ビタミンAの働き、多く含む食品、薬との併用のまとめ

Sponsored Link

ビタミンAの働き、多く含む食品、薬との併用のまとめ

現在、健康に関心を持つ人が多くなってきていることや、テレビや雑誌などで多くの健康食品やサプリメントを取り上げる機会が増えています。そのため、患者さんがサプリメントや健康食品を服用している可能性があり、薬剤師は相談を受けることがあります。このカテゴリーでは、健康食品やサプリメントを見ていきます。

 

 

今回はそのうちビタミンAについて見ていきます。ビタミンの総論については、別ページビタミンの作用と欠乏症、過剰症でもまとめているので参考にしてください。

 

ビタミンA

最初に発見された脂溶性ビタミンはビタミンAで、動物の肝臓に多く含まれています。ビタミンAは視覚機能や細胞増殖に関わる働きを持っています。

 

ビタミンAには動物性由来と植物性由来の二種類があります。

 

  • 動物性由来;ビタミンA(レチノール)
  • 植物性由来;プロビタミンA(β-カロテンなど)

 

動物性由来のものは約90%が体内へ吸収されると言われています。

 

プロビタミンAは体内に吸収された後、ビタミンAに変化します。プロビタミンAは必要量だけビタミンAに代わるため、過剰摂取の心配は少ないとされています。植物性由来のものは約16%が吸収され、その後約50%がレチノールに変換されるため、摂取量の約8%が作用すると考えられています。

 

 

ビタミンAの働き

ビタミンAの働きには以下のようなものがあります。

 

  • 眼の機能調整
  • 種々の細胞の増殖・分化の制御
  • 活性酵素の消去

 

Sponsored Link

Sponsored Link


 

眼の機能調整

ビタミンAは眼において網膜で光を感じる視覚色素であるロドプシンの生成に関わります。ビタミンAが不足するとロドプシンを作ることが難しくなります。明るい場所から、急に暗い場所に入った時に、最初は見えないかと思いますが、次第に目が慣れて暗闇でもある程度見えてくるかと思います。これを暗順応と呼びますが、ビタミンAが不足するとロドプシンが作られなくなるので、暗順応がしにくくなります。さらに進行すると夜盲症へとなっていきます。

 

 

種々の細胞の増殖・分化の制御

ビタミンAは各種粘膜組織の増殖や分化に関わるため、以下のような影響を与える可能性があります。

 

  • 眼;結膜が広範囲に侵されて涙腺の排出口が閉鎖するため涙の分泌が減少し結膜が乾燥することがある
  • 舌;味蕾が角質化し味覚異常を起こすことがある
  • 呼吸器;粘膜細胞の角質化が起こり、風邪にかかりやすくなることがある
  • 免疫細胞;リンパ球などの増殖が低下し感染症に対する抵抗性が弱くなることがある
  • 生殖器;妊婦の場合は各組織細胞の生育が障害されて、胎児の発生異常が起こることがある
  • 皮膚;皮膚の角質化が起こり、肌が乾燥する乾皮症やニキビが起こることがある

 

活性酵素の消去

活性酸素は酸化させる作用が強く、細胞を酸化させます。細胞やDNAが酸化されると、老化やがんなどの原因となる可能性があります。活性酸素は酸素を吸えば生じ、普通に生活しているだけでも産生されます。

 

ビタミンAは活性酸素を消去する作用があります。

 

ビタミンAの過剰症

ビタミンAは過剰摂取すると肝臓に蓄積し、身体に有害性を示すことがあります。

 

  • 短期間に過剰摂取;吐き気、頭痛、脳脊髄液の上昇、めまい、眼のかすみ、筋肉協調運動障害
  • 長期間に過剰摂取;中枢神経系への影響、肝臓の異常、骨や皮膚の変化

 

このほかにも小児では頭蓋内や骨格に異常をきたしたり、妊婦では胎児に奇形を起こす可能性が高くなると言われています。

 

ビタミンAを多く含む食品

  • 動物性;鶏や豚のレバー、あんこうの肝、ウナギの蒲焼
  • 植物性;にんじん、ほうれんそう、モロヘイヤ、かぼちゃ、春菊

 

ビタミンAは動物性でも植物性でも摂取できますが、先ほど説明したように植物性は必要量がビタミンAに変換されるため過剰症をおこしにくいです。よって緑黄色野菜を積極的にとることが推奨されます。

 

β-カロテンは、油と一緒に調理をすると効率よく吸収できると言われているため、野菜サラダにはドレッシングやマヨネーズをかけたり、ほうれんそうやにんじんは油炒めにすると効率的に吸収することができます。

 

 

ビタミンAと薬の相互作用

ビタミンAと相互作用を起こす代表的な薬には以下のようなものがあります。

 

  • チガソン(エトレチナート);ビタミンA過剰症と同様の副作用を起こす可能性
  • ベサノイド(トレチノイン);ビタミンA過剰症と同様の副作用を起こす可能性
  • アムノレイク(タミバロテン);ビタミンA過剰症と同様の副作用を起こす可能性
  • タルグレチン(ベキサロテン;ビタミンA過剰症と同様の副作用を起こす可能性
  • タキソール(パクリタキセル);ビタミンAがパクリタキセルの代謝酵素であるCYPを阻害し、パクリタキセルの血中濃度が上がるおそれ
  • コレバイン(コレスチミド);脂溶性ビタミンの吸収阻害
  • クエストラン(コレスチラミン);脂溶性ビタミンの吸収阻害
  • フォスブロック、レナジェル(セベラマー);脂溶性ビタミンの吸収阻害

 

 

まとめ

  • ビタミンAは視覚機能や細胞増殖に関わる働きを持っている
  • β-カロテンは油と一緒に調理をすると効率よく吸収できる
  • ビタミンAと併用禁忌の薬には、チガソン(エトレチナート)、ベサノイド(トレチノイン)、アムノレイク(タミバロテン)、タルグレチン(ベキサロテン)などがある。

Sponsored Link

ビタミンAの働き、多く含む食品、薬との併用のまとめ 関連ページ

ビタミンDの働き、多く含む食品、薬との併用のまとめ
ビタミンDは、骨に対する作用や細胞増殖に関わります。ビタミンDは油と一緒に摂取すると吸収が高まります。ビタミンDはジゴシン(ジゴキシン)と併用すると、血中濃度が高まるおそれがあります。

 
HOME プロフィール お問い合わせ