ED50/LD50が安全域で安全性を考えられる。

Sponsored Link

ED50、LD50とは?安全域から安全性を考える

薬をたくさん投与すると基本的には効果が強く出ます。これは普段から何かしら薬を飲んで経験されているかと思います。では薬をたくさん投与しすぎるとどうなるでしょうか?

 

これも皆さんイメージできると思いますが、薬を多く投与しすぎてしまうと、命に関わってきます。例えば、「基準の10倍の量を投与してしまい、死亡してしまった」などのニュースをたまに見ることがあるかと思います。

 

薬は諸刃の剣であり、時には毒にもなってしまうのです。どこまでが薬として効いて、どこからが毒なのでしょうか?

 

 

用量-反応曲線

先ほどの薬の投与する話をグラフ化したものを用量-反応曲線と言います。

 

横軸には薬の用量の対数を取り、縦軸には効果を取ると、S字状の曲線が描かれます。

 

 

この用量-反応曲線を用いて、動物などの試験は行われます。

 

例えばマウスが10匹いたとしましょう。そのマウスたちに、ある麻酔薬を投与しました。しかし量が足りず、どのマウスも眠りませんでした。

 

 

そこで、薬の量を10倍に増やしました。そうすると、10匹のうち半分の5匹は眠りました。

 

 

さらに薬を先ほどの10倍、つまり最初の100倍に増やしました。そうすると、10匹全員眠りました。

 

 

マウスはすでに眠っていますが、このまま量を増やし続けたらどうなるでしょうか?

 

薬を先ほどの100倍、つまり最初の10000倍に増やしました。そうすると、10匹のうち5匹が死んでしまいました。

 

 

さらに薬を先ほどの10倍、つまり最初の100000倍に増やすと、10匹全員死んでしまいました。

 

 

これが冒頭でお話しした、医療事故などのニュースの話となります。薬は有効量を通り越して、中毒量に、さらには致死量になってしまうのです。

 

ED50とLD50

先ほどのマウスの実験の例で、10匹中5匹、つまり全体の半分に効果が出た時の用量をED50と呼びます。

 

ED50はEffective dose 50%の略であり、50%有効量と訳されます。

 

 

同様に、有効量を過ぎると中毒量となり、さらに致死量となり死んでしまうマウスが出てきます。ED50と同じく全体の半分が死んでしまう用量のことをLD50と呼びます。

 

LD50はLethal dose 50%の略であり、50%致死量と訳されます。

 

安全域

用量-反応曲線では、有効量の領域に入った後に、致死量の領域に入っていきます。用量-反応曲線のグラフを見ると、有効量と致死量が離れていれば離れているほど安全な薬であると言えます。

 

LD50/ED50のことを安全域と呼び、薬がどれくらい安全なのかがわかります。

 

Sponsored Link

Sponsored Link


 

先ほどのマウスの麻酔薬の例を再度出しましょう。

 

麻酔薬AではED50が10、LD50が10000でした。それに対して麻酔薬BではED50が10、LD50が100000でした。どちらが安全でしょうか?

 

それぞれの安全域は、麻酔薬Aでは1000、麻酔薬Bでは10000となります。

 

さらにそれぞれの用量-反応曲線を比べてみます。比べてみてもらえれば一目瞭然、麻酔薬Bの方が、致死量に入るまでの距離があり安全であることがわかります。

 

 

 

安全域は値が大きいほど安全性があると言うことができます。

 

ここで安全域のゴロを紹介しようと思います。

 

  • LEDは(わ)安全

 

 

  • L→LD50
  • ED→ED50
  • は(わ)→÷
  • 安全→安全域

 

他ページのように、イメージづくりの物語を。

 

ある日、電球を取り換えようと思っていたところ、CMで「LEDは安全で地球にやさしい」とやっていたので、ついついLEDを買ってしまいましたとさ。

 

LEDって長持ちするらしいですけど、高いですよね・・・皆さんのお家はLEDでしょうか?ちなみに私の家は普通の電球です(笑)

 

・・・まぁそれはともかく、このような形で薬の安全性を知ることが出来るのです。

 

まとめ

  • 用量-反応曲線は、横軸に用量の対数、縦軸に効果を取ったS字状のグラフ
  • 半分のものに効果が表れる用量をED50という
  • 半分のものが死んでしまう用量をLD50という
  • 安全域はLD50/ED50で表され、値が大きい方が安全である。
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

Sponsored Link

Sponsored Link

ED50、LD50とは?安全域から安全性を考える 関連ページ

アゴニスト(作動薬)とアンタゴニスト(拮抗薬)は作用によって異なる
薬は本来体で起こる生体反応を人工的に起こすことによって効果を示すものが多いです。薬は作用によってアゴニスト(作動薬)とアンタゴニスト(拮抗薬)にわけることができます。
交感神経のまとめ、ノルアドレナリンの生合成と不活化
交感神経は、自律神経の一部です。交感神経は、基本的には節前線維がコリン作動性神経で、節後線維はアドレナリン作動性神経です。ノルアドレナリンは、チロシンを材料に作られ、MAOやCOMTによりノルアドレナリンは、不活化されます。
アドレナリン作動薬、直接型
アドレナリン作動薬は、直接型、間接型、混合型が存在します。直接型はα受容体やβ受容体に直接働きかけて、作用します。代表的な受容体とその効果を知ることで、おおまかな薬の作用に予想がつくので覚えてください。
アドレナリン作動薬、間接型
アドレナリン作動薬の間接型は交感神経節後線維のノルアドレナリンをたたき出すことで作用します。間接型は医薬品が少なく、タキフィラキシーを起こしやすいのが特徴です。
アドレナリン作動薬、混合型
アドレナリン作動薬の混合型は、直接型と間接型両方の作用を併せ持っています。またリズミック(アメジニウム)はノルアドレナリンの再取り込みを阻害することによって昇圧作用を示します。
抗アドレナリン薬、アドレナリン受容体遮断薬
抗アドレナリン薬はアドレナリン受容体遮断薬と、アドレナリン作動性神経遮断薬に分けることが出来ます。アドレナリン受容体遮断薬はα受容体やβ受容体を遮断することで作用を示します。
抗アドレナリン薬、アドレナリン作動性神経遮断薬
アドレナリン作動薬神経遮断薬は、アドレナリン枯渇薬と中枢性交感神経抑制薬があります。アドレナリン作動性神経遮断薬はupregulationが起こる可能性があるため注意が必要です。
副交感神経のまとめ、アセチルコリンの生合成と不活化
副交感神経は自律神経の一部であり、コリン作動性神経からなります。アセチルコリンは、アセチルCoAとコリンから生合成されます。またアセチルコリンはコリンエステラーゼにより酢酸とコリンに分解されます。
コリン作動薬、直接型
コリン作動薬は、作用によって直接型と間接型に分けることができます。直接型は、ムスカリン性アセチルコリン受容体(M受容体)に直接働きかけて、様々な効果を示します。
コリン作動薬、間接型
コリン作動薬の間接型はコリンエステラーゼを阻害することによって作用します。間接型は作用によって、可逆的コリンエステラーゼ阻害薬と、非可逆的コリンエステラーゼ阻害薬にわけられます。
抗コリン薬、臓器選択性と適応
抗コリン薬はムスカリン性アセチルコリン受容体を遮断することによって作用します。抗コリン薬は臓器選択性を高めて改良されたものが現場では使われることが多いです。
ニコチン性アセチルコリン受容体(NN受容体)関連薬
ニコチン性アセチルコリン受容体(NN受容体)関連薬は、自律神経節に作用します。自律神経は優位な方の効果が現れ、交感神経は血管と汗腺、副交感神経は血管と汗腺以外が優位です。
運動神経と神経筋接合部関連薬
運動神経はアセチルコリンを出し、骨格筋のニコチン性アセチルコリン受容体(NM受容体)に結合し、筋収縮を起こします。神経筋接合部関連薬には、刺激薬と遮断薬が存在します。
中枢性筋弛緩薬、脊髄と反射
熱いものなどを触れたときに、反射が起こります。反射の中心は脊髄であり、単シナプス反射と多シナプス反射があります。中枢性筋弛緩薬はそれらを抑えることによって作用します。
局所麻酔薬、エステル型とアミド型
局所麻酔薬の作用機序はNa+チャネルを遮断することで作用します。局所麻酔薬は構造式の違いによって、エステル型とアミド型に分けることが出来ます。
全身麻酔薬、吸入麻酔薬と静脈麻酔薬
全身麻酔薬は、中枢神経系に作用しますが、不規則的下行性麻痺を示し、最後に作用するのは延髄です。また全身麻酔薬には、吸入麻酔薬と静脈麻酔薬と2つの種類があります。
オピオイド関連薬、痛みと副作用
オピオイド受容体には様々なものがあり、鎮痛にはμ受容体が特に重要となります。オピオイド関連薬の副作用には、便秘、悪心、傾眠などがあり、便秘は耐性を生じないため、副作用対策が必要である。
睡眠薬、作用時間の違い
睡眠薬のうち、バルビツール酸系、ベンゾジアゼピン系、非ベンゾジアゼピン系はGABAA受容体を介して作用します。睡眠薬は、作用時間が違いますので、作用時間を覚えると現場で役に立ちます。
抗てんかん薬、発作での使い分け
てんかんには強直間代発作、欠神発作、部分発作などがあります。抗てんかん薬の作用機序は基本的に興奮性神経の抑制か、抑制性神経の増強です。作用機序だけでなく発作の使い分けを覚えるのが国試では重要です。
受容体総論
受容体は存在する場所によって、細胞膜受容体と細胞内受容体にわけられます。細胞膜受容体は、さらにイオンチャネル内蔵型受容体、Gタンパク質共役型受容体、チロシンキナーゼ関連型受容体にわけられる。
協力作用と拮抗作用、競合的拮抗と非競合的拮抗
協力作用には相加作用と相乗作用があります。拮抗作用の中には競合的拮抗と非競合的拮抗があります。競合的拮抗の用量-反応曲線は、効果が100%のまま高濃度側(右側)へ水平移動し、非競合的拮抗は効果が100%より低下した頭打ちのグラフとなります。
pD2、pA2、pD'2とは?内活性はラブラブ度!!
内活性は薬と受容体の相性によって、3つに分けられます。作動薬と拮抗薬の効果に関する指標として、pD2、pA2、pD'2などがあります。pD2、pA2、pD'2とはなんなのかをまとめました。

 
HOME プロフィール お問い合わせ