血管外漏出の原因と対策、抗がん剤とともに

血管外漏出の原因と対策、抗がん剤とともに

血管外漏出は通常の点滴で起こり、特に抗がん剤で大きな問題となります。症状は炎症から始まり、時には壊死を起こす可能性もあります。血管外漏出の原因や対策を把握して、防ぐことが重要になります。

Sponsored Link

血管外漏出の原因と対策、抗がん剤とともに

血管外漏出とは、静脈注射した薬剤や輸液が血管の外に漏れることです。その結果、炎症や壊死などを起こす可能性があります。

 

通常の点滴などで起こる可能性がありますし、特に血管外漏出で問題になるのが抗がん剤になります。抗がん剤は、レベルにより3つに分けられています。

 

  • 起壊死性抗がん剤
  • 炎症性抗がん剤
  • 起炎症性抗がん剤

 

 

起壊死性抗がん剤

一番重篤な障害を起こしうるグループです。潰瘍や壊死などをもたらす可能性があります。

 

イメージとしては、アントラサイクリン系ビンカアルカロイド系、タキサン系などがあり、代表的な薬に以下のようなものがあります。

 

アントラサイクリン系
  • アドリアシン(アドリアマイシン)
  • イダマイシン(イダルビシン)
  • カルセド(アムルビシン)
  • ダウノマイシン(ダウノルビシン)
  • ファモルビシン(エピルビシン)
  • ピノルビン(ピラルビシン)

 

ビンカアルカロイド系
  • エクザール(ビンブラスチン)
  • オンコビン(ビンクリスチン)
  • ナベルビン(ビノレルビン)
  • フィルデシン(ビンデシン)

 

抗腫瘍性抗生物質
  • コスメゲン(アクチノマイシンD)
  • マイトマイシン(マイトマイシンC)

 

タキサン系
  • タキソール(パクリタキセル)
  • タキソテール(ドセタキセル)

 

アルキル化薬
  • サイメリン(ラニムスチン)

 

炎症性抗がん剤

起壊死性抗がん剤と比べると、弱めのグループです。発赤、腫脹、疼痛などの炎症反応を起こす可能性があります。

 

イメージとしては、アルキル化薬白金系代謝拮抗薬などがあり、代表的な薬に以下のようなものがあります。

 

アントラサイクリン系
  • アクラシノン(アクラルビシン)

 

アルキル化薬
  • アルケラン(メルファラン)
  • イホマイド(イホスファミド)
  • エンドキサン(シクロホスファミド)
  • ダカルバジン(ダカルバジン)
  • テモダール(テモゾロミド)
  • ブスルフェクス(ブスルファン)

 

白金系
  • アクプラ(ネダプラチン)
  • エルプラット(オキサリプラチン)
  • パラプラチン(カルボプラチン)
  • ランダ(シスプラチン)

 

代謝拮抗薬
  • ジェムザール(ゲムシタビン)
  • 5-FU(フルオロウラシル)
  • フルダラ(フルダラビン)
  • メソトレキセート(メトトレキサート)

 

トポイソメラーゼT阻害薬
  • カンプト(イリノテカン)
  • ハイカムチン(ノギテカン)

 

トポイソメラーゼU阻害薬
  • ベプシド(エトポシド)

 

その他

 

起炎症性抗がん剤

問題を起こすのが一番低いグループです。ほぼ炎症を起こしません。

 

イメージとしては、分子標的薬などがあり、代表的な薬には以下のようなものがあります。

 

抗腫瘍性抗生物質
  • ペプレオ(ペプロマイシン)

 

代謝拮抗薬
  • キロサイド(シタラビン)
  • サンラビン(エノシタビン)
  • ビダーザ(アザシチジン)
  • ロイナーゼ(L-アスパラギナーゼ)

 

その他
  • インターフェロン製剤
  • インターロイキン製剤
  • ハーセプチン(トラスツズマブ)
  • ベクティビックス(パニツムマブ)
  • リツキサン(リツキシマブ)

 

Sponsored Link

Sponsored Link

 

血管外漏出の症状

 

自覚症状

不快感、違和感、圧迫感、しびれ感、疼痛など

 

他覚症状
  • 初期;発赤、腫脹など
  • 進行;水疱形成(水ぶくれ)→硬結形成(しこり)→潰瘍形成(ただれ)→壊死形成

 

血管外漏出の原因

  • 末梢静脈壁が脆弱であるとき

新生児や高齢者、ステロイド長期使用者は末梢静脈壁が脆弱であるため、血管外漏出を起こしやすいです。

 

  • 静脈炎を起こしているとき

静脈炎を起こしているときは、血管が収縮して血液量が減ります。そのため、その血管は詰まりやすくなり、刺入部から輸液剤が漏れる可能性が高くなります。

 

  • 感覚麻痺、運動麻痺、意識障害があるとき

自覚症状が乏しくなるため、発見が遅れます。

 

  • 可動関節での末梢静脈確保しているとき

動かせる位置だと、留置針先端が静脈壁を貫通する可能性があります。

 

  • 就寝時も輸液しているとき

寝返りなどの動作で静脈壁が貫通する可能性があります。また翌朝まで発見が遅れる可能性があります。

 

血管外漏出の予防

  • 前腕の中間など、静脈血流量が多いところを選ぶ
  • 静脈炎を起こしている静脈を避ける
  • 血管痛や静脈炎を予防するために、ステロイド混注する

 

抗がん剤漏出時の対策

  1. 点滴を中止する。
  2. 留置針抜去する前に、可能な限り薬剤や血液を吸引して除去する。
  3. ステロイド注射を漏出した範囲より大きめに、周囲から中心に向かって局注する。(周囲の細胞の炎症を予防する)
  4. ステロイド外用剤を塗布する。
  5. 局所を冷やす。(血管を収縮させて、抗がん剤を拡散させないため)
  6. 皮膚科や形成外科に診察してもらう。

 

 

まとめ

  • 血管外漏出は通常の点滴でも起こりうることであり、特に抗がん剤が大きな問題となる。

就職や転職でお悩みの方はコチラ!私はここで年収120万円上がりました

Sponsored Link