ゾニサミド(エクセグラン)、ラモトリギン(ラミクタール)、ビムパット(ラコサミド)

 

  • Na+チャネルを阻害

 

電気的興奮が起こるには、Na+やCa2+といったイオンのやり取りが必要です。これらのイオンのやり取りにはチャネルと呼ばれるトンネルのようなものを通してやりとりされます。トンネルを封鎖することによってイオンがやり取りできなくなります。

 

 

ガバペンチン(ガバペン)

 

  • Ca2+チャネルを阻害

 

先ほどと同様にCa2+チャネルを阻害することで、効果を示します。

 

 

レベチラセタム(イーケプラ)

 

  • SV2Aに結合

 

神経と神経の間で、神経伝達物質と呼ばれるものが受け渡しされています。シナプス小胞に入っている神経伝達物質が、膜表面にあらわれ、中身の神経伝達物質を放出されます。

 

そして神経伝達物質の放出の制御を行っている要素の1つとして考えられているのが、SV2A(シナプス小胞タンパク2A)と呼ばれるタンパクです。

 

レベチラセタム(イーケプラ)は、主にSV2Aに結合することで、てんかんの発作抑制をもたらすと考えられています。

 

 

ペランパネル(フィコンパ)

 

  • AMPA型グルタミン酸受容体に結合

 

先ほどのレベチラセタム(イーケプラ)で述べた神経伝達物質の1つにグルタミン酸があります。

 

神経間に出てきたグルタミン酸は、次の神経であるシナプス後ニューロンのAMPA(α-amino-3-hydroxy-5-methyl-4- isoxazolepropionic acid)型グルタミン酸受容体にくっつきます。AMPA型グルタミン酸受容体にくっつくと、神経伝達が進み神経の興奮が広がっていきます。

 

ペランパネル(フィコンパ)はAMPA型グルタミン酸受容体に対して非競合的にくっつくことで、グルタミン酸による神経興奮を抑えます。

 

 

エトスクシミド(ザロンチン)

 

  • T型Ca2+チャネル阻害

 

Ca2+チャネルを阻害しますが、ガバペンチン(ガバペン)とは違い、シナプス後ニューロンのT型Ca2+チャネルを阻害します。

 

 

Sponsored Link

Sponsored Link


 

抑制性神経を増強

バルプロ酸(デパケン)

 

  • GABAトランスアミナーゼの阻害

 

抑制性神経が働くには、神経伝達物質の1つであるGABAがGABAA受容体に結合することが必要です。

 

GABAがGABAA受容体にくっつくことで、Cl-イオンが細胞内に入り、過分極を起こします。そうすることで神経細胞が鎮まります。

 

GABAは、GABAトランスアミナーゼという酵素によって、コハク酸セミアルデヒドというものに分解されてしまいます。バルプロ酸(デパケン)はGABAトランスアミナーゼを阻害することで、GABAの分解を防ぎ先ほどの流れを維持します。

 

 

フェノバルビタール(フェノバール)、クロバザム(マイスタン)、プリミドン(プリミドン)

 

  • バルビツール酸系、ベンゾジアゼピン系

 

GABAA受容体には、バルビツール酸結合部位もしくはベンゾジアゼピン系結合部位というものが存在します。これらの薬は、先ほどの結合部位に結合することで、Cl-の細胞内流入を促進します。

 

発作での使い分け

国家試験では作用機序の他に、強直間代発作、欠神発作、部分発作のどのてんかんに有効かというのが問われます。

 

強直間代発作
  • バルプロ酸(デパケン)
  • フェノバルビタール(フェノバール)
  • クロバザム(マイスタン)
  • フェニトイン(アレビアチン)
  • ラモトリギン(ラミクタール)
  • レベチラセタム(イーケプラ)
  • ペランパネル(フィコンパ)
  • カルバマゼピン(テグレトール)
  • プリミドン(プリミドン)
  • ゾニサミド(エクセグラン)

 

欠神発作
  • バルプロ酸(デパケン)
  • クロバザム(マイスタン)
  • ラモトリギン(ラミクタール)
  • エトスクシミド(ザロンチン)

 

部分発作
  • バルプロ酸(デパケン)
  • フェノバルビタール(フェノバール)
  • クロバザム(マイスタン)
  • フェニトイン(アレビアチン)
  • ラモトリギン(ラミクタール)
  • レベチラセタム(イーケプラ)
  • ペランパネル(フィコンパ)
  • カルバマゼピン(テグレトール)
  • プリミドン(プリミドン)
  • ゾニサミド(エクセグラン)
  • ガバペンチン(ガバペン)
  • ラコサミド(ビムパット))

 

すべてを覚えるのは難しいので、消去法でいきましょう。必ず覚えておきたいのが、以下の3点です。

 

  1. バルプロ酸(デパケン)、ベンゾジアゼピン系、ラモトリギン(ラミクタール)はすべてに使える。
  2. エトスクシミド(ザロンチン)は欠神発作のみ有効。
  3. ガバペンチン(ガバペン)、ラコサミド(ビムパット)は部分発作のみ有効。これら2つ以外は、強引に読むのも含めて成分名の中に「フ」が隠れていて、それは強直間代発作と部分発作に使える。

 

 

この3つのルールで国試は結構解けるはず・・・。もちろん全てのてんかん薬を載せていませんし、この法則に当てはまらないものもあるのでご利用は計画的にお願いします(笑)

 

まとめ

  • てんかんには、強直間代発作、欠神発作、部分発作などがある。
  • 抗てんかん薬の作用機序は基本的に興奮性神経の抑制か、抑制性神経の増強である。
  • 抗てんかん薬の発作での使い分けを覚えるのが国試では重要。

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

Sponsored Link

Sponsored Link

抗てんかん薬、発作での使い分け 関連ページ

アゴニスト(作動薬)とアンタゴニスト(拮抗薬)は作用によって異なる
薬は本来体で起こる生体反応を人工的に起こすことによって効果を示すものが多いです。薬は作用によってアゴニスト(作動薬)とアンタゴニスト(拮抗薬)にわけることができます。
交感神経のまとめ、ノルアドレナリンの生合成と不活化
交感神経は、自律神経の一部です。交感神経は、基本的には節前線維がコリン作動性神経で、節後線維はアドレナリン作動性神経です。ノルアドレナリンは、チロシンを材料に作られ、MAOやCOMTによりノルアドレナリンは、不活化されます。
アドレナリン作動薬、直接型
アドレナリン作動薬は、直接型、間接型、混合型が存在します。直接型はα受容体やβ受容体に直接働きかけて、作用します。代表的な受容体とその効果を知ることで、おおまかな薬の作用に予想がつくので覚えてください。
アドレナリン作動薬、間接型
アドレナリン作動薬の間接型は交感神経節後線維のノルアドレナリンをたたき出すことで作用します。間接型は医薬品が少なく、タキフィラキシーを起こしやすいのが特徴です。
アドレナリン作動薬、混合型
アドレナリン作動薬の混合型は、直接型と間接型両方の作用を併せ持っています。またリズミック(アメジニウム)はノルアドレナリンの再取り込みを阻害することによって昇圧作用を示します。
抗アドレナリン薬、アドレナリン受容体遮断薬
抗アドレナリン薬はアドレナリン受容体遮断薬と、アドレナリン作動性神経遮断薬に分けることが出来ます。アドレナリン受容体遮断薬はα受容体やβ受容体を遮断することで作用を示します。
抗アドレナリン薬、アドレナリン作動性神経遮断薬
アドレナリン作動薬神経遮断薬は、アドレナリン枯渇薬と中枢性交感神経抑制薬があります。アドレナリン作動性神経遮断薬はupregulationが起こる可能性があるため注意が必要です。
副交感神経のまとめ、アセチルコリンの生合成と不活化
副交感神経は自律神経の一部であり、コリン作動性神経からなります。アセチルコリンは、アセチルCoAとコリンから生合成されます。またアセチルコリンはコリンエステラーゼにより酢酸とコリンに分解されます。
コリン作動薬、直接型
コリン作動薬は、作用によって直接型と間接型に分けることができます。直接型は、ムスカリン性アセチルコリン受容体(M受容体)に直接働きかけて、様々な効果を示します。
コリン作動薬、間接型
コリン作動薬の間接型はコリンエステラーゼを阻害することによって作用します。間接型は作用によって、可逆的コリンエステラーゼ阻害薬と、非可逆的コリンエステラーゼ阻害薬にわけられます。
抗コリン薬、臓器選択性と適応
抗コリン薬はムスカリン性アセチルコリン受容体を遮断することによって作用します。抗コリン薬は臓器選択性を高めて改良されたものが現場では使われることが多いです。
ニコチン性アセチルコリン受容体(NN受容体)関連薬
ニコチン性アセチルコリン受容体(NN受容体)関連薬は、自律神経節に作用します。自律神経は優位な方の効果が現れ、交感神経は血管と汗腺、副交感神経は血管と汗腺以外が優位です。
運動神経と神経筋接合部関連薬
運動神経はアセチルコリンを出し、骨格筋のニコチン性アセチルコリン受容体(NM受容体)に結合し、筋収縮を起こします。神経筋接合部関連薬には、刺激薬と遮断薬が存在します。
中枢性筋弛緩薬、脊髄と反射
熱いものなどを触れたときに、反射が起こります。反射の中心は脊髄であり、単シナプス反射と多シナプス反射があります。中枢性筋弛緩薬はそれらを抑えることによって作用します。
局所麻酔薬、エステル型とアミド型
局所麻酔薬の作用機序はNa+チャネルを遮断することで作用します。局所麻酔薬は構造式の違いによって、エステル型とアミド型に分けることが出来ます。
全身麻酔薬、吸入麻酔薬と静脈麻酔薬
全身麻酔薬は、中枢神経系に作用しますが、不規則的下行性麻痺を示し、最後に作用するのは延髄です。また全身麻酔薬には、吸入麻酔薬と静脈麻酔薬と2つの種類があります。
オピオイド関連薬、痛みと副作用
オピオイド受容体には様々なものがあり、鎮痛にはμ受容体が特に重要となります。オピオイド関連薬の副作用には、便秘、悪心、傾眠などがあり、便秘は耐性を生じないため、副作用対策が必要である。
睡眠薬、作用時間の違い
睡眠薬のうち、バルビツール酸系、ベンゾジアゼピン系、非ベンゾジアゼピン系はGABAA受容体を介して作用します。睡眠薬は、作用時間が違いますので、作用時間を覚えると現場で役に立ちます。
受容体総論
受容体は存在する場所によって、細胞膜受容体と細胞内受容体にわけられます。細胞膜受容体は、さらにイオンチャネル内蔵型受容体、Gタンパク質共役型受容体、チロシンキナーゼ関連型受容体にわけられる。
ED50、LD50とは?安全域から安全性を考える
薬を投与し、半分のものに効果が表れる用量をED50と言います。また半分のものが死んでしまう用量をLD50と言います。安全域はLD50/ED50で表され、値が高い方が安全性が高いと言えます。
協力作用と拮抗作用、競合的拮抗と非競合的拮抗
協力作用には相加作用と相乗作用があります。拮抗作用の中には競合的拮抗と非競合的拮抗があります。競合的拮抗の用量-反応曲線は、効果が100%のまま高濃度側(右側)へ水平移動し、非競合的拮抗は効果が100%より低下した頭打ちのグラフとなります。
pD2、pA2、pD'2とは?内活性はラブラブ度!!
内活性は薬と受容体の相性によって、3つに分けられます。作動薬と拮抗薬の効果に関する指標として、pD2、pA2、pD'2などがあります。pD2、pA2、pD'2とはなんなのかをまとめました。

 
HOME プロフィール お問い合わせ