ビタミンB1の働き、多く含む食品、薬との併用のまとめ

Sponsored Link

ビタミンB1の働き、多く含む食品、薬との併用のまとめ

前回のビタミンKの働き、多く含む食品、薬との併用のまとめでは、ビタミンKについて見ました。今回はビタミンB1について見ていきたいと思います。

 

 

ビタミンB1

ビタミンの中で最初に見つかったのが、ビタミンB1です。1910年に鈴木梅太郎が米ぬかの中から単離成功しました。そのイネの学名であるoryzaからオリザニンと命名しました。

 

しかし同じ時期である、1911年ポーランドのフンクも米ぬかから発見し、生命に必要なアミン(vital amine)と名付けるきっかけとなりました。

 

ビタミンB1には、チアミン一リン酸(TMP)、チアミン二リン酸(TPP)、チアミン三リン酸(TTP)などの種類があります。これらは空腸で脱リン酸化されてチアミンとなり、体内に吸収されます。体内で吸収されたチアミンは再びリン酸化されます。

 

ビタミンB1は水溶性ビタミンであるため、調理の際に失われてしまいがちです。

 

Sponsored Link

 

ビタミンB1の働き

ビタミンB1には以下のような働きがあります。

 

  • 糖代謝の促進;吸収されたビタミンB1は、主にチアミン二リン酸(TPP)の形で、糖代謝に関わる補酵素として働く
  • 神経機能の正常化;ビタミンB1はアセチルコリンの合成促進やアセチルコリン作動性神経の調節作用がある

 

 

そのため、ビタミンB1が不足すると、糖代謝が低下してしまいます。その結果食欲不振、手足のまひ、運動能力の低下などの症状が起こります。さらに進行すると脚気やウェルニッケ脳症が起こる可能性があります。

 

ビタミンB1の過剰症

ビタミンB1は過剰症が起こりにくいと言われています。

 

ビタミンB1を多く含む食品

以下の食品はビタミンB1を多く含む食品と言われています。

 

  • 動物性;豚肉、ウナギの蒲焼、鶏卵
  • 植物性;小麦胚芽、えんどう豆、大豆

 

ビタミンB1は水に溶けやすく、熱に弱いです。そのため調理をすると、一部が失われてしまいます。よって、よりたくさんのビタミンB1を含む食品を食べるしかないのですが、このほかにもアリシンと呼ばれる成分を含む食品と摂取することでビタミンB1の吸収を高められます。アリシンとビタミンB1を同時にとることで、脂溶性で、熱に強く、長時間作用するアリチアミンとなります。

 

アリシンを多く含む食品にはにんにく、ニラ、ねぎ、玉ねぎなどがあります。

 

 

ビタミンB1と薬の相互作用

ビタミンB1と薬の相互作用を起こすものは現在添付文書上では特にありません。

 

まとめ

  • ビタミンB1の働きには、糖代謝の促進、神経機能の正常化がある
  • ビタミンB1はアリシンを含む食品と接種することで吸収を高められる

Sponsored Link

ビタミンB1の働き、多く含む食品、薬との併用のまとめ 関連ページ

ビタミンAの働き、多く含む食品、薬との併用のまとめ
ビタミンAは視覚機能や細胞増殖に関わる働きを持ちます。β-カロテンは油と一緒に調理をすると効率よく吸収できます。ビタミンAと併用禁忌の薬には、チガソン(エトレチナート)、ベサノイド(トレチノイン)、アムノレイク(タミバロテン)、タルグレチン(ベキサロテン)などがあります。
ビタミンDの働き、多く含む食品、薬との併用のまとめ
ビタミンDは、骨に対する作用や細胞増殖に関わります。ビタミンDは油と一緒に摂取すると吸収が高まります。ビタミンDはジゴシン(ジゴキシン)と併用すると、血中濃度が高まるおそれがあります。
ビタミンEの働き、多く含む食品、薬との併用のまとめ
ビタミンEの働きには、生体膜の安定化、活性酸素の消去などがあります。ビタミンEは過剰症も欠乏症も比較的起こりにくく、薬の相互作用には、コレバイン(コレスチミド)、クエストラン(コレスチラミン)、フォスブロック、レナジェル(セベラマー)があります。
ビタミンKの働き、多く含む食品、薬との併用のまとめ
ビタミンKの働きには血液凝固作用、骨形成促進作用があります。ビタミンKと薬の相互作用には、ワーファリン(ワルファリンカリウム)、コレバイン(コレスチラミン)、フォスブロック、レナジェル(セベラマー)、ジャクスタピッド(ロミタピド)などがあります。
ビタミンB2の働き、多く含む食品、薬との併用のまとめ
ビタミンB2の働きは代謝促進、発育促進がある。そのため欠乏すると口唇炎などの症状が出ることがあります。ビタミンB2は熱や酸には強いですが、アルカリや光に不安定なので、冷暗所に食品を保存するとよいです。

 
HOME プロフィール お問い合わせ