マグネシウムの働き、多く含む食品、薬との併用のまとめ

Sponsored Link

マグネシウムの働き、多く含む食品、薬との併用のまとめ

前回の銅の働き、多く含む食品、薬との併用のまとめでは銅について見ました。今回はマグネシウムについて見ていきます。

 

 

マグネシウム

マグネシウムは小腸などで吸収され、全身に運ばれます。生体内ではマグネシウムは主に骨に存在し、筋肉、脳、神経などにも存在しています。マグネシウムはカルシウムと同じく血清中の濃度がほぼ一定に保たれていて、濃度が低くなると骨のマグネシウムが血中に溶けだして血中濃度を維持しようとします。

 

マグネシウムの働きは主に補酵素として生合成反応や代謝反応に関わります。その他にも、骨の弾性維持、神経伝達、ホルモン分泌、筋収縮などにも関わっています。よってマグネシウムが不足すると、食欲不振や悪心嘔吐、神経障害、脱力感やふるえ、歯の形成不全などが起こると言われています。

 

Sponsored Link

Sponsored Link


 

マグネシウムの過剰症

現在のところ、食品によるマグネシウムの過剰症はないとされています。過剰に摂取されたマグネシウムは速やかに尿中排泄されるからです。しかし、高齢者などの腎機能が低下していて、慢性的に酸化マグネシウム製剤が投与されている場合では高マグネシウム血症を起こすことがあるため注意が必要です。

 

マグネシウムを多く含む食品

以下の食品はマグネシウムを多く含むと言われています。

 

  • 動物性;さくらえび、マイワシ、イクラ、アサリ、ハマグリ
  • 植物性;干しひじき、削り昆布、カットわかめ、ココア、インスタントコーヒー

 

マグネシウムは調理による流出も大きく、水洗いや煮たりすると失われやすくなります。よって煮汁まで食べられる料理にすることで効率よくマグネシウムを摂取できます

 

 

マグネシウムと薬の相互作用

マグネシウムと相互作用を起こす薬の代表例には以下のようなものがあります。

 

  • テトラサイクリン系抗生物質;難溶性のキレートを作り、マグネシウムと投与策剤の吸収が阻害される。
  • キノロン系抗菌薬;難溶性のキレートを作り、マグネシウムと投与策剤の吸収が阻害される。
  • ビスホスホネート系薬剤;難溶性のキレートを作り、マグネシウムと投与策剤の吸収が阻害される。
  • アイセントレス(ラルテグラビル) ;難溶性のキレートを作り、マグネシウムと投与策剤の吸収が阻害される。
  • ゲンボイヤ配合錠;難溶性のキレートを作り、マグネシウムと投与策剤の吸収が阻害される。
  • スタリビルド配合錠;難溶性のキレートを作り、マグネシウムと投与策剤の吸収が阻害される。
  • セフゾン(セフジニル);薬剤の吸収が低下し効果が減弱する(機序不明)
  • セルセプト(ミコフェノール酸) ;薬剤の吸収が低下し効果が減弱する(機序不明)
  • レスクリプター(デラビルジン) ;薬剤の吸収が低下し効果が減弱する(機序不明)
  • メタルカプターゼ(ペニシラミン) ;薬剤の吸収が低下し効果が減弱する(機序不明)
  • ジギタリス配糖体製剤;マグネシウムの吸着作用や消化管内のpH上昇により薬剤の吸収・排泄に影響を与えることがある。
  • アレグラ(フェキソフェナジン) ;マグネシウムの吸着作用や消化管内のpH上昇により薬剤の吸収・排泄に影響を与えることがある。
  • コロネル、ポリフル(ポリカルボフィル);効果が減弱するおそれ
  • カリメート(ポリスチレンスルホン酸) ;効果が減弱するおそれ

 

まとめ

  • マグネシウムを含む食品は、煮汁まで食べられる料理にすることで効率よく摂取できる。
  • マグネシウムと相互作用を起こす薬は意外とあるので注意が必要。

Sponsored Link

マグネシウムの働き、多く含む食品、薬との併用のまとめ 関連ページ

ビタミンAの働き、多く含む食品、薬との併用のまとめ
ビタミンAは視覚機能や細胞増殖に関わる働きを持ちます。β-カロテンは油と一緒に調理をすると効率よく吸収できます。ビタミンAと併用禁忌の薬には、チガソン(エトレチナート)、ベサノイド(トレチノイン)、アムノレイク(タミバロテン)、タルグレチン(ベキサロテン)などがあります。
ビタミンDの働き、多く含む食品、薬との併用のまとめ
ビタミンDは、骨に対する作用や細胞増殖に関わります。ビタミンDは油と一緒に摂取すると吸収が高まります。ビタミンDはジゴシン(ジゴキシン)と併用すると、血中濃度が高まるおそれがあります。
ビタミンEの働き、多く含む食品、薬との併用のまとめ
ビタミンEの働きには、生体膜の安定化、活性酸素の消去などがあります。ビタミンEは過剰症も欠乏症も比較的起こりにくく、薬の相互作用には、コレバイン(コレスチミド)、クエストラン(コレスチラミン)、フォスブロック、レナジェル(セベラマー)があります。
ビタミンKの働き、多く含む食品、薬との併用のまとめ
ビタミンKの働きには血液凝固作用、骨形成促進作用があります。ビタミンKと薬の相互作用には、ワーファリン(ワルファリンカリウム)、コレバイン(コレスチラミン)、フォスブロック、レナジェル(セベラマー)、ジャクスタピッド(ロミタピド)などがあります。
ビタミンB1の働き、多く含む食品、薬との併用のまとめ
ビタミンB1の働きには、糖代謝の促進、神経機能の正常化があります。ビタミンB1は熱に弱く、水に溶けやすいため、アリシンを含む食品と摂取することでアリチアミンとなり吸収を高められます。
ビタミンB2の働き、多く含む食品、薬との併用のまとめ
ビタミンB2の働きは代謝促進、発育促進がある。そのため欠乏すると口唇炎などの症状が出ることがあります。ビタミンB2は熱や酸には強いですが、アルカリや光に不安定なので、冷暗所に食品を保存するとよいです。
ビタミンB6の働き、多く含む食品、薬との併用のまとめ
ビタミンB6の働きは神経伝達物質の合成、ヘモグロビンの合成、コレステロールの代謝、アミノ酸の代謝などに関わります。ビタミンB6はレボドパの脱炭酸化を促進して、レボドパの作用を減弱させるため薬の相互作用に注意が必要です。
ビタミンB12の働き、多く含む食品、薬との併用のまとめ
ビタミンB12の代表例であるメチルコバラミンは葉酸と共にDNAの構成成分の1つであるチミンの合成に関わり、赤血球や神経機能の維持に関わる。ビタミンB12は動物性食品に多く含まれる
ビタミンCの働き、多く含む食品、薬との併用のまとめ
ビタミンCはコラーゲンの生成、メラニンの生成抑制、抗酸化作用などの作用があり、壊血病が起こることがあります。ビタミンCと相互作用を起こす可能性のある薬にはダイアモックス(アセタゾラミド)があります。
ナイアシンの働き、多く含む食品、薬との併用のまとめ
ナイアシンとはニコチン酸とニコチンアミドの総称で体内ではNADやNADPとして存在し、酸化還元反応の補酵素として働きます。アマリール(グリメピリド)、メトグルコ(メトホルミン)などの血糖降下薬と相互作用を起こすことがあります。
パントテン酸の働き、多く含む食品、薬との併用のまとめ
パントテン酸の働きはコエンザイムAの構成成分として関わり、糖質、脂質、タンパク質の代謝調節を助けます。パントテン酸とベネシッド(プロベネシド)は相互作用を起こすことがあるため注意が必要
葉酸の働き、多く含む食品、薬との併用のまとめ
葉酸はDNAの合成、アミノ酸代謝、造血作用などの働きがあり、胎児の正常な発育や巨赤芽球性貧血(悪性貧血)などに関わります。葉酸と薬の相互作用などもまとめています。
亜鉛の働き、多く含む食品、薬との併用のまとめ
亜鉛が欠乏すると、生体に必要なものが作られなくなったり、味覚障害等が起こる可能性があります。亜鉛と薬でキレートを作るものがあるため、テトラサイクリン系、キノロン系、ビスホスホネート製剤などは併用には注意が必要です。
カルシウムの働き、多く含む食品、薬との併用のまとめ
カルシウムは体の構造だけでなく、神経興奮、神経伝達物質の遊離、筋収縮、血液凝固などの働きに関わります。カルシウムと薬の相互作用には効果減弱など様々なものがあります。
鉄の働き、多く含む食品、薬との併用のまとめ
鉄は酸素の運搬などの働きに関わり、欠乏すると貧血などの症状が起こります。鉄と相互作用を起こす代表的な薬の1つにタンニン酸アルブミンがあります。
銅の働き、多く含む食品、薬との併用のまとめ
銅は造血作用などに関わり、欠乏すると鉄投与に反応しない貧血などが起こることがあります。メタルカプターゼ(ペニシラミン)、メタライト(トリエンチン)、ノベルジン(酢酸亜鉛)など銅過剰症治療薬を飲んでいる患者は食事やサプリメントからの銅摂取は控えた方が良いと考えられます。
血圧が高めの方に適した特定保健食品(トクホ)や機能性表示食品
血圧が高めの方に適した特定保健食品(トクホ)や機能性表示食品の成分には、ペプチド類、GABA、杜仲葉配糖体、γ-グルタミル-S-アリルシステイン、α-リノレン酸などがあります。
血糖が高めの方に適した特定保健食品(トクホ)や機能性表示食品
血糖が高めの方に適した特定保健食品(トクホ)や機能性表示食品の成分には難消化性デキストリン、グァバ葉ポリフェノール、小麦アルブミン、ネオコタラノールなどがあります。

 
HOME プロフィール お問い合わせ