酸・塩基。アシドーシス、アルカローシス。

酸・塩基。アシドーシス、アルカローシス。

血液のpHは7.35〜7.45に保たれています。アシデミアやアルカレミアはこの基準値からずれている状態です。これを主に調節しているのは、腎臓と肺です。アシドーシス、アルカローシスは傾向と捉えてもらえればよいです。

Sponsored Link

酸・塩基。アシドーシス、アルカローシス。

ヒトの血液のpHは7.35〜7.45の間に精密に保たれています。どのような生理機能によってこの範囲に保たれているのでしょうか?

 

 

この調節を主に行っているのは、腎臓です。

 

全体の流れを把握する前に、まず1つの化学反応式を把握する必要があります。

 

H2O+CO2⇔HCO3-+H+

 

緩衝式とよばれるもので、高校の知識だと思うので大丈夫だと思います。イオンが増えたら、それを和らげる方向に式が進みます。この式を意識した上で、全体の流れを見ていきましょう。

 

食事や代謝によって、酸(H+)が発生すると、血液にのって腎臓に到達します。腎臓ではH+を尿中排泄する作用があります。

 

また腎臓は重炭酸イオン(HCO3-)を再吸収したり、産生したりします。腎臓で産生されたHCO3-は血液中のH+と反応して、水(H2O)と二酸化炭素(CO2)となります。先ほどの式でいうと、右辺→左辺の反応が起こります。

 

発生したCO2は肺から呼気として排出されます。おおまかではありますが、これが全体の流れとなります。

 

 

アシデミアとアルカレミア

このようにして、体はpHを一定に保とうとしています。しかし、これがなんらかの原因で7.35〜7.45からずれる時があります。

 

pH<7.35であるとアシデミア(酸血症)と呼ばれ、pH>7.45であるとアルカレミア(塩基血症)と呼ばれます。

 

Sponsored Link

Sponsored Link

 

アシドーシスとアルカローシス

似たような語句でアシドーシスと、アルカローシスという言葉があります。

 

アシドーシスはpHを下げる方向に働いている状態のことをさし、アルカローシスはpHを上げる方向に働いている状態のことを指します。

 

何が違うんだ???となる気がするので、アシデミアとアルカレミアは数値の状態アシドーシス、アルカローシスは傾向と覚えてもらえればよいと思います。

 

基本的には、アシドーシスであれば、pHが下がる状態にあるので、アシデミアとなるのが基本です。しかし、次回お話しする代償機構が働くと、アシドーシスであってもpHが7.35〜7.45の範囲にあるので、区別して覚えておいた方がよいと思います。(カルテなどには、ほとんどアシドーシス、アルカローシスと書かれることが多いですが)

 

 

先ほど、酸と塩基のバランスを保っているのは、腎臓と肺というお話をしました。アシドーシスとアルカローシスを考えるうえで、原因が代謝性か呼吸性かというのが重要になってきます。つまり、腎臓(代謝性)なのか、肺(呼吸性)なのかを考える必要があります。次のページではそれを学んでいきます。

 

まとめ

  • pHの調整を行っているのは、主に肺と腎臓
  • アシデミアとアルカレミアは数値の状態、アシドーシス、アルカローシスは傾向

就職や転職でお悩みの方はコチラ!私はここで年収120万円上がりました

Sponsored Link