パントテン酸の働き、多く含む食品、薬との併用のまとめ

Sponsored Link

パントテン酸の働き、多く含む食品、薬との併用のまとめ

前回のナイアシンの働き、多く含む食品、薬との併用のまとめでは、ナイアシンについて見ました。今回はパントテン酸について見ていきたいと思います。

 

 

パントテン酸

パントテン酸は色々な食品に含まれていて、その名前の由来はギリシャ語の「いたるところにある」という言葉だそうです。

 

食品中のパントテン酸の多くは、コエンザイムAやパントテン酸誘導体として、タンパク質にくっついた状態で存在します。そして、調理や胃酸により遊離型のパンテテインとなり、酵素によってパントテン酸に消化されて吸収されます。

 

パントテン酸は補酵素のコエンザイムAの構成成分として主に関わります。コエンザイムAは糖質、脂質、タンパク質の代謝調節を助けて、エネルギーを作り出すサポートをしています。

 

  • 糖質;TCA回路でのアセチル基転移反応
  • 脂質;β-酸化、リン脂質や脂肪酸の合成でのアシル基転移
  • タンパク質;アセチル化、アルキル化

 

名前の由来のようにパントテン酸は色々な食品に含まれていて、腸内細菌の働きにより体内で作り出すこともできます。そのため欠乏症を起こすことはまれですが、欠乏すると食欲不振、手足のしびれ、皮膚炎などが起こると言われています。

 

その他にも毛髪にも関わるとされていて、有名なのはパンテー〇ですね。パンテー〇の名前の由来は、パントテン酸の誘導体のパンテノールだそうです。ちなみに私はパンテー〇の香りが好きです(笑)

 

パントテン酸の過剰症

パントテン酸の過剰症は現在のところ特にないとされています。

 

パントテン酸を多く含む食品

以下の食品はパントテン酸を多く含むと言われています。

 

  • 動物性;牛豚鶏の肝臓、うなぎ、べにざけ、いわし
  • 植物性;ひきわり納豆、しめじ、ひらたけ、モロヘイヤ、アボカド

 

パントテン酸と薬の相互作用

パントテン酸と薬の相互作用の代表例には以下のようなものがあります。

 

  • ベネシッド(プロベネシド);パントテン酸の尿細管分泌を阻害し排泄を低下させ、半減期延長やAUC増大のおそれ

 

まとめ

  • パントテン酸は食品中ではタンパク質に結合した状態で存在し、調理や胃酸により遊離型のパンテテインとなり、その後酵素によりパントテン酸に消化されて吸収される
  • パントテン酸はコエンザイムAの構成成分として関わり、糖質、脂質、タンパク質の代謝調節を助ける。
  • パントテン酸とベネシッド(プロベネシド)は、パントテン酸の尿細管分泌を阻害し排泄を低下させ、半減期延長やAUC増大のさせる相互作用を起こすことがある。

Sponsored Link

パントテン酸の働き、多く含む食品、薬との併用のまとめ 関連ページ

ビタミンAの働き、多く含む食品、薬との併用のまとめ
ビタミンAは視覚機能や細胞増殖に関わる働きを持ちます。β-カロテンは油と一緒に調理をすると効率よく吸収できます。ビタミンAと併用禁忌の薬には、チガソン(エトレチナート)、ベサノイド(トレチノイン)、アムノレイク(タミバロテン)、タルグレチン(ベキサロテン)などがあります。
ビタミンDの働き、多く含む食品、薬との併用のまとめ
ビタミンDは、骨に対する作用や細胞増殖に関わります。ビタミンDは油と一緒に摂取すると吸収が高まります。ビタミンDはジゴシン(ジゴキシン)と併用すると、血中濃度が高まるおそれがあります。
ビタミンEの働き、多く含む食品、薬との併用のまとめ
ビタミンEの働きには、生体膜の安定化、活性酸素の消去などがあります。ビタミンEは過剰症も欠乏症も比較的起こりにくく、薬の相互作用には、コレバイン(コレスチミド)、クエストラン(コレスチラミン)、フォスブロック、レナジェル(セベラマー)があります。
ビタミンKの働き、多く含む食品、薬との併用のまとめ
ビタミンKの働きには血液凝固作用、骨形成促進作用があります。ビタミンKと薬の相互作用には、ワーファリン(ワルファリンカリウム)、コレバイン(コレスチラミン)、フォスブロック、レナジェル(セベラマー)、ジャクスタピッド(ロミタピド)などがあります。
ビタミンB1の働き、多く含む食品、薬との併用のまとめ
ビタミンB1の働きには、糖代謝の促進、神経機能の正常化があります。ビタミンB1は熱に弱く、水に溶けやすいため、アリシンを含む食品と摂取することでアリチアミンとなり吸収を高められます。
ビタミンB2の働き、多く含む食品、薬との併用のまとめ
ビタミンB2の働きは代謝促進、発育促進がある。そのため欠乏すると口唇炎などの症状が出ることがあります。ビタミンB2は熱や酸には強いですが、アルカリや光に不安定なので、冷暗所に食品を保存するとよいです。
ビタミンB6の働き、多く含む食品、薬との併用のまとめ
ビタミンB6の働きは神経伝達物質の合成、ヘモグロビンの合成、コレステロールの代謝、アミノ酸の代謝などに関わります。ビタミンB6はレボドパの脱炭酸化を促進して、レボドパの作用を減弱させるため薬の相互作用に注意が必要です。
ビタミンB12の働き、多く含む食品、薬との併用のまとめ
ビタミンB12の代表例であるメチルコバラミンは葉酸と共にDNAの構成成分の1つであるチミンの合成に関わり、赤血球や神経機能の維持に関わる。ビタミンB12は動物性食品に多く含まれる
ナイアシンの働き、多く含む食品、薬との併用のまとめ
ナイアシンとはニコチン酸とニコチンアミドの総称で体内ではNADやNADPとして存在し、酸化還元反応の補酵素として働きます。アマリール(グリメピリド)、メトグルコ(メトホルミン)などの血糖降下薬と相互作用を起こすことがあります。

 
HOME プロフィール お問い合わせ