統合失調症にはドパミン仮説とセロトニン仮説が重要

Sponsored Link

統合失調症治療薬、ドパミン仮説とセロトニン仮説

統合失調症とは、脳のまとめる(統合する)機能が失調された疾患です。まとめる機能がうまくいかなくなった結果、主な症状である陽性症状や陰性症状が出てきます。

 

  • 陽性症状;幻覚、幻聴、妄想、思考障害などの本来あるはずのないものが出てくる症状です。
  • 陰性症状;自閉症、自発性減退、感情の平坦化など意欲が低下する症状です。

 

 

これらの症状を起こす原因ははっきりとわかってはいませんが、神経伝達物質であるドパミンセロトニンが関わっていると言われています。

 

ドパミン仮説

ドパミンという神経伝達物質は気持ちを興奮させたりする作用があります。

 

そのドパミンを増やすような薬を使った時に統合失調症のような症状を起こすことや、抗精神病薬の多くがドパミン受容体を遮断することから、ドパミンが統合失調症の発症に関わっているのではないかと考えられています。このことをドパミン仮説と言います。

 

ドパミン仮説では、ドパミンが多いと陽性症状が、ドパミンが少なければ陰性症状が出るのではないかと考えられています。

 

セロトニン仮説

同じく統合失調症の陰性症状に対して、セロトニン受容体を遮断する作用のある薬が有効なことから、セロトニンが統合失調症の陰性症状に関わっているのでは考えられています。このことをセロトニン仮説と言います。

 

統合失調症治療薬

統合失調症治療薬は、先ほどの仮説からもわかりますが、ドパミン受容体やセロトニン受容体を遮断する作用を持ちます。構造や、作用によって主に以下のようにわけられます。

 

  • フェノチアジン系
  • ブチロフェノン系
  • ベンザミド系
  • セロトニン・ドパミン受容体遮断薬(SDA)
  • 多元受容体標的化抗精神病薬(MARTA)
  • ドパミン受容体部分作動薬

 

Sponsored Link

Sponsored Link


 

フェノチアジン系

コントミン(クロルプロマジン)、フルメジン(フルフェナジン)、ノバミン(プロクロルペラジン)、ニューレプチル(プロペリシアジン)、ピーゼットシー(ペルフェナジン)、ヒルナミン(レボメプロマジン)

 

  • D2受容体遮断

 

フェノチアジン系は語尾が「〜アジン」となっているので覚えやすいかと思います。

 

D2受容体以外にもH1受容体、M受容体、α1受容体なども遮断することがあります。それゆえ以下のような副作用などが出ることがあります。

 

  • D2受容体;錐体外路障害、高プロラクチン血症
  • H1受容体;鎮静作用
  • M受容体;口渇、便秘
  • α1受容体;低血圧

 

 

ブチロフェノン系

セレネース(ハロペリドール)、インプロメン(ブロムペリドール)、スピロピタン(スピペロン)、ハロマンス(ハロペリドールデカン酸エステル)、トロペロン(チミペロン)、プロピタン(ピパンペロン)

 

  • D2受容体遮断

 

ブチロフェノン系は、語尾が「〜ペリドール」「〜ペロン」となっています。

 

ハロマンス(ハロペリドールデカン酸エステル)はセレネース(ハロペリドール)のプロドラッグです。筋注で用いられて徐々に変換されるため長時間効果が出ます。そのため、4週間ごとに投与する維持療法に役立っています。

 

ベンザミド系

ドグマチール(スルピリド)、エミレース(ネモナプリド)

 

  • D2受容体遮断

 

ドグマチール(スルピリド)が有名です。この薬は変わっていて、用量によって適応が変わります。スルピリドは「ショート」で覚えましょう。

 

 

  • ショ;消化性潰瘍
  • ー(ウ);うつ
  • ト;統合失調症

 

消化性潰瘍<うつ<統合失調症と、高用量になるにつれてメンタルに効くようなイメージを持つと覚えやすいと思います。

 

セロトニン・ドパミン受容体遮断薬(SDA)

serotonin dopamine antagonistの略であり、セロトニン・ドパミン受容体遮断薬と訳されます。ゴロを使って覚えましょう。

 

  • ブロックをペロッとリスにさせるパリピはSだ。

 

 

  • ブロック;ブロナンセリン
  • ペロッと;ペロスピロン
  • リス;リスペリドン
  • パリピ;パリペリドン
  • Sだ;SDA

 

パリピはSなので、リスにブロックをペロッと食べさせようとしているのをイメージしてください。

 

リスパダール(リスペリドン)、ルーラン(ペロスピロン)、ロナセン(ブロナンセリン)、インヴェガ(パリペリドン)、ゼプリオン(パリペリドンパルミチン酸エステル)

 

  • D2受容体遮断と5-HT2A受容体遮断

 

先ほどのセロトニン仮説でも述べたように、陽性症状だけでなく陰性症状にも効くとされています。ゼプリオン(パリペリドンパルミチン酸エステル)は先ほどのハロマンス(ハロペリドールデカン酸エステル)のように4週間に1回筋注で使われます。

 

 

多元受容体標的化抗精神病薬(MARTA)

multi acting receptor targeted antipsychoticsの略で、多元受容体標的化抗精神病薬と訳されます。語尾が「〜アピン」なので覚えやすいです。

 

ジプレキサ(オランザピン)、セロクエル(クエチアピン)、クロザリル(クロザピン)、シクレスト(アセナピン)

 

  • D2受容体遮断と5-HT2A受容体遮断

 

SDAと同じように陽性症状にも陰性症状にも効きます。多元受容体標的化抗精神病薬とついているように、他の受容体も遮断します。

 

またジプレキサ(オランザピン)、セロクエル(クエチアピン)は血糖値を上げる可能性があるため、糖尿病患者には禁忌とされています。これは現場でもよく問い合わせになるので覚えておくとよいと思います。

 

ドパミン受容体部分作動薬

ドパミンの活動が高まっているときはD2受容体を遮断して、活動が低いときはD2受容体を刺激するという理論上では最高の薬です。「〜ピプラゾール」なので覚えやすいです。

 

 

エビリファイ(アリピプラゾール)、レキサルティ(ブレクスピプラゾール)

 

  • D2受容体部分作動薬、5-HT2A受容体遮断

 

D2の部分作用だけでなく、5-HT2A受容体遮断も併せ持つので陰性症状にも効きます。レキサルティ(ブレクスピプラゾール)は、エビリファイ(アリピプラゾール)よりD2受容体への刺激がマイルドになり、副作用軽減が期待されている進化版と言われています。

 

まとめ

  • 統合失調症には陽性症状と陰性症状がある。
  • 統合失調症治療薬はD2受容体遮断作用と5-HT2受容体遮断作用が主に関わる。
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

Sponsored Link

Sponsored Link

統合失調症治療薬、ドパミン仮説とセロトニン仮説 関連ページ

アゴニスト(作動薬)とアンタゴニスト(拮抗薬)は作用によって異なる
薬は本来体で起こる生体反応を人工的に起こすことによって効果を示すものが多いです。薬は作用によってアゴニスト(作動薬)とアンタゴニスト(拮抗薬)にわけることができます。
交感神経のまとめ、ノルアドレナリンの生合成と不活化
交感神経は、自律神経の一部です。交感神経は、基本的には節前線維がコリン作動性神経で、節後線維はアドレナリン作動性神経です。ノルアドレナリンは、チロシンを材料に作られ、MAOやCOMTによりノルアドレナリンは、不活化されます。
アドレナリン作動薬、直接型
アドレナリン作動薬は、直接型、間接型、混合型が存在します。直接型はα受容体やβ受容体に直接働きかけて、作用します。代表的な受容体とその効果を知ることで、おおまかな薬の作用に予想がつくので覚えてください。
アドレナリン作動薬、間接型
アドレナリン作動薬の間接型は交感神経節後線維のノルアドレナリンをたたき出すことで作用します。間接型は医薬品が少なく、タキフィラキシーを起こしやすいのが特徴です。
アドレナリン作動薬、混合型
アドレナリン作動薬の混合型は、直接型と間接型両方の作用を併せ持っています。またリズミック(アメジニウム)はノルアドレナリンの再取り込みを阻害することによって昇圧作用を示します。
抗アドレナリン薬、アドレナリン受容体遮断薬
抗アドレナリン薬はアドレナリン受容体遮断薬と、アドレナリン作動性神経遮断薬に分けることが出来ます。アドレナリン受容体遮断薬はα受容体やβ受容体を遮断することで作用を示します。
抗アドレナリン薬、アドレナリン作動性神経遮断薬
アドレナリン作動薬神経遮断薬は、アドレナリン枯渇薬と中枢性交感神経抑制薬があります。アドレナリン作動性神経遮断薬はupregulationが起こる可能性があるため注意が必要です。
副交感神経のまとめ、アセチルコリンの生合成と不活化
副交感神経は自律神経の一部であり、コリン作動性神経からなります。アセチルコリンは、アセチルCoAとコリンから生合成されます。またアセチルコリンはコリンエステラーゼにより酢酸とコリンに分解されます。
コリン作動薬、直接型
コリン作動薬は、作用によって直接型と間接型に分けることができます。直接型は、ムスカリン性アセチルコリン受容体(M受容体)に直接働きかけて、様々な効果を示します。
コリン作動薬、間接型
コリン作動薬の間接型はコリンエステラーゼを阻害することによって作用します。間接型は作用によって、可逆的コリンエステラーゼ阻害薬と、非可逆的コリンエステラーゼ阻害薬にわけられます。
抗コリン薬、臓器選択性と適応
抗コリン薬はムスカリン性アセチルコリン受容体を遮断することによって作用します。抗コリン薬は臓器選択性を高めて改良されたものが現場では使われることが多いです。
ニコチン性アセチルコリン受容体(NN受容体)関連薬
ニコチン性アセチルコリン受容体(NN受容体)関連薬は、自律神経節に作用します。自律神経は優位な方の効果が現れ、交感神経は血管と汗腺、副交感神経は血管と汗腺以外が優位です。
運動神経と神経筋接合部関連薬
運動神経はアセチルコリンを出し、骨格筋のニコチン性アセチルコリン受容体(NM受容体)に結合し、筋収縮を起こします。神経筋接合部関連薬には、刺激薬と遮断薬が存在します。
中枢性筋弛緩薬、脊髄と反射
熱いものなどを触れたときに、反射が起こります。反射の中心は脊髄であり、単シナプス反射と多シナプス反射があります。中枢性筋弛緩薬はそれらを抑えることによって作用します。
局所麻酔薬、エステル型とアミド型
局所麻酔薬の作用機序はNa+チャネルを遮断することで作用します。局所麻酔薬は構造式の違いによって、エステル型とアミド型に分けることが出来ます。
全身麻酔薬、吸入麻酔薬と静脈麻酔薬
全身麻酔薬は、中枢神経系に作用しますが、不規則的下行性麻痺を示し、最後に作用するのは延髄です。また全身麻酔薬には、吸入麻酔薬と静脈麻酔薬と2つの種類があります。
オピオイド関連薬、痛みと副作用
オピオイド受容体には様々なものがあり、鎮痛にはμ受容体が特に重要となります。オピオイド関連薬の副作用には、便秘、悪心、傾眠などがあり、便秘は耐性を生じないため、副作用対策が必要である。
睡眠薬、作用時間の違い
睡眠薬のうち、バルビツール酸系、ベンゾジアゼピン系、非ベンゾジアゼピン系はGABAA受容体を介して作用します。睡眠薬は、作用時間が違いますので、作用時間を覚えると現場で役に立ちます。
抗てんかん薬、発作での使い分け
てんかんには強直間代発作、欠神発作、部分発作などがあります。抗てんかん薬の作用機序は基本的に興奮性神経の抑制か、抑制性神経の増強です。作用機序だけでなく発作の使い分けを覚えるのが国試では重要です。
抗パーキンソン病薬、ドパミン増やして、コリンは減らせ。
抗パーキンソン病治療薬では、ドパミンを増やして、コリンを減らすことが重要です。しかしドパミンは血液脳関門を通過することができないので、レボドパに変装することが必要です。
アルツハイマー型認知症治療薬、アセチルコリンは記憶に重要
アルツハイマー型認知症は記銘力障害が特徴的です。アルツハイマー型認知症治療薬は、アセチルコリンエステラーゼを阻害することで、記憶に重要なアセチルコリンを増やします。
受容体総論
受容体は存在する場所によって、細胞膜受容体と細胞内受容体にわけられます。細胞膜受容体は、さらにイオンチャネル内蔵型受容体、Gタンパク質共役型受容体、チロシンキナーゼ関連型受容体にわけられる。
ED50、LD50とは?安全域から安全性を考える
薬を投与し、半分のものに効果が表れる用量をED50と言います。また半分のものが死んでしまう用量をLD50と言います。安全域はLD50/ED50で表され、値が高い方が安全性が高いと言えます。
協力作用と拮抗作用、競合的拮抗と非競合的拮抗
協力作用には相加作用と相乗作用があります。拮抗作用の中には競合的拮抗と非競合的拮抗があります。競合的拮抗の用量-反応曲線は、効果が100%のまま高濃度側(右側)へ水平移動し、非競合的拮抗は効果が100%より低下した頭打ちのグラフとなります。
pD2、pA2、pD'2とは?内活性はラブラブ度!!
内活性は薬と受容体の相性によって、3つに分けられます。作動薬と拮抗薬の効果に関する指標として、pD2、pA2、pD'2などがあります。pD2、pA2、pD'2とはなんなのかをまとめました。

 
HOME プロフィール お問い合わせ