食物アレルギーを起こしやすい特定原材料の表示が食品衛生法で義務つけられている

Sponsored Link

食物アレルギー、特定原材料の表示義務について

別ページ、アレルギーとアナフィラキシー、原因と症状と対策で話しているように、食品はアレルギーの原因となります。アレルギーを起こすと命の危機にさらされることもあり、油断できません。今回は食品のアレルギーについて見ていきます。

 

 

Sponsored Link

Sponsored Link


 

食物アレルギーの原因

原因となるアレルゲンを食べたりすることで体の中に入った時に、急激にアレルギー症状が起こります。そもそもアレルギーは体の防御をしてくれる免疫機能が、攻撃をしなくてもよいアレルゲンを攻撃してしまうことによって起こってしまいます。

 

体の中に入ったアレルゲンは、さらに肥満細胞や好塩基球からケミカルメディエーターと呼ばれる物質を放出させます。ケミカルメディエーターの代表例は、ヒスタミン、ロイコトリエン、トロンボキサンでこれらが平滑筋収縮や、血管透過性の亢進を起こします。

 

 

その結果、皮膚(あかみ、かゆみなど)、消化器(腹痛、嘔吐など)、呼吸器(くしゃみ、せき、息苦しさなど)、粘膜(目のかゆみ、口が腫れるなど)などの症状が出てきます。中でも、アナフィラキシーショックと呼ばれるショック状態になると、血圧が低下したり、意識状態が悪くなりますので、とても危険です。

 

 

これらの症状が起こると、アレルギーやアナフィラキシーで使われる注射薬、エピペン、サクシゾン、ポララミン、ネオフィリン、イノバンでまとめているような薬を使って対処していくことになります。

 

特定原材料

食品のビニール包装の裏側を見てみると、「卵」などと原材料が表示されているかと思います。アレルゲンとなる食品を食べてしまうと、アレルギーを起こしてしまう可能性があるため、アレルギー物質を含む食品の表示が食品衛生法によって規定されています。対象となる食品は容器包装された加工食品や添加物となり、多くの表示対象品目があります。

 

中でも症例数が多かったり、重篤なアレルギーを引き起こすものを特定原材料と呼び、卵、乳、小麦、そば、落花生、えび、かになどがあります。これらの食品は表示が必ず義務付けられていて、キャリーオーバーなどの場合でも必ず表示をしなければなりません。

 

 

特定原材料にまではいかないものの、過去に一定頻度で起こったものを、「特定原材料に準ずるもの」と呼び、あわび、いか、いくら、オレンジ、カシューナッツ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、ごま、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン、アーモンドなどがあります。特定原材料に準ずるものは表示は義務ではなく、任意表示となっています。

 

まとめ

  • 食物アレルギーはアレルゲンとなる食品を取り込むことで起こる可能性がある。
  • 特定原材料の表示が食品衛生法で義務付けられている。

Sponsored Link

食物アレルギー、特定原材料の表示義務について 関連ページ

糖質の消化、吸収、代謝
多糖類のままではエネルギー源として利用されず、消化、吸収され単糖類になる必要があります。糖質の代謝には解糖系やクエン酸回路などがあり、エネルギー源を生み出します。グリコーゲンは貯金として貯められ、空腹時にグルコースに戻され血糖になります。
脂質の消化、吸収、代謝
中性脂肪(TG)やコレステロールなどの脂質は脂肪酸からできます。中性脂肪(TG)は貯蔵脂肪として働きます。太りすぎるとアディポネクチンの分泌が抑えられ、動脈硬化が進む恐れがあります。
タンパク質の消化、吸収、代謝
アミノ酸のうち、ケト原性アミノ酸のみの性質を示すのは、ロイシンとリシンです。空腹時には、タンパク質が分解され、グルコース・アラニン回路が働き、グルコースが作られます。生じたアンモニアは尿素回路で尿素に変換されます。
ビタミンの作用と欠乏症、過剰症
ビタミンには水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンがあり、腸内細菌が合成するものもあります。ビタミンの作用と欠乏症、過剰症についてまとめています。
ミネラルの作用と欠乏症
ミネラルには必須元素や必須微量元素があります。必須元素や必須微量元素などのミネラルは生理機能などに重要です。
タンパク質の評価法、生物価、正味タンパク質利用効率、アミノ酸スコアの計算
タンパク質の評価する方法には、生物価、正味タンパク質利用効率、アミノ酸スコアなどがあります。生物価、正味タンパク質利用効率、アミノ酸スコアの計算方法をまとめています。
エネルギーの収支。Atwater係数、呼吸商、窒素係数、食事誘発性熱産生、基礎代謝量
エネルギーの収支に関わるものには、Atwater係数、呼吸商、窒素係数、食事誘発性熱産生、基礎代謝量などがあります。肥満を改善するにはエネルギーの収支が重要です。
推定平均必要量、推奨量、目安量、耐容上限量、目標量、推定エネルギー必要量のまとめ
栄養素の過不足の指標には、推定平均必要量、推奨量、目安量、耐容上限量、目標量などがあります。エネルギーの過不足の指標には推定エネルギー必要量があります。
食品の腐敗は温度、pH、水分活性が原因
腐敗はタンパク質が微生物の増殖により変質を起こすことを言います。腐敗を防ぐためには、温度、pH、水分活性が原因となるため、これらを意識して保存することが大事。
脂質の変敗、酸価、ヨウ素価、過酸化物価、チオバルビツール酸試験値、カルボニル価の覚え方
変敗は脂質の変質のことを言います。不飽和脂肪酸の酸化の流れを抑えることで酸価、ヨウ素価、過酸化物価、チオバルビツール酸試験値、カルボニル価がどのようになるのかを覚えることができます。
食品の変色と発がん性物質、メイラード反応などのまとめ
酵素的褐変現象はメラニンができます。非酵素的褐変現象はメラノイジンができ、メイラード反応が有名です。食品由来の発がん性物質にはヘテロサイクリックアミンやニトロソアミンがあります。
食品添加物、保存料、防かび剤、殺菌料、酸化防止剤、発色剤、色調調整剤、着色料、甘味料の覚え方
食品添加物は食品の製造の過程において又は食品の加工もしくは保存の目的で、食品に使用するものです。食品添加物には、保存料、防かび剤、殺菌料、酸化防止剤、発色剤、色調調整剤、着色料、甘味料などがあります。
特定保健用食品(トクホ)とは?特別用途食品と保健機能食品との位置づけ
食品は特別用途食品、保健機能食品、一般食品に大きく分けられます。特定保健用食品、いわゆるトクホとは、健康の維持増進に役立つことが科学的根拠に基づいて認められ、「コレステロールの吸収を抑える」など表示が許可されている食品です。

 
HOME プロフィール お問い合わせ