オピオイド関連薬は痛みを強く抑えるが、副作用対策も必要。

Sponsored Link

オピオイド関連薬、痛みと副作用

痛みは体からの危険なシグナルであると同時に、私たちに苦痛や不快感などを与えます。特にがん患者などでは身の置き所のない痛みと闘っていることもあります。もし、その痛みを無くしたり、減らしたりすることができれば、私たちは「薬が効いた」と思うでしょう。それくらい痛みというのは直感的に薬の効果を示してくれます。

 

 

今回は鎮痛薬をまとめます。まず痛みの発生機序をみていきます。

 

痛みの機序

痛みの機序は大きく2つの経路が関わります。

 

まず1つ目は、痛みを伝える経路です。痛みを受けると、知覚神経が感じ取り、情報が流れていきます。情報は複数の神経がバトンタッチしながら伝えられ、脊髄後角に入った後、脳の方へ登っていきます。

 

 

2つ目は痛みを抑える経路です。先ほどは上に登って痛みの情報が伝えられましたが、上からは痛みの情報をなるべく抑えるよう下へ情報も流しています。その結果、脊髄後角で痛みが伝わるのをなるべく抑えることができます。

 

 

オピオイド受容体

痛みに関わる受容体にはオピオイド受容体というものがあります。このオピオイド受容体が刺激されると、神経活動が抑制されます。つまり、先ほどの痛みを伝える経路を抑えることによって、鎮痛作用を示します。

 

先ほど痛みの機序にはもう1つ、痛みを抑える経路があると言いました。こちらの経路については、オピオイド受容体が刺激されると、より痛みを抑える情報を流すようになり、脊髄後角で痛みが伝わるのを抑えられます。

 

 

なお、オピオイド受容体にはサブタイプが存在し、オピオイドμ受容体、オピオイドδ受容体、オピオイドκ受容体などがあります。鎮痛作用にそれぞれ関わりますが、中でもオピオイドμ受容体が痛みを抑えるのに重要です。

 

オピオイド受容体の作動薬として有名なものとして、モルヒネがあげられます。モルヒネは強い鎮痛作用を持ちますが、副作用ももちろんあります。

 

モルヒネの副作用

臨床で問題となりやすい副作用は以下のものがあります。

 

  • 便秘;μ受容体刺激することによって、腸内細菌叢からのアセチルコリン遊離が低下する。
  • 悪心;延髄のCTZ(Chemoreceptor trigger zone;化学受容器引き金帯)のD2受容体によるもの
  • 傾眠(呼吸抑制);延髄のμ受容体刺激による中枢抑制作用による

 

 

これらの副作用の中で、便秘については耐性を生じないので、便秘については何かしらの下剤を併用して便通コントロールを測った方が良いです。どうしてもダメなら、スインプロイク(ナルデメジントシル酸塩)などを検討してもよいかもしれません。

 

悪心や傾眠については耐性を生じ、1週間くらいで改善されることがあるのでよく観察する必要があります。

 

オピオイドμ受容体関連薬

管理の関係上、麻薬に指定されているかどうかが重要となってきます。現場に出れば、使う薬ばかりなので、頑張って覚えてください。

 

麻薬性鎮痛薬
アンペック(モルヒネ)、オキノーム(オキシコドン)、フェントス(フェンタニル)、オピスタン(ペチジン)、アルチバ(レミフェンタニル)

 

  • オピオイドμ受容体の刺激

 

フェントス(フェンタニル)はドロペリドールと合わせて、神経遮断性麻酔として使われることもあります。

 

非麻薬性鎮痛薬
トラマール(トラマドール)

 

  • オピオイドμ受容体の刺激

 

非麻薬性であるため、麻薬を使う一歩手前で導入されることが多いです。

 

Sponsored Link

Sponsored Link


 

非麻薬性鎮痛薬(麻薬拮抗性鎮痛薬)
ソセゴン(ペンタゾシン)

 

  • オピオイドκ受容体刺激作用

 

オピオイドκ受容体を刺激して鎮痛作用を示します。逆に、オピオイドμ受容体は遮断するので麻薬拮抗性鎮痛薬と呼ばれます。

 

レペタン(ブプレノルフィン)

 

  • オピオイドμ受容体部分作動薬

 

オピオイドμ受容体に対して、部分作動薬として働きます。

 

麻薬拮抗薬

麻薬は時に副作用で呼吸抑制などをおこすため、解毒薬が存在します。

 

ロルファン(レバロルファン)、ナロキソン(ナロキソン)

 

  • オピオイド受容体での拮抗

 

オピオイド受容体で先ほどの薬たちと拮抗することで解毒作用を示します。

 

まとめ

  • オピオイド受容体には、様々なものがあり、特にオピオイドμ受容体が鎮痛には重要。
  • オピオイド関連薬の副作用には便秘、悪心、傾眠などがある。
  • 便秘は耐性を生じないため、対策が必要である。
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

Sponsored Link

Sponsored Link

オピオイド関連薬、痛みと副作用 関連ページ

アゴニスト(作動薬)とアンタゴニスト(拮抗薬)は作用によって異なる
薬は本来体で起こる生体反応を人工的に起こすことによって効果を示すものが多いです。薬は作用によってアゴニスト(作動薬)とアンタゴニスト(拮抗薬)にわけることができます。
交感神経のまとめ、ノルアドレナリンの生合成と不活化
交感神経は、自律神経の一部です。交感神経は、基本的には節前線維がコリン作動性神経で、節後線維はアドレナリン作動性神経です。ノルアドレナリンは、チロシンを材料に作られ、MAOやCOMTによりノルアドレナリンは、不活化されます。
アドレナリン作動薬、直接型
アドレナリン作動薬は、直接型、間接型、混合型が存在します。直接型はα受容体やβ受容体に直接働きかけて、作用します。代表的な受容体とその効果を知ることで、おおまかな薬の作用に予想がつくので覚えてください。
アドレナリン作動薬、間接型
アドレナリン作動薬の間接型は交感神経節後線維のノルアドレナリンをたたき出すことで作用します。間接型は医薬品が少なく、タキフィラキシーを起こしやすいのが特徴です。
アドレナリン作動薬、混合型
アドレナリン作動薬の混合型は、直接型と間接型両方の作用を併せ持っています。またリズミック(アメジニウム)はノルアドレナリンの再取り込みを阻害することによって昇圧作用を示します。
抗アドレナリン薬、アドレナリン受容体遮断薬
抗アドレナリン薬はアドレナリン受容体遮断薬と、アドレナリン作動性神経遮断薬に分けることが出来ます。アドレナリン受容体遮断薬はα受容体やβ受容体を遮断することで作用を示します。
抗アドレナリン薬、アドレナリン作動性神経遮断薬
アドレナリン作動薬神経遮断薬は、アドレナリン枯渇薬と中枢性交感神経抑制薬があります。アドレナリン作動性神経遮断薬はupregulationが起こる可能性があるため注意が必要です。
副交感神経のまとめ、アセチルコリンの生合成と不活化
副交感神経は自律神経の一部であり、コリン作動性神経からなります。アセチルコリンは、アセチルCoAとコリンから生合成されます。またアセチルコリンはコリンエステラーゼにより酢酸とコリンに分解されます。
コリン作動薬、直接型
コリン作動薬は、作用によって直接型と間接型に分けることができます。直接型は、ムスカリン性アセチルコリン受容体(M受容体)に直接働きかけて、様々な効果を示します。
コリン作動薬、間接型
コリン作動薬の間接型はコリンエステラーゼを阻害することによって作用します。間接型は作用によって、可逆的コリンエステラーゼ阻害薬と、非可逆的コリンエステラーゼ阻害薬にわけられます。
抗コリン薬、臓器選択性と適応
抗コリン薬はムスカリン性アセチルコリン受容体を遮断することによって作用します。抗コリン薬は臓器選択性を高めて改良されたものが現場では使われることが多いです。
ニコチン性アセチルコリン受容体(NN受容体)関連薬
ニコチン性アセチルコリン受容体(NN受容体)関連薬は、自律神経節に作用します。自律神経は優位な方の効果が現れ、交感神経は血管と汗腺、副交感神経は血管と汗腺以外が優位です。
運動神経と神経筋接合部関連薬
運動神経はアセチルコリンを出し、骨格筋のニコチン性アセチルコリン受容体(NM受容体)に結合し、筋収縮を起こします。神経筋接合部関連薬には、刺激薬と遮断薬が存在します。
中枢性筋弛緩薬、脊髄と反射
熱いものなどを触れたときに、反射が起こります。反射の中心は脊髄であり、単シナプス反射と多シナプス反射があります。中枢性筋弛緩薬はそれらを抑えることによって作用します。
局所麻酔薬、エステル型とアミド型
局所麻酔薬の作用機序はNa+チャネルを遮断することで作用します。局所麻酔薬は構造式の違いによって、エステル型とアミド型に分けることが出来ます。
全身麻酔薬、吸入麻酔薬と静脈麻酔薬
全身麻酔薬は、中枢神経系に作用しますが、不規則的下行性麻痺を示し、最後に作用するのは延髄です。また全身麻酔薬には、吸入麻酔薬と静脈麻酔薬と2つの種類があります。
睡眠薬、作用時間の違い
睡眠薬のうち、バルビツール酸系、ベンゾジアゼピン系、非ベンゾジアゼピン系はGABAA受容体を介して作用します。睡眠薬は、作用時間が違いますので、作用時間を覚えると現場で役に立ちます。
抗てんかん薬、発作での使い分け
てんかんには強直間代発作、欠神発作、部分発作などがあります。抗てんかん薬の作用機序は基本的に興奮性神経の抑制か、抑制性神経の増強です。作用機序だけでなく発作の使い分けを覚えるのが国試では重要です。
受容体総論
受容体は存在する場所によって、細胞膜受容体と細胞内受容体にわけられます。細胞膜受容体は、さらにイオンチャネル内蔵型受容体、Gタンパク質共役型受容体、チロシンキナーゼ関連型受容体にわけられる。
ED50、LD50とは?安全域から安全性を考える
薬を投与し、半分のものに効果が表れる用量をED50と言います。また半分のものが死んでしまう用量をLD50と言います。安全域はLD50/ED50で表され、値が高い方が安全性が高いと言えます。
協力作用と拮抗作用、競合的拮抗と非競合的拮抗
協力作用には相加作用と相乗作用があります。拮抗作用の中には競合的拮抗と非競合的拮抗があります。競合的拮抗の用量-反応曲線は、効果が100%のまま高濃度側(右側)へ水平移動し、非競合的拮抗は効果が100%より低下した頭打ちのグラフとなります。
pD2、pA2、pD'2とは?内活性はラブラブ度!!
内活性は薬と受容体の相性によって、3つに分けられます。作動薬と拮抗薬の効果に関する指標として、pD2、pA2、pD'2などがあります。pD2、pA2、pD'2とはなんなのかをまとめました。

 
HOME プロフィール お問い合わせ