徐脈に使われる注射薬、アトロピン

徐脈に使われる注射薬、アトロピン

アトロピンは抗コリン作用をもち、心臓におけるムスカリンM2受容体を遮断するため、徐脈性不整脈などに使わる注射薬です。そのほかにも迷走神経反射などにアトロピンは使われます。

Sponsored Link

徐脈に使われる注射薬、アトロピン

脈拍の基本、頻脈と徐脈のページにあるように、徐脈であると循環がうまく保てなくなります。徐脈における注射薬で有名なものとしては、アトロピンでしょう。

 

アトロピン

心臓にあるムスカリンM2受容体を遮断することによって、徐脈性不整脈に使われます。徐脈性不整脈の他にもよく使われるのは迷走神経反射の徐脈です。迷走神経反射はカルテにそれなりの頻度でみかけるかと思うので、これもざっくりと確認しておきましょう。

 

迷走神経反射

まず迷走神経ですが、延髄に起こり、首から腹にかけての内臓に伸びている神経です。

 

 

そして迷走神経副交感神経です。副交感神経は交感神経と対になるものです。交感神経は活動しているときに基本的に優位になるのに対して、副交感神経はリラックスしているときに優位であるという話を聞くと思います。ヒトは常にリラックスしているわけでもなく、活動しているため、通常は交感神経が優位な状態を保っています。

 

しかし、通常の状態で、痛みや恐怖、精神的ストレスなどがかかると、体を落ちつけようと副交感神経(迷走神経)を優位の状態にします。迷走神経は心臓にも伸びているため、徐脈が起こってしまいます。こういったメカニズムであると迷走神経反射は考えられています。

 

 

有名なのが、心臓カテーテル検査時のものがあります。迷走神経反射は看護師さんからお話しを聞かせてもらえると色々なエピソードを教えてくれると思います。採血するときに注射を見て迷走神経反射が起こってしまったという話を聞きました。私も採血が苦手です(笑)

 

Sponsored Link

Sponsored Link

 

話をアトロピンに戻します。

 

特徴
  • 抗コリン作用によって、瞳孔括約筋が弛緩するため、瞳孔が散大します。
  • 抗コリン作用によって、眼房水の排出が抑制されるため、眼圧が亢進します。(閉塞隅角緑内障には禁忌)
  • 抗コリン作用によって、唾液の分泌が抑制されるため、口渇を感じることがあります。
  • 抗コリン作用によって、膀胱平滑筋が弛緩するため排尿障害が起こることがあります。(前立腺肥大症には禁忌)
  • 徐脈以外にも様々な適応を持ち、有機リン系殺虫剤の中毒にも使われる。

 

用法用量
  • 0.5mgを皮下又は筋肉内に注射する。静脈内も注射可能。適宜増減。

 

有機リン系殺虫剤の場合は症状により用法用量が変わる。

 

  • 軽症;0.5〜1mgを皮下注するか、0.5〜1mgを経口投与する。
  • 中等症;1〜2mgを皮下・筋肉内又は静注する。必要があれば20〜30分ごとに繰り返す。
  • 重症;2〜4mgを静脈内に投与し、症状に応じて繰り返す。

 

まとめ

  • アトロピンは様々な徐脈に対して使われることが多い注射薬。

就職や転職でお悩みの方はコチラ!私はここで年収120万円上がりました

Sponsored Link