推定平均必要量、推奨量、目安量、耐容上限量、目標量、推定エネルギー必要量のまとめ

Sponsored Link

推定平均必要量、推奨量、目安量、耐容上限量、目標量、推定エネルギー必要量のまとめ

今まで様々な栄養素をみてきましたが、栄養素は不足があっても、過剰があっても良くなく、望ましい摂取量が存在します。しかし、望ましい摂取量は個人によって異なるため、それぞれ個人の必要な摂取量を知ることはなかなかに難しいです。よって、ある程度統計的な考え方が必要となってきます。今回は栄養素の過不足について見ていきたいと思います。

 

 

栄養素の過不足

栄養素の過不足についての指標には以下のようなものがあります。

 

  • 推定平均必要量;ある集団の属する人々の50%が必要量を満たすと推定される摂取量
  • 推奨量;ある集団の属する人々の97〜98%が必要量を満たすと推定される摂取量
  • 目安量;ある集団の属する人々が良好な栄養状態を維持するのに十分な量と推定される摂取量
  • 耐容上限量;ある集団の属するほとんどの人が過剰摂取による健康被害が起こらないと推定される摂取量
  • 目標量;生活習慣病の一次予防のために目標とすべき摂取量

 

これらを図式化すると以下のイメージとなります。

 

 

この図からわかるように、栄養素の摂取不足に関する項目は推定平均必要量、推奨量、目安量です。推定平均必要量だけだと十分な活用ができないため、推奨量が存在します。さらに推定平均必要量と推奨量が設定できない栄養素については目安量が存在しています。

 

次に栄養素の過剰摂取に関する項目は耐容上限量です。

 

最後にどちらにも属さない目標量があります。例えば食物繊維などは摂取量の増加を目指して欲しいものですが、ナトリウムなどは摂取量の減少を目指しています。なお目標量についてはここには図示できません。なぜなら先ほどの例のように摂取して欲しいものは「〜g以上」、摂取して欲しくないものは「〜g以下」と2つ混ざってしまうからです。

 

耐容上限量は大丈夫かと思いますが、推奨量、目安量、目標量の言葉でひっかけてくるので、しっかり図とともに抑えましょう。

 

Sponsored Link

Sponsored Link


 

推定エネルギー必要量

先ほどの栄養素の過不足とは別枠で、存在するのが推定エネルギー必要量です。前回のエネルギーの収支。Atwater係数、呼吸商、窒素係数、食事誘発性熱産生、基礎代謝量でも見たように、エネルギーの取り過ぎは肥満の原因になりますし、エネルギーの不足はやせの原因となります。そのため、エネルギーの収支が釣り合っていることが理想的なエネルギー摂取の状態であると言えます。

 

 

推定エネルギー必要量は

 

推定エネルギー必要量=基礎代謝量×身体活動レベル

 

とあらわされます。基礎代謝量は前回やったのでいいと思いますが、身体活動レベルはまだですね。身体活動レベルはその名の通り、生活での運動レベルなどによって決まる指標で全部です。例えば、寝たきりの人と、重労働している人では身体活動レベルが全然違うわけです。これらを補正するために身体活動レベルを掛け合わせ推定エネルギー必要量を求めます。

 

なお身体活動レベルを推定する指標にはメッツ値というものがあります。メッツ値は安静時と比べてどれくらい運動しているのかということから求めます。

 

まとめ

  • 栄養素の過不足の指標には、推定平均必要量、推奨量、目安量、耐容上限量、目標量などがある。
  • エネルギーの過不足の指標には推定エネルギー必要量がある。

Sponsored Link

推定平均必要量、推奨量、目安量、耐容上限量、目標量、推定エネルギー必要量のまとめ 関連ページ

糖質の消化、吸収、代謝
多糖類のままではエネルギー源として利用されず、消化、吸収され単糖類になる必要があります。糖質の代謝には解糖系やクエン酸回路などがあり、エネルギー源を生み出します。グリコーゲンは貯金として貯められ、空腹時にグルコースに戻され血糖になります。
脂質の消化、吸収、代謝
中性脂肪(TG)やコレステロールなどの脂質は脂肪酸からできます。中性脂肪(TG)は貯蔵脂肪として働きます。太りすぎるとアディポネクチンの分泌が抑えられ、動脈硬化が進む恐れがあります。
タンパク質の消化、吸収、代謝
アミノ酸のうち、ケト原性アミノ酸のみの性質を示すのは、ロイシンとリシンです。空腹時には、タンパク質が分解され、グルコース・アラニン回路が働き、グルコースが作られます。生じたアンモニアは尿素回路で尿素に変換されます。
ビタミンの作用と欠乏症、過剰症
ビタミンには水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンがあり、腸内細菌が合成するものもあります。ビタミンの作用と欠乏症、過剰症についてまとめています。
ミネラルの作用と欠乏症
ミネラルには必須元素や必須微量元素があります。必須元素や必須微量元素などのミネラルは生理機能などに重要です。
タンパク質の評価法、生物価、正味タンパク質利用効率、アミノ酸スコアの計算
タンパク質の評価する方法には、生物価、正味タンパク質利用効率、アミノ酸スコアなどがあります。生物価、正味タンパク質利用効率、アミノ酸スコアの計算方法をまとめています。
エネルギーの収支。Atwater係数、呼吸商、窒素係数、食事誘発性熱産生、基礎代謝量
エネルギーの収支に関わるものには、Atwater係数、呼吸商、窒素係数、食事誘発性熱産生、基礎代謝量などがあります。肥満を改善するにはエネルギーの収支が重要です。
食品の腐敗は温度、pH、水分活性が原因
腐敗はタンパク質が微生物の増殖により変質を起こすことを言います。腐敗を防ぐためには、温度、pH、水分活性が原因となるため、これらを意識して保存することが大事。
脂質の変敗、酸価、ヨウ素価、過酸化物価、チオバルビツール酸試験値、カルボニル価の覚え方
変敗は脂質の変質のことを言います。不飽和脂肪酸の酸化の流れを抑えることで酸価、ヨウ素価、過酸化物価、チオバルビツール酸試験値、カルボニル価がどのようになるのかを覚えることができます。

 
HOME プロフィール お問い合わせ