紫外可視吸光度測定法の原理

紫外可視吸光度測定法の原理

紫外可視吸光度測定法はπ結合が紫外線や可視線などの光を吸収して遷移するのを原理として利用され、共役不飽和結合系の存在の確認に使われます。

Sponsored Link

紫外可視吸光度測定法の原理

前回の比吸光度、モル吸光係数の計算までで吸光度について見ました。今回は紫外可視吸光度測定法について見ていきたいと思います。

 

 

紫外可視吸光度測定法とは、波長約200〜800nmまでの紫外線や可視線などの光を当てて、どれくらい吸収するかを測ることで物質の定性や定量を行う方法です。

 

紫外可視吸光度測定法の原理

分子中の電子はσ結合やπ結合などに関わっていますが、これらの電子は光のエネルギーを受け取ると励起状態となり、エネルギーが高いσ*軌道やπ*軌道などになります。紫外可視吸光度測定法の原理は、これらの電子が基底状態から励起状態に遷移する時に光を吸収することを利用しています。

 

 

特に紫外可視吸光度測定法で重要なのはπ→π*遷移であり、他の遷移は高エネルギーの光が必要であったり、モル吸光係数が小さかったりということで観察対象となりません。このことから紫外可視吸光度測定法ではπ電子の変化を測定します、つまり共役不飽和結合系の存在を確認できることになります。

 

Sponsored Link

Sponsored Link

 

紫外可視吸光度測定法の装置

紫外可視吸光度測定法の装置は以下のようなものからなります。

 

 

  • 光源
  • 分光部
  • 試料部
  • 検出部
  • 記録部

 

光源

紫外可視吸光度測定法の光源には紫外部では重水素放電管、可視部ではタングステンランプなどが使われます。

 

分光部

紫外可視吸光度測定法の分光部では光源から出る光の波長を単一のものにします。分光光度計では分光部はモノクロメーター、光電光度計では分光部は光学フィルターが使われます。「光」電光度計は「光」学フィルターと光つながりで覚えましょう。

 

試料部

紫外可視吸光度測定法の試料部ではセルが使われますが、紫外部の光源である重水素放電管を用いる場合石英製のものを、可視部の光源であるタングステンランプを用いる場合ガラス製か石英製のものを用います。この理由としては、紫外部の光はガラス製のセルに吸収されてしまうため、紫外部の測定を行う時は石英製のセルを使わなくてはなりません。

 

検出部

紫外可視吸光度測定法の検出部では光の強度を電気信号に変えます。

 

記録部

紫外可視吸光度測定法の記録部では検出部で変換された電気信号より透過率や吸光度を記録します。

 

まとめ

  • 紫外可視吸光度測定法は、紫外線や可視線などの光を当てて、どれくらい吸収するかを測ることで物質の定性や定量を行う方法。
  • 紫外可視吸光度測定法は共役不飽和結合系の存在の確認に使われる。
  • 紫外可視吸光度測定法の装置は光源、分光部、試料部、検出部、記録部などからできている。

就職や転職でお悩みの方はコチラ!私はここで年収120万円上がりました

Sponsored Link