光の進路と屈折率

Sponsored Link

光の進路と屈折率

理科の実験やマジックで、コップに絵を書いてはじめは見えなかったものが水を注ぐと見えるようになります。これは光の屈折が関わっています。今回は光の屈折について見ていきます。

 

 

光の屈折

光が物質中を進むとき、その媒質の密度によって速度が変わります。これによって境界面で進行方向が変わり、これを光の屈折と言います。例えば空気中から水に光が入る時に以下のような進路をとります。

 

 

つまり冒頭のマジックは、まっすぐ入っていた光は絵を捉えることができなかったので見えませんでしたが、水を注ぐことで進路が変わって見えるようになっていたわけですね。

 

この時角度iを入射角、角度rを屈折角と呼び、以下の式が成り立ちます。

 

  • sini/sinr=媒質Tの中の光の速度/媒質Uの中の光の速度

 

これをスネルの法則と呼びます。媒質の種類が決まれば速度は決まるので、一定となることがわかります。この一定の値を屈折率と呼びます。特に真空からある物質へ光が進む場合を絶対屈折率と呼びます。

 

Sponsored Link

Sponsored Link


 

光の進路

屈折現象は、密度の大きい媒質であると光の速度が遅くなり、密度の小さい媒質であると速くなります。また屈折率に応じて以下のような光の進路を取ります。

 

 

 

ここで光の進路を覚えられない人への裏技を紹介します。光の進路は屈折率の不等号を同じように進みます

 

n>1ならば>、n<1ならば<に進むということです。

 

屈折率

屈折率は、温度、光の波長、圧力などに影響を受けます。よってこれらを一定にすることができれば屈折率を固定することができ物質固有の値になります。この性質を利用して物質の試験などに応用されます。

 

日本薬局方では、屈折率は空気に対する値で示し、温度は20℃、光線はナトリウムスペクトルのD線(可視光領域の二重線;589.0nm、589.6nm)を使って測定されます。

 

光の全反射

光が屈折率の大きい媒質(高密度)から屈折率の小さい媒質(低密度の媒質)に入る場合、入射角が一定以上大きくなると界面で全ての光が反射します。これを光の全反射と言い、内視鏡のファイバースコープなどに応用されています。

 

まとめ

  • 光の屈折は、媒質中の密度により光の速度が変わることにより起こる。
  • 屈折率は、入射角によらず一定の値をとる。
  • 屈折率は温度、光の波長、圧力などに影響を受ける。
  • 日本薬局方では、屈折率は空気に対する値で示し、温度は20℃、ナトリウムスペクトルのD線を使って測定される。
  • 光の全反射はファイバースコープなどに応用されている。

就職や転職でお悩みの方はコチラ!私はここで年収120万円上がりました

Sponsored Link

光の進路と屈折率 関連ページ

双極子とファンデルワールス力
電荷の偏りによって双極子ができて、相互作用が発生します。ファンデルワールス力の引力は分子間距離の6乗に反比例します。
水素結合と疎水性相互作用
水素結合は沸点や密度、溶解性などに影響を与えて、DNAの二重らせんなどに関わっています。疎水性相互作用はミセル形成などに関わっています。
電磁波と吸光度
電磁波のエネルギーは振動数が大きい、もしくは波長が小さいほどエネルギーが高くなります。吸光度は試料を通過する光路長lと試料中の化合物の濃度cに比例し、これをLambert-Beerの法則と言います。
比吸光度、モル吸光係数の計算
比吸光度、モル吸光係数の計算はLambert-Beerの法則などを使って計算を行います。計算問題が解けるようになる必要があります。
放射壊変(α壊変、β−壊変、β+壊変、軌道電子捕獲、γ放射)
放射壊変にはα壊変、β−壊変、β+壊変、軌道電子捕獲、γ放射などがあります。親核種や娘核種がどのようになり、どのような放射線を出すかをおさえましょう。
α線、β−線、β+線、γ線、X線の物質相互作用や透過力
放射線には、α線、β−線、β+線、γ線、X線などがあり、物質相互作用や透過力が異なります。またスペクトルも線スペクトルなのか、連続スペクトルなのかもおさえましょう。
放射線の単位と、放射平衡
放射線に関わる単位には、Bq(ベクレル)、Gy(グレイ)、Sv(シーベルト)などがあります。放射平衡には、過渡平衡と永続平衡があり、親核種と娘核種の半減期によって決まります。
放射線の測定方法と身体への影響
放射線の測定方法には、ガイガーミュラー計数管、液体シンチレーションカウンタ、NaI(TI)シンチレーションカウンタなどがあります。放射線の被曝の障害には確定的影響と確率的影響などがあります。
気体分子運動論、並進運動、回転運動、振動運動
気体分子の運動エネルギーは、並進運動エネルギーと回転運動エネルギーと振動運動エネルギーの和で表されます。振動や回転は不連続な値をとりますが、並進は連続しているとみなされます
熱力学1、系と状態関数のまとめ
熱はエネルギーを持っていて、仕事をすることができます。開いた系と反対になるのは孤立系です。示量性状態関数は足し算ができますが、示強性状態関数は足し算ができません。
熱力学2、熱力学第一法則と熱容量
運動エネルギーと位置エネルギーの総和を内部エネルギーと言い、孤立系の内部エネルギーが一定であることを熱力学第一法則と言います。定容熱容量は定圧熱容量より小さくなります。
熱力学3、エンタルピーとは?ヘスの法則の計算
エンタルピーとは物質が持つエネルギーの総量で、内部エネルギーと圧力や体積のエネルギーの和で表されます。エンタルピーに関連したものにヘスの法則があり計算できるようになりましょう。
熱力学4、エントロピーとは?熱力学第二法則との関係
エントロピーは乱雑さの指標で、物事の不可逆性についての指標とも言えます。エントロピーに関連したものに熱力学第二法則があります。
熱力学5、ギブズ(Gibbs)エネルギーとは?
ギブズ(Gibbs)エネルギーの変化量は、エンタルピーとエントロピーの変化により決まります。ΔGがマイナスになるのが自発的な反応であり、ΔG=0の時は平衡状態を意味します。
熱力学6、van’t Hoff式(ファントホッフ式)のグラフ
ギブズ(Gibbs)エネルギーの圧力と温度による変化グラフでは、圧力一定の時は傾きが−S、温度一定の時は傾きがVとなります。van’t Hoff式(ファントホッフ式)のグラフではΔH゜、ΔS゜を求めることができます。
状態図と自由度
状態図の三重点では、固相、液相、気相の3つの状態が存在します。自由度(F)=成分の数(C)−相の数(P)+2で表されます。
2成分の気液平衡の状態図
2成分の気液平衡の状態図では、気相中と液相中の成分の変化をしっかりと見極めることが大事です。また蒸留を繰り返していくことで、2つの成分を分留することができます。
共沸点を持つ場合の状態図
共沸点をもつ状態図の場合では、左と右にわけて考えれば前回と同じ考え方で対応できます。また上にとんがったグラフでは発熱反応、下にとんがったグラフでは吸熱反応です。
液液平衡の状態図
液液平衡の状態図において、曲線の内側だと2相、曲線の外側だと1相になります。液液平衡の状態図において、高温で1相になる上部臨界溶解温度を持つ系では、一般的に混合熱は吸熱となります。
固液平衡の状態図
固液平衡の状態図においては、気液平衡と同じように考えれば問題ありません。固液平衡の状態図においては、共融点より下まで冷却すると固相のみとなります。
束一的性質とは?
実在する溶質粒子の数に依存して、溶質の種類が何であるかには依存しない性質を束一的性質と言います。沸点上昇、凝固点降下では解離度が関わります。
反応速度、概論
反応速度では、0次反応は、一定速度で分解していく反応です。1次反応は、一定割合で分解していく反応、2次反応は、半減期は初濃度に反比例します。
0次反応の式とグラフ、例題編
0次反応の式では縦軸の切片はC0、傾きは−kの直線的なグラフとなります。また0次反応の式では、2半減期以降だと濃度は0となります。
1次反応の式とグラフ、例題編
1次反応の式とグラフはlnの時は切片はlnC0、傾きは−kの直線的となります。logの時は縦軸の切片はlogC0、傾きは−k/2.303となるので注意が必要です。
2次反応の式とグラフ、例題編
2次反応は縦軸の切片は1/C0、傾きはkの直線的なグラフとなります。。0次反応や1次反応と異なり、傾きがプラスであるのがグラフとしては特徴的です。
擬0次反応の式とグラフ、例題編
擬0次反応とは懸濁剤(サスペンション)などにおいて、溶液中の分解速度が、固体の溶解速度よりも遅いために、本当は1次反応なのに、0次反応のマネをするような式やグラフとなります。
擬1次反応、特殊酸触媒と特殊塩基触媒
擬1次反応には、エステルの特殊酸触媒と特殊塩基触媒の反応などがあります。特殊酸触媒と特殊塩基触媒の影響を受ける医薬品では、kH[H+]=kOH[−OH]の時が最も安定となります。
活性化エネルギーと反応エンタルピー
活性化エネルギーが大きいほど反応が進みにくく、小さいほど反応が進みやすいです。触媒は活性化エネルギーに影響を与えて、反応エンタルピーには影響を与えないということができます。
Arrhenius式(アレニウス式)とグラフ
Arrhenius式(アレニウス式)は、反応速度と温度の関係を表した式です。アレニウスプロットではそのグラフから薬の安定性などがわかります。
酸と塩基の基本
酸と塩基のには、Arrhenius(アレニウス)の定義、Lewis(ルイス)の定義、BronstedーLowry(ブレンステッド・ローリー)の定義などがあります。弱酸においてはKa=[A−]・[H+]/[HA]が成り立ち、Kaを酸解離定数と言います。

 
HOME プロフィール お問い合わせ