ニコチン性アセチルコリン受容体(NN受容体)関連薬は自律神経節に作用する。

Sponsored Link

ニコチン性アセチルコリン受容体(NN受容体)関連薬

前回まで学んできた交感神経副交感神経は、自律神経の一部であるとお話しました。自律神経節とは、節前線維と節後線維の間のことで、今回はそこに作用する薬をまとめます。

 

 

図を見てもらえればわかるように、交感神経も副交感神経もニコチン性アセチルコリン受容体(NN受容体)を持ちます。上流であるニコチン性アセチルコリン受容体を刺激あるいは遮断することによって、下流に影響を与えます。

 

さて、ここで気になるのが自律神経節に作用する薬を投与すると、交感神経にも副交感神経にも作用してしまうのではないかということです。

 

答えはNoです。臓器は交感神経と副交感神経という2つの神経で支配されてはいますが、どちらかが優位となるように支配されています。ですので、自律神経節に作用する薬を投与しても、交感神経か、副交感神経のどちらか優位な方の効果が現れます。

 

交感神経が優位なのは、血管と汗腺です。副交感神経は血管と汗腺以外が優位です。交感神経だけ覚えて、残りは消去法で副交感神経と覚えれば楽に覚えられます。

 

 

自律神経節刺激薬

少量のニコチン、アセチルコリン、カルバコール、メタコリン

 

  • ニコチン性アセチルコリン受容体(NN受容体)刺激

 

交感神経は血管と汗腺に、副交感神経はそれ以外となるので以下のような作用を示します。

 

交感神経
  • 血管;収縮
  • 汗腺;分泌増加

 

副交感神経
  • 心臓;心拍数減少
  • 瞳孔括約筋;収縮(縮瞳)
  • 毛様体筋;収縮(眼内圧下降)
  • 唾液腺;分泌増加
  • 消化管;運動亢進
  • 排尿筋;収縮

 

自律神経節遮断薬

大量のニコチン、ヘキサメトニウム、トリメタファン

 

  • ニコチン性アセチルコリン受容体(NN受容体)遮断

 

先ほどの自律神経刺激薬と反対の作用が起こります。ニコチンは少量では刺激作用がありますが、大量になるとニコチン受容体を麻痺させる効果があり遮断作用になります。

 

交感神経
  • 血管;拡張
  • 汗腺;分泌減少

 

副交感神経
  • 心臓;心拍数増加
  • 瞳孔括約筋;弛緩(散瞳)
  • 毛様体筋;弛緩(眼内圧上昇)
  • 唾液腺;分泌抑制
  • 消化管;運動低下
  • 排尿筋;弛緩

 

 

禁煙補助薬

タバコは喫煙者がいざ禁煙しようと思ってもなかなか達成することができません。なぜなら、ニコチン離脱症状が現れ、イライラしたりしてタバコを吸いたいと思ってしまうからです。ニコチンはタバコの成分の1つであり、それを利用した禁煙補助薬があります。

 

 

ニコチネルTTS(ニコチン)

 

  • ニコチン受容体作動薬

 

外用薬であり、喫煙時のレベルを超えないニコチンを放出します。そうすることによって、ニコチンの離脱症状を減らし禁煙状態に慣れてゆきます。用法用量や投与期間が変則的であるので注意が必要です。

 

Sponsored Link

Sponsored Link


 

チャンピックス(バレニクリン)

 

  • ニコチン受容体部分作動薬

 

こちらは内服薬で、脳内のα4β2ニコチン受容体に部分作動薬として働きます。刺激作用は離脱症状を減らして、拮抗作用はタバコ喫煙時の満足感を減らして吸いたいと思わせないようにします。こちらも用法用量や投与期間が変則的です。

 

まとめ

  • ニコチン性アセチルコリン受容体(NN受容体)関連薬は自律神経節に作用する。
  • 自律神経は交感神経と副交感神経の支配を受けているが、優位な方の効果が現れる。
  • 交感神経は血管と汗腺、副交感神経は血管と汗腺以外が優位。
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

Sponsored Link

Sponsored Link

ニコチン性アセチルコリン受容体(NN受容体)関連薬 関連ページ

アゴニスト(作動薬)とアンタゴニスト(拮抗薬)は作用によって異なる
薬は本来体で起こる生体反応を人工的に起こすことによって効果を示すものが多いです。薬は作用によってアゴニスト(作動薬)とアンタゴニスト(拮抗薬)にわけることができます。
交感神経のまとめ、ノルアドレナリンの生合成と不活化
交感神経は、自律神経の一部です。交感神経は、基本的には節前線維がコリン作動性神経で、節後線維はアドレナリン作動性神経です。ノルアドレナリンは、チロシンを材料に作られ、MAOやCOMTによりノルアドレナリンは、不活化されます。
アドレナリン作動薬、直接型
アドレナリン作動薬は、直接型、間接型、混合型が存在します。直接型はα受容体やβ受容体に直接働きかけて、作用します。代表的な受容体とその効果を知ることで、おおまかな薬の作用に予想がつくので覚えてください。
アドレナリン作動薬、間接型
アドレナリン作動薬の間接型は交感神経節後線維のノルアドレナリンをたたき出すことで作用します。間接型は医薬品が少なく、タキフィラキシーを起こしやすいのが特徴です。
アドレナリン作動薬、混合型
アドレナリン作動薬の混合型は、直接型と間接型両方の作用を併せ持っています。またリズミック(アメジニウム)はノルアドレナリンの再取り込みを阻害することによって昇圧作用を示します。
抗アドレナリン薬、アドレナリン受容体遮断薬
抗アドレナリン薬はアドレナリン受容体遮断薬と、アドレナリン作動性神経遮断薬に分けることが出来ます。アドレナリン受容体遮断薬はα受容体やβ受容体を遮断することで作用を示します。
抗アドレナリン薬、アドレナリン作動性神経遮断薬
アドレナリン作動薬神経遮断薬は、アドレナリン枯渇薬と中枢性交感神経抑制薬があります。アドレナリン作動性神経遮断薬はupregulationが起こる可能性があるため注意が必要です。
副交感神経のまとめ、アセチルコリンの生合成と不活化
副交感神経は自律神経の一部であり、コリン作動性神経からなります。アセチルコリンは、アセチルCoAとコリンから生合成されます。またアセチルコリンはコリンエステラーゼにより酢酸とコリンに分解されます。
コリン作動薬、直接型
コリン作動薬は、作用によって直接型と間接型に分けることができます。直接型は、ムスカリン性アセチルコリン受容体(M受容体)に直接働きかけて、様々な効果を示します。
コリン作動薬、間接型
コリン作動薬の間接型はコリンエステラーゼを阻害することによって作用します。間接型は作用によって、可逆的コリンエステラーゼ阻害薬と、非可逆的コリンエステラーゼ阻害薬にわけられます。
抗コリン薬、臓器選択性と適応
抗コリン薬はムスカリン性アセチルコリン受容体を遮断することによって作用します。抗コリン薬は臓器選択性を高めて改良されたものが現場では使われることが多いです。
運動神経と神経筋接合部関連薬
運動神経はアセチルコリンを出し、骨格筋のニコチン性アセチルコリン受容体(NM受容体)に結合し、筋収縮を起こします。神経筋接合部関連薬には、刺激薬と遮断薬が存在します。
中枢性筋弛緩薬、脊髄と反射
熱いものなどを触れたときに、反射が起こります。反射の中心は脊髄であり、単シナプス反射と多シナプス反射があります。中枢性筋弛緩薬はそれらを抑えることによって作用します。
局所麻酔薬、エステル型とアミド型
局所麻酔薬の作用機序はNa+チャネルを遮断することで作用します。局所麻酔薬は構造式の違いによって、エステル型とアミド型に分けることが出来ます。
全身麻酔薬、吸入麻酔薬と静脈麻酔薬
全身麻酔薬は、中枢神経系に作用しますが、不規則的下行性麻痺を示し、最後に作用するのは延髄です。また全身麻酔薬には、吸入麻酔薬と静脈麻酔薬と2つの種類があります。
オピオイド関連薬、痛みと副作用
オピオイド受容体には様々なものがあり、鎮痛にはμ受容体が特に重要となります。オピオイド関連薬の副作用には、便秘、悪心、傾眠などがあり、便秘は耐性を生じないため、副作用対策が必要である。
睡眠薬、作用時間の違い
睡眠薬のうち、バルビツール酸系、ベンゾジアゼピン系、非ベンゾジアゼピン系はGABAA受容体を介して作用します。睡眠薬は、作用時間が違いますので、作用時間を覚えると現場で役に立ちます。
抗てんかん薬、発作での使い分け
てんかんには強直間代発作、欠神発作、部分発作などがあります。抗てんかん薬の作用機序は基本的に興奮性神経の抑制か、抑制性神経の増強です。作用機序だけでなく発作の使い分けを覚えるのが国試では重要です。
受容体総論
受容体は存在する場所によって、細胞膜受容体と細胞内受容体にわけられます。細胞膜受容体は、さらにイオンチャネル内蔵型受容体、Gタンパク質共役型受容体、チロシンキナーゼ関連型受容体にわけられる。
ED50、LD50とは?安全域から安全性を考える
薬を投与し、半分のものに効果が表れる用量をED50と言います。また半分のものが死んでしまう用量をLD50と言います。安全域はLD50/ED50で表され、値が高い方が安全性が高いと言えます。
協力作用と拮抗作用、競合的拮抗と非競合的拮抗
協力作用には相加作用と相乗作用があります。拮抗作用の中には競合的拮抗と非競合的拮抗があります。競合的拮抗の用量-反応曲線は、効果が100%のまま高濃度側(右側)へ水平移動し、非競合的拮抗は効果が100%より低下した頭打ちのグラフとなります。
pD2、pA2、pD'2とは?内活性はラブラブ度!!
内活性は薬と受容体の相性によって、3つに分けられます。作動薬と拮抗薬の効果に関する指標として、pD2、pA2、pD'2などがあります。pD2、pA2、pD'2とはなんなのかをまとめました。

 
HOME プロフィール お問い合わせ