遺伝子組み換え食品の安全性と表示義務

Sponsored Link

遺伝子組み換え食品の安全性と表示義務

食品添加物と共に、遺伝子組み換え食品を気にする人がいます。では遺伝子組み換え食品とはなんなのでしょうか?今回は遺伝子組み換え食品について見ていきたいと思います。

 

 

遺伝子組み換え食品

遺伝子組み換え食品とは、ある生物の有用な遺伝子を植物に組み込んだ農作物や加工食品のことを言います。例えば、非常にデリケートな植物があったとします。この植物を育てようと思い植えましたが、まわりに雑草が生えてきました。小規模ならば手作業でいいかもしれませんが、大規模となるとそうもいきません。面倒なので除草剤をまきました。すると、雑草とともに育てようと思っていたデリケートな植物も枯れてしまいました。

 

 

こういった時に出てくるのが遺伝子組み換え食品です。除草剤に強い遺伝子を持ってきて、それをこのデリケートな植物に組み込んでやります。そうすると除草剤に強い植物ができます。除草剤に強い植物以外にも、害虫に強かったり、栄養素を増やしたり、様々な遺伝子組み換え食品があります。また遺伝子組み換え食品の代表例には、大豆、じゃがいも、トウモロコシなどがあります。

 

色々なメリットを与えてくれる遺伝子組み換え食品ですが、ここで遺伝子を組み換えて、安全性はどうなのか?という疑問が出てきます。

 

Sponsored Link

Sponsored Link


 

遺伝子組み換え食品の安全性評価

遺伝子組み換え食品は食品衛生法に基づいて食品安全委員会により安全性が審査されています。審査の内容としては、組み込む遺伝子と、組み込む遺伝子によりできるタンパク質などがあります。

 

 

遺伝子組み換え食品の安全性の基準は各国によって違うため、もし輸出国で安全と判断されていても、日本で安全と判断されなければ輸入が禁止となっています。

 

遺伝子組み換え食品の表示義務

お菓子の袋の裏側などを見ると原材料が書いてあるかと思いますが、例えば

 

  • トウモロコシ(遺伝子組み換えでない)

 

などと記載があるかと思います。この表示は以下のようなルールとなっています。

 

  • 遺伝子組み換え;表示義務。遺伝子組み換え食品を使っている。
  • 遺伝子組み換え不分別;表示義務。遺伝子組み換え食品を使っている可能性がある。
  • 遺伝子組み換え組み換えでない;任意表示。非遺伝子組み換え食品を使っている。

 

要するに遺伝子組み換え食品を使っているかどうかわからないものは表示義務ということになり、これが大原則となりますが免除されるケースがあります。それは、

 

  • 組み込んだ遺伝子やタンパク質が食品中から除去されているもの
  • 主な原材料となっていないもの
  • 遺伝子組み換え食品を飼料として育てた家畜などの畜産物

 

こう見てみると表示されていないだけで、知らず知らずのうちに私たちは遺伝子組み換え食品を摂取していることがわかると思います(笑)

 

まとめ

  • 遺伝子組み換え食品とは、ある生物の有用な遺伝子を植物に組み込んだ農作物や加工食品のこと
  • 遺伝子組み換え食品の安全性評価は、組み込む遺伝子や、それによりできるタンパク質などが対象となる
  • 遺伝子組み換え食品を使っているかどうかわからないものは表示義務だが、免除されるケースもあるため要注意。

Sponsored Link

遺伝子組み換え食品の安全性と表示義務 関連ページ

糖質の消化、吸収、代謝
多糖類のままではエネルギー源として利用されず、消化、吸収され単糖類になる必要があります。糖質の代謝には解糖系やクエン酸回路などがあり、エネルギー源を生み出します。グリコーゲンは貯金として貯められ、空腹時にグルコースに戻され血糖になります。
脂質の消化、吸収、代謝
中性脂肪(TG)やコレステロールなどの脂質は脂肪酸からできます。中性脂肪(TG)は貯蔵脂肪として働きます。太りすぎるとアディポネクチンの分泌が抑えられ、動脈硬化が進む恐れがあります。
タンパク質の消化、吸収、代謝
アミノ酸のうち、ケト原性アミノ酸のみの性質を示すのは、ロイシンとリシンです。空腹時には、タンパク質が分解され、グルコース・アラニン回路が働き、グルコースが作られます。生じたアンモニアは尿素回路で尿素に変換されます。
ビタミンの作用と欠乏症、過剰症
ビタミンには水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンがあり、腸内細菌が合成するものもあります。ビタミンの作用と欠乏症、過剰症についてまとめています。
ミネラルの作用と欠乏症
ミネラルには必須元素や必須微量元素があります。必須元素や必須微量元素などのミネラルは生理機能などに重要です。
タンパク質の評価法、生物価、正味タンパク質利用効率、アミノ酸スコアの計算
タンパク質の評価する方法には、生物価、正味タンパク質利用効率、アミノ酸スコアなどがあります。生物価、正味タンパク質利用効率、アミノ酸スコアの計算方法をまとめています。
エネルギーの収支。Atwater係数、呼吸商、窒素係数、食事誘発性熱産生、基礎代謝量
エネルギーの収支に関わるものには、Atwater係数、呼吸商、窒素係数、食事誘発性熱産生、基礎代謝量などがあります。肥満を改善するにはエネルギーの収支が重要です。
推定平均必要量、推奨量、目安量、耐容上限量、目標量、推定エネルギー必要量のまとめ
栄養素の過不足の指標には、推定平均必要量、推奨量、目安量、耐容上限量、目標量などがあります。エネルギーの過不足の指標には推定エネルギー必要量があります。
食品の腐敗は温度、pH、水分活性が原因
腐敗はタンパク質が微生物の増殖により変質を起こすことを言います。腐敗を防ぐためには、温度、pH、水分活性が原因となるため、これらを意識して保存することが大事。
脂質の変敗、酸価、ヨウ素価、過酸化物価、チオバルビツール酸試験値、カルボニル価の覚え方
変敗は脂質の変質のことを言います。不飽和脂肪酸の酸化の流れを抑えることで酸価、ヨウ素価、過酸化物価、チオバルビツール酸試験値、カルボニル価がどのようになるのかを覚えることができます。
食品の変色と発がん性物質、メイラード反応などのまとめ
酵素的褐変現象はメラニンができます。非酵素的褐変現象はメラノイジンができ、メイラード反応が有名です。食品由来の発がん性物質にはヘテロサイクリックアミンやニトロソアミンがあります。
食品添加物、保存料、防かび剤、殺菌料、酸化防止剤、発色剤、色調調整剤、着色料、甘味料の覚え方
食品添加物は食品の製造の過程において又は食品の加工もしくは保存の目的で、食品に使用するものです。食品添加物には、保存料、防かび剤、殺菌料、酸化防止剤、発色剤、色調調整剤、着色料、甘味料などがあります。
特定保健用食品(トクホ)とは?特別用途食品と保健機能食品との位置づけ
食品は特別用途食品、保健機能食品、一般食品に大きく分けられます。特定保健用食品、いわゆるトクホとは、健康の維持増進に役立つことが科学的根拠に基づいて認められ、「コレステロールの吸収を抑える」など表示が許可されている食品です。
食物アレルギー、特定原材料の表示義務について
食物アレルギーはアレルゲンとなる食品を取り込むことで起こる可能性があります。中でも症例数が多かったり、重篤なアレルギーを起こすものを特定原材料と呼びます。特定原材料の表示が食品衛生法で義務付けられています。

 
HOME プロフィール お問い合わせ