ビタミンB2の働き、多く含む食品、薬との併用のまとめ

Sponsored Link

ビタミンB2の働き、多く含む食品、薬との併用のまとめ

前回のビタミンB1の働き、多く含む食品、薬との併用のまとめでは、ビタミンB1について見ました。今回はビタミンB2について見ていきたいと思います。

 

 

ビタミンB2

ビタミンB2はリボフラビンとも呼ばれ、小腸から吸収されて、細胞内で酵素によってフラビンモノヌクレオチド(FMN)やフラビンアデニンジヌクレオチド(FAD)になります。

 

フラビンモノヌクレオチド(FMN)やフラビンアデニンジヌクレオチド(FAD)は補酵素として、エネルギー代謝などに関わります。

 

Sponsored Link

Sponsored Link


 

ビタミンB2の働き

ビタミンB2には以下のような働きがあります。

 

  • 代謝促進;ビタミンB2は、酸化還元反応に関わる酵素の働きを促進して、糖質、タンパク質、脂質の代謝等を亢進させる
  • 発育促進;ビタミンAとともに粘膜の健康を保ち、神経や眼、皮膚の働きを正常に保つ

 

ビタミンB2は発育、美容のビタミンと呼ばれ、健全な発育を促進し、皮膚の働きを正常化します。そのため、ビタミンB2が欠乏すると、口角にひび割れが起こる口角炎、くちびるが赤く腫れる口唇炎、舌が熱をもつ舌炎などが現れやすくなります。その他にも発育障害が起こると言われています。

 

 

ビタミンB2の過剰症

ビタミンB2は水溶性ビタミンであり、過剰症は起こりにくいとされています。ただし過剰に接種することで、尿が黄色やオレンジに変色することがあります。

 

ビタミンB2を多く含む食品

以下の食品はビタミンB2を多く含むと言われています。

 

  • 動物性;牛豚鶏の肝臓や心臓、イワシ、鶏卵
  • 植物性;納豆、アーモンド、小麦胚芽

 

ビタミンB2は熱や酸には強いですが、水様性ビタミンであり水に流れ出やすいです。そのため煮汁も利用するとより効率的に摂取できます。

 

水に流れ出やすいこと以外にも、アルカリや光に不安定であるため、熱調理時は重曹は使わず、保管する際は冷暗所にすると安定します。冷暗所と言っても冷凍してしまうと、細胞膜が破れてしまい、回答をする時にビタミンが流れ出てしまうため、なるべく冷凍は避けます。

 

 

ビタミンB2と薬の相互作用

ビタミンB2と薬の相互作用を起こすものは添付文書上では特にありません。

 

まとめ

  • ビタミンB2の働きは代謝促進、発育促進がある。そのためビタミンB2が欠乏すると口唇炎などの症状が出ることがある。
  • ビタミンB2は熱や酸には強いが、アルカリや光に不安定な水溶性ビタミン。そのため煮汁を使ったり、凍結を避けて冷暗所に保管すると効率的に摂取できる。

Sponsored Link

ビタミンB2の働き、多く含む食品、薬との併用のまとめ 関連ページ

ビタミンAの働き、多く含む食品、薬との併用のまとめ
ビタミンAは視覚機能や細胞増殖に関わる働きを持ちます。β-カロテンは油と一緒に調理をすると効率よく吸収できます。ビタミンAと併用禁忌の薬には、チガソン(エトレチナート)、ベサノイド(トレチノイン)、アムノレイク(タミバロテン)、タルグレチン(ベキサロテン)などがあります。
ビタミンDの働き、多く含む食品、薬との併用のまとめ
ビタミンDは、骨に対する作用や細胞増殖に関わります。ビタミンDは油と一緒に摂取すると吸収が高まります。ビタミンDはジゴシン(ジゴキシン)と併用すると、血中濃度が高まるおそれがあります。
ビタミンEの働き、多く含む食品、薬との併用のまとめ
ビタミンEの働きには、生体膜の安定化、活性酸素の消去などがあります。ビタミンEは過剰症も欠乏症も比較的起こりにくく、薬の相互作用には、コレバイン(コレスチミド)、クエストラン(コレスチラミン)、フォスブロック、レナジェル(セベラマー)があります。
ビタミンKの働き、多く含む食品、薬との併用のまとめ
ビタミンKの働きには血液凝固作用、骨形成促進作用があります。ビタミンKと薬の相互作用には、ワーファリン(ワルファリンカリウム)、コレバイン(コレスチラミン)、フォスブロック、レナジェル(セベラマー)、ジャクスタピッド(ロミタピド)などがあります。
ビタミンB1の働き、多く含む食品、薬との併用のまとめ
ビタミンB1の働きには、糖代謝の促進、神経機能の正常化があります。ビタミンB1は熱に弱く、水に溶けやすいため、アリシンを含む食品と摂取することでアリチアミンとなり吸収を高められます。

 
HOME プロフィール お問い合わせ