緊急時の降圧薬の違い、ペルジピン、ミリスロール

緊急時の降圧薬の違い、ペルジピン、ミリスロール

緊急時などで血圧が高い時には降圧薬が注射で投与されます。ペルジピン(ニカルジピン)は主に高血圧緊急症で使われます。ミリスロールは不安定狭心症や急性心不全などに主に使われ、作用が違います。

Sponsored Link

緊急時の降圧薬の違い、ペルジピン、ミリスロール

血圧の基本、高血圧と低血圧のページでお話ししたように、血圧が高くなりすぎると緊急事態となります。今回は血圧を下げる注射薬を見ていきたいと思います。

 

 

血圧を下げる注射薬には以下のようなものがあります。

 

  • ペルジピン(ニカルジピン)
  • ミリスロール(ニトログリセリン)

 

院内採用によって名前が違ったりしますが、これらを見ていきます。

 

Sponsored Link

Sponsored Link

 

ペルジピン(ニカルジピン)

ペルジピン(ニカルジピン)はカルシウム拮抗薬であり、血管を拡張して血圧を低下させます。

 

特徴

高血圧緊急症の治療と言えば、ほぼペルジピン(ニカルジピン)と思っていいほど、この薬が使われます。

 

用法用量
  • 手術時の異常高血圧の救急処置;生食又は5%ブドウ糖で希釈し、0.01〜0.02%溶液を点滴静注。2〜10μ/kg/分の点滴速度で投与を開始し、血圧をモニターしながら調節。急速に血圧を下げる必要がある場合は原液で10〜30μg/kgを静脈内投与する。
  • 高血圧緊急症;生食又は5%ブドウ糖液で希釈し、0.01〜0.02%溶液を点滴静注。0.5〜6μg/kg/分の点滴速度で投与し、血圧をモニターしながら速度を調節する。
  • 急性心不全;生食又は5%ブドウ糖液で希釈し0.01〜0.02%溶液を点滴静注。0.5〜2μg/kg/分の範囲で速度を調整する。

 

ミリスロール(ニトログリセリン)

ミリスロール(ニトログリセリン)は硝酸薬であり、生体内でNO(一酸化窒素)を遊離します。遊離したNO(一酸化窒素)が血管拡張に関与することで作用を示します。

 

特徴
  • 冠動脈を拡張させる作用(不安定狭心症)と末梢静脈を拡張させる作用(急性心不全)が主な作用になります。
  • 動脈拡張作用もあり血圧低下させます。

 

用法用量

原液そのまま、又は生食又は5%ブドウ糖液、乳酸リンゲル液などで希釈し0.005%〜0.05%溶液を点滴静注する。効能効果によって下記に基づき投与。

 

  • 手術時の低血圧維持;1〜5μg/kg/分。血圧モニターしながら、速度調整。
  • 手術時の異常高血圧の救急処置;0.5〜5μg/kg/分。血圧モニターしながら、速度調整。
  • 急性心不全;0.05〜0.1μg/kg/分で開始し、循環動態をモニターしながら5〜15分ごとに0.1μg/kg/分ずつ増量し、最適点滴速度で維持する。
  • 不安定狭心症;0.1〜0.2μg/kg/分で開始し、発作の経過や血圧をモニターしながら5分ごとに0.1〜0.2μg/kg/分ずつ増量し、1〜2μg/kg/分で維持する。効果が見られない場合は20〜40μg/kgの静注を1時間ごとに併用する。静注する場合は1〜3分かけてゆっくり投与する。

 

まとめ

  • ペルジピン(ニカルジピン)は血圧をさげる作用が強く、主に高血圧緊急症に使われる。
  • ミリスロール(ニトログリセリン)は不安定狭心症や急性心不全、異常高血圧に使われる。

就職や転職でお悩みの方はコチラ!私はここで年収120万円上がりました

Sponsored Link