ビタミンDの働き、多く含む食品、薬との併用のまとめ

ビタミンDの働き、多く含む食品、薬との併用のまとめ

ビタミンDは、骨に対する作用や細胞増殖に関わります。ビタミンDは油と一緒に摂取すると吸収が高まります。ビタミンDはジゴシン(ジゴキシン)と併用すると、血中濃度が高まるおそれがあります。

Sponsored Link

ビタミンDの働き、多く含む食品、薬との併用のまとめ

前回のビタミンAの働き、多く含む食品、薬との併用のまとめでは、ビタミンAについて見ました。今回はビタミンDについて見ていきたいと思います。

 

 

ビタミンD

ビタミンDには植物性由来のものと動物性食品由来のものがあり、それぞれにビタミンDとその前駆物質であるプロビタミンDがあります。

 

  • 植物性;プロビタミンD2(エルゴステロール)、ビタミンD2(エルゴカルシフェロール)
  • 動物性;プロビタミンD3(7-デヒドロコレステロール)、ビタミンD3(コレカルシフェロール)

 

ビタミンDは他のビタミンと異なり、日光の照射を受けて皮膚で合成することができます。しかし、日光の照射により皮膚で合成されたビタミンDは、ビタミンDとしての作用をまだ持ちません。

 

 

肝臓と腎臓で行われる変換により、体内で利用できる活性型ビタミンDとなり生理作用を示します。この時活性型ビタミンD2、活性型ビタミンD3いずれも同等の生理活性を示します。そのためこれらを総称してビタミンDと呼ばれることが多いです。

 

Sponsored Link

Sponsored Link

 

ビタミンDの働き

ビタミンDには以下のような働きがあります。

 

  • 骨に対する作用
  • 細胞増殖に対する作用

 

骨に対する作用

ビタミンDは小腸のカルシウム吸収促進作用や、腎臓のカルシウム再吸収促進作用などによって血中カルシウム濃度が高まります。その結果、骨へのカルシウム沈着を促進します。

 

骨は古い骨を壊したりする破骨細胞と、骨を作る骨芽細胞がうまくバランスを保って維持されています。ビタミンDは破骨細胞を骨に近づけないようにすることで骨破壊を抑制する働きがあります。

 

 

しかし、ビタミンDが不足すると小腸のカルシウム吸収が低下して、血中のカルシウム濃度が低下します。それによって、くる病や骨粗鬆症などが起きたりします。

 

細胞増殖に対する作用

ビタミンDは細胞の異常な増殖を抑制して、正常細胞への分化を誘導したりすると言われていて、一部外用薬ではビタミンD3誘導体が入っていることもあります。

 

しかし、サプリメントで外用薬と同じような効果を得ることは難しいと考えられています。

 

ビタミンDの過剰症

ビタミンDを過剰に摂取すると、高カルシウム血症が起こることがあります。高カルシウム血症の症状としては、食欲不振、嘔吐、体重減少、多尿などがあります。

 

ビタミンDを多く含む食品

  • 動物性;アンコウ(肝)、サケ、ニシン、ヒラメ
  • 植物性;きくらげ、まいたけ、しいたけ

 

 

ビラミンDは油と一緒に摂取すると吸収が高まると言われているため、これらの食品を油で揚げたり炒めたりすることで吸収が高まります。

 

ビタミンDと薬の相互作用

ビタミンDと薬の相互作用の代表例には以下のようなものがあります。

 

  • アルファロール(アルファカルシドール);高カルシウム血症のおそれ
  • ロカルトロール(カルシトリオール);高カルシウム血症のおそれ
  • エディロール(エルデカルシトール);高カルシウム血症のおそれ
  • アスパラCA(L-アスパラギン酸Ca);高カルシウム血症のおそれ
  • ジゴシン(ジゴキシン);ジギタリス中毒のおそれ
  • コレバイン(コレスチミド);脂溶性ビタミンの吸収阻害
  • クエストラン(コレスチラミン);脂溶性ビタミンの吸収阻害
  • フォスブロック、レナジェル(セベラマー);脂溶性ビタミンの吸収阻害

 

まとめ

  • ビタミンDは、骨に対する作用などがある。
  • ビタミンDは油と一緒に摂取すると吸収が高まる。

就職や転職でお悩みの方はコチラ!私はここで年収120万円上がりました

Sponsored Link