抗うつ薬は基本的にセロトニンやノルアドレナリンを増やす。

Sponsored Link

抗うつ薬、セロトニンとノルアドレナリンを増やせ。

何かを失敗するなどして気分が落ち込むことは誰にでもあります。うつ病は落ち込んで無気力になるイメージが強いですが、多弁になったり怒りっぽくなったりと躁状態になることもあります。

 

また精神症状だけでなく、食欲低下などの身体症状もあります。私は失恋した時に、食事がのどを通らないことがありました。

 

 

うつ病の症状には以下のようなものがあります。

 

精神症状
  • うつ状態;抑うつ気分、意欲減退、微小妄想、思考停止、不安、焦燥、自殺企図
  • 躁状態;感情の高揚、多弁多動、誇大妄想、楽天的

 

身体症状
  • うつ状態;睡眠障害、食欲不振、性欲低下、疲労感
  • 躁状態;睡眠障害、食欲亢進、性欲亢進

 

セロトニンとノルアドレナリン

脳が情報をやり取りするときに神経伝達物質というものを使ってやりとりします。その神経伝達物質のうち、セロトニン(5-HT)ノルアドレナリン(NAd)といったものがあります。これらの神経伝達物質は先ほどの症状に関わるとされています。そのため、これらの神経伝達物質が低下してしまうことがうつ病を引き起こす原因ではないかと考えられています。

 

よってセロトニンやノルアドレナリンの神経活動の低下を防ぐことで症状を改善できることになります。

 

Sponsored Link

Sponsored Link


 

抗うつ薬

構造や作用機序によって以下のようにわけられます。

 

  • 三環系抗うつ薬
  • 四環系抗うつ薬
  • 選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)
  • セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)
  • ノルアドレナリン・セロトニン作動性抗うつ薬(NaSSA)
  • その他

 

三環系抗うつ薬

たくさんあるので、後の四環系などの薬たちを覚え、消去法で三環系抗うつ薬は覚えましょう。

 

アナフラニール(クロミプラミン)、ノリトレン(ノルトリプチン)、トリプタノール(アミトリプチリン)、アモキサン(アモキサピン)、トフラニール(イミプラミン)、スルモンチール(トリミプラミン)、アンプリット(ロフェプラミン)、プロチアデン(ドスレピン)

 

  • アミントランスポーターの阻害

 

ノルアドレナリンやセロトニンはシナプスとシナプスの間に放出された後、一部はアミントランスポーターと呼ばれるリサイクル業者みたいなものを通して、再取り込みされます。

 

 

このアミントランスポーターを阻害することによって、セロトニンやノルアドレナリンの濃度を高いままキープします。作用発現に時間がかかるため、内服を自己中断しないように指導する必要があります。

 

またアミントランスポーターを阻害するだけでなく、抗コリン作用α1受容体遮断作用H1受容体遮断作用も出ることがあるため注意が必要です。

 

  • 抗コリン作用;口渇、便秘、排尿障害
  • α1受容体遮断作用;起立性低血圧
  • H1受容体遮断作用;眠気

 

四環系抗うつ薬

三環系に比べると、抗コリン作用が弱いとされています。

 

ルジオミール(マプロチリン)

 

  • ノルアドレナリンの再取り込み阻害

 

ルジオミール(マプロチリン)は選択的にノルアドレナリンの再取り込みを阻害します。ゴロを使って覚えましょう。

 

  • 4回まっぷるに載る

 

 

  • 4回;四環系抗うつ薬
  • まっぷる;マプロチリン
  • 載る;ノルアドレナリンの再取り込み阻害

 

旅行でたまたま入ったレストランがまっぷるに4回載っていた名店だったという物語です。

 

テトラミド(ミアンセリン)、テシプール(セチプチリン)

 

  • α2受容体遮断

 

α2受容体が刺激されると、ノルアドレナリンの遊離が抑制されます。テトラミド(ミアンセリン)、テシプール(セチプチリン)はα2受容体を遮断することで、ノルアドレナリンの遊離を促進します。

 

 

ゴロを使って覚えます。

 

  • 4回目、お見合い設置、だがアル中

 

 

  • 4回目;四環系抗うつ薬
  • お見合い;ミアンセリン
  • 設置;セチプチリン
  • アル中;α2受容体

 

お見合いをすること4回目、今度こそは決めてやるぞと意気込んでいました。しかし緊張のあまり、お酒を飲みすぎてアル中になってしまったという物語です。

 

選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)

パキシル(パロキセチン)、ジェイゾロフト(セルトラリン)、ルボックス(フルボキサミン)、レクサプロ(エスシタロプラム)

 

  • 選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)

 

Selective Serotonin Reuptake Inhibitorの略で、選択的にセロトニンの再取り込みを阻害します。ゴロを使って覚えます。

 

  • パロスキ、セルトラリン飲んで、Sにフルボッコ

 

 

  • パロスキ;パロキセチン
  • セルトラリン;セルトラリン
  • S;エスシタロプラム、SSRI
  • フルボッコ;フルボキサミン

 

時々出てくる私のサッカーネタ。私はACミランというチームが好きで、そこのチームにアルベルトパロスキ選手がいました。このパロスキ選手がセルトラリンを乱用したら、Sな人にフルボッコにされたという物語です。今回はわかる人にしかわからなくて申し訳ないです(笑)

 

セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)

トレドミン(ミルナシプラン)、サインバルタ(デュロキセチン)、イフェクサー(ベンファラキシン)

 

  • セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)

 

Selotonin&Norepinephrine Reuptake Inhibitorsの略で、セロトニンとノルアドレナリンの再取り込みを阻害します。三環系抗うつ薬、四環系抗うつ薬、SSRIなどと比べて効果が出るのが早いとされています。ゴロを使って覚えます。

 

  • SとN、便所でデュエット、「見るな!!」言う

 

 

  • SとN;SNRI
  • 便所;ベンファラキシン
  • デュエット;デュロキセチン
  • 見るな;ミルナシプラン

 

SさんとN君が便所でお取込み中でした。それをのぞこうと思ったら、「見るな!!」と言われてしまったという物語です。

 

ノルアドレナリン・セロトニン作動性抗うつ薬(NaSSA)

リフレックス(ミルタザピン)

 

  • ノルアドレナリン・セロトニン作動性抗うつ薬(NaSSA)

 

noradrenergic and specific serotonergic antidepressantの略で今までの抗うつ薬とは作用機序が異なります。複雑な作用機序なので、α2受容体を遮断して、ノルアドレナリンの遊離を促進、5-HT1A受容体を刺激するということがわかれば問題ないと思います。

 

その他

レスリン(トラゾドン)

 

  • セロトニン再取り込み阻害作用、5-HT2A受容体遮断作用

 

抗コリン作用も弱いとされていますが、セロトニン再取り込み阻害作用も弱いと言われています。

 

リーマス(炭酸リチウム)

 

  • 抗躁薬

 

正確な作用機序は不明とされていますが、躁病によく使われます。

 

まとめ

  • うつ病は精神症状だけでなく、身体症状もある。またうつ状態だけでなく、躁状態になることもある。
  • うつ病は、セロトニンやノルアドレナリンの神経活動が低下しており、抗うつ薬は基本的にセロトニンやノルアドレナリンを増やすことで作用する。
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

Sponsored Link

Sponsored Link

抗うつ薬、セロトニンとノルアドレナリンを増やせ。 関連ページ

アゴニスト(作動薬)とアンタゴニスト(拮抗薬)は作用によって異なる
薬は本来体で起こる生体反応を人工的に起こすことによって効果を示すものが多いです。薬は作用によってアゴニスト(作動薬)とアンタゴニスト(拮抗薬)にわけることができます。
交感神経のまとめ、ノルアドレナリンの生合成と不活化
交感神経は、自律神経の一部です。交感神経は、基本的には節前線維がコリン作動性神経で、節後線維はアドレナリン作動性神経です。ノルアドレナリンは、チロシンを材料に作られ、MAOやCOMTによりノルアドレナリンは、不活化されます。
アドレナリン作動薬、直接型
アドレナリン作動薬は、直接型、間接型、混合型が存在します。直接型はα受容体やβ受容体に直接働きかけて、作用します。代表的な受容体とその効果を知ることで、おおまかな薬の作用に予想がつくので覚えてください。
アドレナリン作動薬、間接型
アドレナリン作動薬の間接型は交感神経節後線維のノルアドレナリンをたたき出すことで作用します。間接型は医薬品が少なく、タキフィラキシーを起こしやすいのが特徴です。
アドレナリン作動薬、混合型
アドレナリン作動薬の混合型は、直接型と間接型両方の作用を併せ持っています。またリズミック(アメジニウム)はノルアドレナリンの再取り込みを阻害することによって昇圧作用を示します。
抗アドレナリン薬、アドレナリン受容体遮断薬
抗アドレナリン薬はアドレナリン受容体遮断薬と、アドレナリン作動性神経遮断薬に分けることが出来ます。アドレナリン受容体遮断薬はα受容体やβ受容体を遮断することで作用を示します。
抗アドレナリン薬、アドレナリン作動性神経遮断薬
アドレナリン作動薬神経遮断薬は、アドレナリン枯渇薬と中枢性交感神経抑制薬があります。アドレナリン作動性神経遮断薬はupregulationが起こる可能性があるため注意が必要です。
副交感神経のまとめ、アセチルコリンの生合成と不活化
副交感神経は自律神経の一部であり、コリン作動性神経からなります。アセチルコリンは、アセチルCoAとコリンから生合成されます。またアセチルコリンはコリンエステラーゼにより酢酸とコリンに分解されます。
コリン作動薬、直接型
コリン作動薬は、作用によって直接型と間接型に分けることができます。直接型は、ムスカリン性アセチルコリン受容体(M受容体)に直接働きかけて、様々な効果を示します。
コリン作動薬、間接型
コリン作動薬の間接型はコリンエステラーゼを阻害することによって作用します。間接型は作用によって、可逆的コリンエステラーゼ阻害薬と、非可逆的コリンエステラーゼ阻害薬にわけられます。
抗コリン薬、臓器選択性と適応
抗コリン薬はムスカリン性アセチルコリン受容体を遮断することによって作用します。抗コリン薬は臓器選択性を高めて改良されたものが現場では使われることが多いです。
ニコチン性アセチルコリン受容体(NN受容体)関連薬
ニコチン性アセチルコリン受容体(NN受容体)関連薬は、自律神経節に作用します。自律神経は優位な方の効果が現れ、交感神経は血管と汗腺、副交感神経は血管と汗腺以外が優位です。
運動神経と神経筋接合部関連薬
運動神経はアセチルコリンを出し、骨格筋のニコチン性アセチルコリン受容体(NM受容体)に結合し、筋収縮を起こします。神経筋接合部関連薬には、刺激薬と遮断薬が存在します。
中枢性筋弛緩薬、脊髄と反射
熱いものなどを触れたときに、反射が起こります。反射の中心は脊髄であり、単シナプス反射と多シナプス反射があります。中枢性筋弛緩薬はそれらを抑えることによって作用します。
局所麻酔薬、エステル型とアミド型
局所麻酔薬の作用機序はNa+チャネルを遮断することで作用します。局所麻酔薬は構造式の違いによって、エステル型とアミド型に分けることが出来ます。
全身麻酔薬、吸入麻酔薬と静脈麻酔薬
全身麻酔薬は、中枢神経系に作用しますが、不規則的下行性麻痺を示し、最後に作用するのは延髄です。また全身麻酔薬には、吸入麻酔薬と静脈麻酔薬と2つの種類があります。
オピオイド関連薬、痛みと副作用
オピオイド受容体には様々なものがあり、鎮痛にはμ受容体が特に重要となります。オピオイド関連薬の副作用には、便秘、悪心、傾眠などがあり、便秘は耐性を生じないため、副作用対策が必要である。
睡眠薬、作用時間の違い
睡眠薬のうち、バルビツール酸系、ベンゾジアゼピン系、非ベンゾジアゼピン系はGABAA受容体を介して作用します。睡眠薬は、作用時間が違いますので、作用時間を覚えると現場で役に立ちます。
抗てんかん薬、発作での使い分け
てんかんには強直間代発作、欠神発作、部分発作などがあります。抗てんかん薬の作用機序は基本的に興奮性神経の抑制か、抑制性神経の増強です。作用機序だけでなく発作の使い分けを覚えるのが国試では重要です。
抗パーキンソン病薬、ドパミン増やして、コリンは減らせ。
抗パーキンソン病治療薬では、ドパミンを増やして、コリンを減らすことが重要です。しかしドパミンは血液脳関門を通過することができないので、レボドパに変装することが必要です。
アルツハイマー型認知症治療薬、アセチルコリンは記憶に重要
アルツハイマー型認知症は記銘力障害が特徴的です。アルツハイマー型認知症治療薬は、アセチルコリンエステラーゼを阻害することで、記憶に重要なアセチルコリンを増やします。
統合失調症治療薬、ドパミン仮説とセロトニン仮説
統合失調症は、陽性症状と陰性症状があります。D2受容体遮断作用と5-HT2受容体遮断作用が関わることから、統合失調症はドパミン仮説とセロトニン仮説が重要と考えられています。
抗不安薬、ベンゾジアゼピン系の作用時間を覚えよう
現場で使われる抗不安薬の多くはベンゾジアゼピン系です。ベンゾジアゼピン系は作用時間が異なります。そのため作用時間が切り替えの判断材料になるため、覚えておくと便利です。
受容体総論
受容体は存在する場所によって、細胞膜受容体と細胞内受容体にわけられます。細胞膜受容体は、さらにイオンチャネル内蔵型受容体、Gタンパク質共役型受容体、チロシンキナーゼ関連型受容体にわけられる。
ED50、LD50とは?安全域から安全性を考える
薬を投与し、半分のものに効果が表れる用量をED50と言います。また半分のものが死んでしまう用量をLD50と言います。安全域はLD50/ED50で表され、値が高い方が安全性が高いと言えます。
協力作用と拮抗作用、競合的拮抗と非競合的拮抗
協力作用には相加作用と相乗作用があります。拮抗作用の中には競合的拮抗と非競合的拮抗があります。競合的拮抗の用量-反応曲線は、効果が100%のまま高濃度側(右側)へ水平移動し、非競合的拮抗は効果が100%より低下した頭打ちのグラフとなります。
pD2、pA2、pD'2とは?内活性はラブラブ度!!
内活性は薬と受容体の相性によって、3つに分けられます。作動薬と拮抗薬の効果に関する指標として、pD2、pA2、pD'2などがあります。pD2、pA2、pD'2とはなんなのかをまとめました。

 
HOME プロフィール お問い合わせ