神経系1、大脳

Sponsored Link

神経系1、大脳

このカテゴリーでは、解剖学の基本やゲノムなどの範囲をまとめていきたいと思います。今回は神経系のうち大脳をメインに見ていきたいと思います。

 

 

神経系は脳をはじめ重要な器官です。解剖学的には神経系は中枢神経系と末梢神経系に分けられます。

 

中枢神経系はさらに脳や脊髄、末梢神経系は脳神経や脊髄神経に分類されます。

 

Sponsored Link

Sponsored Link


 

大脳

中枢神経系のうち、脳は以下のような全体図をしています。

 

 

このうち今回は大脳について見ていきます。大脳はさらに大きく3つにわけることができます。

 

  • 大脳皮質
  • 大脳基底核
  • 大脳髄質

 

大脳皮質

大脳皮質は大脳表面を覆っている層を言います。大脳皮質もさらに新皮質、古皮質、旧皮質にわけられて、このうち古皮質と旧皮質を合わせたものを大脳辺縁系と呼びます。

 

大脳辺縁系

大脳辺縁系は、食欲や性欲と言った本能、快感や怒りや不安と言った情動、さらには海馬などがあり記憶にも関わる領域です。

 

新皮質

大脳辺縁系に対して、新皮質はより高度な運動や感覚などに関わる領域で、領域によって固有の機能を持っています。

 

 

  • 運動野(前頭葉);運動に関わる
  • 体性感覚野(頭頂葉);痛覚、触覚、温感などに関わる
  • 視覚野(後頭葉);視覚に関わる
  • 嗅覚野(後頭葉);嗅覚に関わる
  • ブローカ野(前頭葉);話す内容を組み立てることに関わる
  • ウェルニッケ野(側頭葉);言葉の認識に関わる
  • 連合野(前頭葉、頭頂葉、側頭葉);決断、思考などに関わる

 

大脳基底核

大脳基底核は不随意運動などに関わり、尾状核、被殻、淡蒼球にわけられます。尾状核と被殻は線条体、被殻と淡蒼球はレンズ核と呼ばれます。

 

 

国家試験的な覚え方としては、被殻は両方あるので、尾状核と淡蒼球を意識します。まず、線条体は「線」なので尾状核の「尾」と結び付けましょう。尾(しっぽ)が線みたくひょろひょろしているイメージです。

 

次にレンズ核ですが、コンタクトレンズは丸いですよね。その丸を淡蒼球の「球」と丸つながりでむすびつけて覚えます。

 

まとめ

  • 中枢神経系は脳や脊髄、末梢神経系は脳神経や脊髄神経に分類される。
  • 大脳は大脳皮質、大脳基底核、大脳髄質に分類される。
  • 大脳皮質は新皮質、古皮質、旧皮質に分類され、古皮質と旧皮質を合わせたものを大脳辺縁系と呼ばれる。
  • 大脳辺縁系は、食欲や性欲と言った本能、快感や怒りや不安と言った情動、さらには海馬などがあり記憶にも関わる領域
  • 新皮質はより高度な運動や感覚などに関わる領域で、領域によって固有の機能を持っている。
  • 大脳基底核は不随意運動などに関わり、尾状核、被殻、淡蒼球にわけられる。

Sponsored Link


 
HOME プロフィール お問い合わせ