ビタミンの作用と欠乏症、過剰症

Sponsored Link

ビタミンの作用と欠乏症、過剰症

前回のタンパク質の消化、吸収、代謝ではタンパク質について確認しました。今回は五大栄養素のビタミンについて見ていきます。ビタミンは体の働きの調節などに関わります。

 

 

ビタミンは炭素、水素、酸素などの元素からなり、体内で合成されるものもあれば、食事から摂取しなければならないものまであります。腸内細菌で作られるものには、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、パントテン酸、ビタミンK、ビオチンなどがあります。そして、ビタミンは大きく2つのグループにわけることができます。

 

  • 水溶性ビタミン
  • 脂溶性ビタミン

 

Sponsored Link

Sponsored Link


 

水溶性ビタミン

水に溶けやすいビタミンを水溶性ビタミンと言います。水溶性ビタミンの多くは補酵素として働き、酵素反応に関わります。水溶性ビタミンは貯蔵されないため、過剰症はほぼ起こりません

 

水溶性ビタミンには以下のようなものがあります。

 

  • ビタミンB1(チアミン)
  • ビタミンB2(リボフラビン)
  • 葉酸
  • ナイアシン(ニコチン酸、ニコチンアミド)
  • パントテン酸
  • ビオチン
  • ビタミンC(L-アスコルビン酸)
  • ビタミンB6(ピリドキシン、ピリドキサール、ピリドキサミン)
  • ビタミンB12(コバラミン)

 

ビタミンB1(チアミン)

肉類などに多く含まれ、活性型はチアミンピロリン酸(TPP)です。

 

作用

 

 

欠乏症
  • 脚気
  • ウェルニッケ脳症

 

ビタミンB2(リボフラビン)

きのこなどに含まれていて、活性型はフラビンモノヌクレオチド(FMN)、フラビンアデニンジヌクレオチド(FAD)

 

作用
  • 酸化還元反応に関与

 

欠乏症
  • 口唇炎

 

葉酸

活性型はテトラヒドロ葉酸

 

作用
  • 核酸塩基の合成などに重要なメチル基などの転移反応に関与

 

 

欠乏症
  • 巨赤芽球性貧血
  • 出生時の神経管閉鎖障害(妊婦には葉酸不足しがちで、フォリアミンが有名)

 

ナイアシン(ニコチン酸、ニコチンアミド)

レバーなどに含まれていて、活性型はニコチンアミドアデニンジヌクレオチド(NAD+)、ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドリン酸(NADP+)

 

作用
  • 酸化還元反応に関与

 

欠乏症
  • ペラグラ

 

パントテン酸

酵母などに含まれていて、活性型はコエンザイムA(CoA)

 

作用
  • 糖代謝、脂質代謝、アミノ酸代謝などに関わるアシル基転移反応に関与。

 

欠乏症
  • 皮膚炎

 

ビオチン

卵黄などに含まれていて、活性型はビオチン

 

作用
  • カルボキシラーゼの補酵素として炭酸固定反応に関与

 

欠乏症
  • 皮膚炎

 

ビタミンC(L-アスコルビン酸)

レモンなどに含まれていて、活性型は特にありません。

 

作用
  • コラーゲン合成に関与
  • 還元作用があり、フリーラジカルなどの除去

 

 

欠乏症
  • 壊血病

 

ビタミンB6(ピリドキシン、ピリドキサール、ピリドキサミン)

牛乳などに含まれていて、活性型はピリドキサールリン酸(PLP)

 

作用

 

欠乏症
  • 神経炎

 

ビタミンB12(コバラミン)

活性型はメチルコバラミン、アデノシルコバラミン

 

作用
  • 核酸塩基の合成などに重要なメチル基転移反応に関与

 

欠乏症
  • 巨赤芽球性貧血

 

 

 

脂溶性ビタミン

水溶性ビタミンに対して、水に溶けにくいものを脂溶性ビタミンと呼びます。脂溶性ビタミンのうちビタミンAとDは過剰症が知られています。

 

脂溶性ビタミンには以下のようなものがあります。

 

  • ビタミンA(レチノール)
  • ビタミンD
  • ビタミンE(トコフェロール)
  • ビタミンK

 

脂溶性ビタミンだけ(DAKE)と覚えると簡単に覚えられます。これを覚えれば消去法で水溶性ビタミンも覚えられます。

 

 

ビタミンA(レチノール)

緑黄色野菜に多く含まれるβ-カロテンはプロビタミンAの一種で、摂取後ビタミンAとなります。

 

 

作用
  • 目の感光物質として働くロドプシンの材料となる。
  • レチノイン酸は核内受容体に結合して、遺伝子の転写を促進して細胞の分化や成長に関与

 

欠乏症
  • 夜盲症
  • 皮膚乾燥症

 

過剰症
  • 催奇形性
  • 頭蓋内圧亢進

 

ビタミンD

前駆体が紫外線を受けて生じたビタミンD3は肝臓と腎臓で水酸化を受けて活性型ビタミンD3となります。

 

 

作用
  • 活性型ビタミンD3は核内受容体と結合して、転写を調節し、カルシウムやリン酸の小腸での吸収を促進

 

欠乏症
  • くる病、骨軟化症

 

過剰症
  • 高カルシウム血症

 

ビタミンE(トコフェロール)

ビタミンEは大豆油などに含まれます。

 

作用
  • ラジカルを補足し、不飽和脂肪酸の酸化を防止

 

欠乏症
  • 運動失調

 

ビタミンK

ビタミンKのうち、ビタミンK1で有名なのは納豆です。ビタミンK2は腸内細菌により合成されるので、欠乏症は起こしにくいです。

 

作用
  • 血液凝固に重要なプロトロンビンの合成に関与。
  • 骨形成に重要なオステオカルシンの合成に関与。

 

 

欠乏症

 

まとめ

  • ビタミンには水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンがある。

Sponsored Link

ビタミンの作用と欠乏症、過剰症 関連ページ

糖質の消化、吸収、代謝
多糖類のままではエネルギー源として利用されず、消化、吸収され単糖類になる必要があります。糖質の代謝には解糖系やクエン酸回路などがあり、エネルギー源を生み出します。グリコーゲンは貯金として貯められ、空腹時にグルコースに戻され血糖になります。
脂質の消化、吸収、代謝
中性脂肪(TG)やコレステロールなどの脂質は脂肪酸からできます。中性脂肪(TG)は貯蔵脂肪として働きます。太りすぎるとアディポネクチンの分泌が抑えられ、動脈硬化が進む恐れがあります。
タンパク質の消化、吸収、代謝
アミノ酸のうち、ケト原性アミノ酸のみの性質を示すのは、ロイシンとリシンです。空腹時には、タンパク質が分解され、グルコース・アラニン回路が働き、グルコースが作られます。生じたアンモニアは尿素回路で尿素に変換されます。
ミネラルの作用と欠乏症
ミネラルには必須元素や必須微量元素があります。必須元素や必須微量元素などのミネラルは生理機能などに重要です。
タンパク質の評価法、生物価、正味タンパク質利用効率、アミノ酸スコアの計算
タンパク質の評価する方法には、生物価、正味タンパク質利用効率、アミノ酸スコアなどがあります。生物価、正味タンパク質利用効率、アミノ酸スコアの計算方法をまとめています。
エネルギーの収支。Atwater係数、呼吸商、窒素係数、食事誘発性熱産生、基礎代謝量
エネルギーの収支に関わるものには、Atwater係数、呼吸商、窒素係数、食事誘発性熱産生、基礎代謝量などがあります。肥満を改善するにはエネルギーの収支が重要です。
推定平均必要量、推奨量、目安量、耐容上限量、目標量、推定エネルギー必要量のまとめ
栄養素の過不足の指標には、推定平均必要量、推奨量、目安量、耐容上限量、目標量などがあります。エネルギーの過不足の指標には推定エネルギー必要量があります。
食品の腐敗は温度、pH、水分活性が原因
腐敗はタンパク質が微生物の増殖により変質を起こすことを言います。腐敗を防ぐためには、温度、pH、水分活性が原因となるため、これらを意識して保存することが大事。
脂質の変敗、酸価、ヨウ素価、過酸化物価、チオバルビツール酸試験値、カルボニル価の覚え方
変敗は脂質の変質のことを言います。不飽和脂肪酸の酸化の流れを抑えることで酸価、ヨウ素価、過酸化物価、チオバルビツール酸試験値、カルボニル価がどのようになるのかを覚えることができます。

 
HOME プロフィール お問い合わせ