重金属と健康障害の事件や歴史

Sponsored Link

重金属と健康障害の事件や歴史

前回の代表的なカビとマイコトキシンの症状では、マイコトキシンについて見ました。今回は重金属による健康障害を事件とともに見ていきたいと思います。事件はおそらく小学校や中学校の社会や国語?などで学習したことがあると思います。

 

 

重金属に関わる事件

過去に事件となった重金属の代表例には以下のようなものがあります。

 

  • ヒ素
  • カドミウム
  • メチル水銀
  • ダイオキシン類

 

Sponsored Link

Sponsored Link


 

ヒ素
概要

ヒ素ミルク事件が起こり、食品添加物や食品の安全性に関わる大事件でした。この事件がきっかけとなり食品添加物公定書が作られました。

 

詳細

1955年、森永の粉ミルクに製造工程で触媒として用いた亜ヒ酸が混ざってしまいました。そしてこの粉ミルクを飲んだ多くの乳幼児に死亡者や被害者が出てしまいました。症状は、脳性麻痺、知的発達障害、てんかんなどの症状でした。

 

この事件をきっかけに、食品への安全性が問われて食品添加物公定書が作られました。食品添加物公定書とは、食品添加物の成分の規格や製造基準、品質確保の方法などを定めたものです。

 

 

カドミウム
概要

カドミウムが神通川に排出され、水田を汚染しました。汚染水が使われて育った農作物を知らずに摂取してしまい、イタイイタイ病が起こりました。

 

詳細

1955年、岐阜県にある三井金属工業神岡事業所が廃水していた水にカドミウムが含まれていました。この廃水は神通川という川に流れ込み、下流の水田にも流れ込んでしまいました。カドミウムが含まれた水が米や野菜などに蓄積されてしまい、それを摂取してしまうことでイタイイタイ病が起こりました。

 

症状としては腎障害が起こりカルシウムの再吸収の障害、筋力の低下などが起こります。病名にもあるように患者が「痛い痛い」と泣き叫び、わずかな力で骨折してしまったそうです。

 

メチル水銀
概要

メチル水銀が水俣湾に排出され、生体濃縮された魚介類を知らずに摂取してしまいました。その結果水俣病が起きてしまいました。

 

詳細

1956年、熊本県水俣市にあるチッソ水俣工場はアセトアルデヒドなどを作っていました。このアセトアルデヒドを作る際に使っていた触媒にメチル水銀が含まれていました。メチル水銀を含む排水を無処理で水俣湾に流していたため、水俣湾の魚介類で生体濃縮が起こりました。メチル水銀が生体濃縮してしまった魚介類をさらに人が食べてしまい水俣病が起こりました。

 

症状は四肢の感覚障害、運動失調、聴力障碍、言語障害などをはじめとする中枢神経障害で、有機水銀を使う労働者に見られた中毒症状と一致することが多いためハンター・ラッセル症候群とも呼ばれました。

 

なおメチル水銀は胎盤への移行性も高く、妊婦が摂取した場合胎児にも同様な症状を持つ子供が産まれることがありました。

 

メチル水銀に関わる事件は水俣病だけでなく、第二水俣病と呼ばれる事件も起きています。こちらは1965年に新潟県で起こりました。

 

 

ダイオキシン類
概要

ポリ塩化ビフェニルが誤って米ぬか油に混入してしまい、さらに過熱されダイオキシン類となってしまいました。それを知らずに摂取してしまいカネミ油症が起こりました。カネミ油症をきっかけに、化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律(化審法)が作られました。

 

詳細

1968年、北九州市のカネミ倉庫が作った米ぬか油に、脱臭のために使うPCB(ポリ塩化ビフェニル)が改修工事ミスで混入してしまいました。PCBが混ざった米ぬか油は加熱され、ダイオキシン類となってしまいました。その米ぬか油を摂取してしまったことによりカネミ油症が起こりました。

 

症状としては皮膚などへの色素沈着、塩素ざ瘡などでした。

 

カネミ油症をきっかけに化学物質への安全性への問いかけが起こり、化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律(化審法)が作られました。化審法とは、新規化学物質を製造又は輸入を行うにあたって、人への有害などについて事前に審査するとともに、環境を経由して人の健康を損なうおそれがある化学物質の製造、輸入および使用を規制するものです。

 

まとめ

  • 重金属と過去の事件を抑える。

Sponsored Link

重金属と健康障害の事件や歴史 関連ページ

糖質の消化、吸収、代謝
多糖類のままではエネルギー源として利用されず、消化、吸収され単糖類になる必要があります。糖質の代謝には解糖系やクエン酸回路などがあり、エネルギー源を生み出します。グリコーゲンは貯金として貯められ、空腹時にグルコースに戻され血糖になります。
脂質の消化、吸収、代謝
中性脂肪(TG)やコレステロールなどの脂質は脂肪酸からできます。中性脂肪(TG)は貯蔵脂肪として働きます。太りすぎるとアディポネクチンの分泌が抑えられ、動脈硬化が進む恐れがあります。
タンパク質の消化、吸収、代謝
アミノ酸のうち、ケト原性アミノ酸のみの性質を示すのは、ロイシンとリシンです。空腹時には、タンパク質が分解され、グルコース・アラニン回路が働き、グルコースが作られます。生じたアンモニアは尿素回路で尿素に変換されます。
ビタミンの作用と欠乏症、過剰症
ビタミンには水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンがあり、腸内細菌が合成するものもあります。ビタミンの作用と欠乏症、過剰症についてまとめています。
ミネラルの作用と欠乏症
ミネラルには必須元素や必須微量元素があります。必須元素や必須微量元素などのミネラルは生理機能などに重要です。
タンパク質の評価法、生物価、正味タンパク質利用効率、アミノ酸スコアの計算
タンパク質の評価する方法には、生物価、正味タンパク質利用効率、アミノ酸スコアなどがあります。生物価、正味タンパク質利用効率、アミノ酸スコアの計算方法をまとめています。
エネルギーの収支。Atwater係数、呼吸商、窒素係数、食事誘発性熱産生、基礎代謝量
エネルギーの収支に関わるものには、Atwater係数、呼吸商、窒素係数、食事誘発性熱産生、基礎代謝量などがあります。肥満を改善するにはエネルギーの収支が重要です。
推定平均必要量、推奨量、目安量、耐容上限量、目標量、推定エネルギー必要量のまとめ
栄養素の過不足の指標には、推定平均必要量、推奨量、目安量、耐容上限量、目標量などがあります。エネルギーの過不足の指標には推定エネルギー必要量があります。
食品の腐敗は温度、pH、水分活性が原因
腐敗はタンパク質が微生物の増殖により変質を起こすことを言います。腐敗を防ぐためには、温度、pH、水分活性が原因となるため、これらを意識して保存することが大事。
脂質の変敗、酸価、ヨウ素価、過酸化物価、チオバルビツール酸試験値、カルボニル価の覚え方
変敗は脂質の変質のことを言います。不飽和脂肪酸の酸化の流れを抑えることで酸価、ヨウ素価、過酸化物価、チオバルビツール酸試験値、カルボニル価がどのようになるのかを覚えることができます。
食品の変色と発がん性物質、メイラード反応などのまとめ
酵素的褐変現象はメラニンができます。非酵素的褐変現象はメラノイジンができ、メイラード反応が有名です。食品由来の発がん性物質にはヘテロサイクリックアミンやニトロソアミンがあります。
食品添加物、保存料、防かび剤、殺菌料、酸化防止剤、発色剤、色調調整剤、着色料、甘味料の覚え方
食品添加物は食品の製造の過程において又は食品の加工もしくは保存の目的で、食品に使用するものです。食品添加物には、保存料、防かび剤、殺菌料、酸化防止剤、発色剤、色調調整剤、着色料、甘味料などがあります。
特定保健用食品(トクホ)とは?特別用途食品と保健機能食品との位置づけ
食品は特別用途食品、保健機能食品、一般食品に大きく分けられます。特定保健用食品、いわゆるトクホとは、健康の維持増進に役立つことが科学的根拠に基づいて認められ、「コレステロールの吸収を抑える」など表示が許可されている食品です。
食物アレルギー、特定原材料の表示義務について
食物アレルギーはアレルゲンとなる食品を取り込むことで起こる可能性があります。中でも症例数が多かったり、重篤なアレルギーを起こすものを特定原材料と呼びます。特定原材料の表示が食品衛生法で義務付けられています。
遺伝子組み換え食品の安全性と表示義務
遺伝子組み換え食品とは、ある生物の有用な遺伝子を植物に組み込んだ農作物や加工食品のこと。遺伝子組み換え食品を使っているかどうかわからないものは表示義務だが、免除されるケースもあるため要注意。
細菌性食中毒総論、種類と原因
細菌は、好気性菌や嫌気性菌などが存在し、細菌性食中毒の原因や種類には、内毒素、外毒素が関わります。グラム染色で、紫色に染まるのがグラム陽性菌、染まらないものをグラム陰性菌と言います。
細菌性食中毒各論、代表的な細菌の症状と予防法
食中毒を起こす細菌は加熱が有効なものも多いが、一部効かないものもあるため、正しい予防法を知っておくことで感染リスクを下げられます。細菌性食中毒の症状や予防法のまとめです。
動物性自然毒による食中毒、代表的な毒素と症状
動物性自然毒の原因となる毒素は食物連鎖により濃縮されたものが多いです。動物性自然毒による食中毒の代表例には、フグのテトロドトキシンなどがあります。
植物性自然毒による食中毒、代表的な毒と症状
植物性自然毒による食中毒の代表例には毒キノコなどがあります。植物性自然毒による食中毒の代表的な毒と症状をまとめました。
代表的なカビとマイコトキシンの症状
マイコトキシンとはカビが作る毒のことです。カビが食品につき増殖すると、マイコトキシンを誤って摂取してしまう可能性があり、様々な症状を起こします。

 
HOME プロフィール お問い合わせ