調剤録、記載事項と入力ミス

調剤録、記載事項と入力ミス

調剤報酬を請求するにあたって、調剤録は重要です。調剤録には多くの記載事項がありますが、システム上、入力ミスをしやすい項目があります。記載事項を間違えると返戻となってしまうことがあるので注意が必要です。

Sponsored Link

調剤録、記載事項と入力ミス

調剤報酬を請求するにあたって、調剤録はとても大事な記録です。私の薬局では、事務さんだけでなく、薬剤師もダブルチェックして返戻がないように注意しています。

 

 

では、調剤録の記載事項にはどのようなものがあるでしょうか?それをみていきます。

 

調剤録の記載事項

調剤録には以下の項目などの記載が必要とされています。

 

  • 患者の氏名及び年齢
  • 調剤年月日
  • 調剤した薬剤師の氏名
  • 処方した医師等の氏名、住所又は勤務する医療機関の名称・所在地
  • 処方箋に記載された医薬品を変更して調剤した場合の変更内容及び医師等に疑義照会をした回答内容
  • 患者の被保険者証記号番号、保険者名、生年月日及び被保険者、被扶養者の別
  • 薬名及び分量
  • 調剤量
  • 処方箋の発行年月日
  • 処方箋に記載してある用量
  • 既調剤量及び使用期間
  • 薬剤点数
  • 調剤手数料
  • 請求点数及び患者負担金額

 

かなり多くのものがあるように見えますが、調剤済みとなった処方箋に調剤録と同様の事項を記入したものをもってかえることができるとされています。よって、調剤済みの処方箋の裏面に、調剤した薬剤の薬剤点数、調剤手数料、請求点数、患者負担金額を記載することで調剤録として利用できます。しかし、現実問題として入力ミスなどがあり、調剤録の再発行が必要な時などもあるので、私の薬局では処方箋と調剤録は分けて記録しています。

 

 

ちなみに薬局開設者は調剤録を最終記入の日から3年間保存しなければならないとされています。

 

調剤録の入力ミス

先ほど私の薬局では調剤録のダブルチェックを薬剤師が行うと述べました。事務さんも人間ですし、どうしても入力する上で間違えることがあります。システム上、間違えにくいものと間違えやすいものがあり、間違えやすいものをしっかりとカバーしあうことで返戻を防ぐことができます。

 

Sponsored Link

Sponsored Link

 

私の薬局では以下のものが間違えやすいです。

 

調剤年月日、処方箋の発行年月日

調剤年月日はほとんど大丈夫ですが、注意すべきは処方箋の発行年月日です。処方箋の発行年月日が昨日であったり、処方箋の期限が切れてしまっていることがあります。たまに平然と期限切れの処方箋を出してくる患者さんがいるため、注意が必要です。

 

処方した医師等の氏名、住所又は勤務する医療機関の名称・所在地

病院を複数通っている人で、前回の他院の記録を選択してしまって、間違えるケースがあります。

 

患者の被保険者証記号番号、保険者名、生年月日及び被保険者、被扶養者の別

保険証が変わっているのにそのまま前回の記録をDoしようとして、間違えるケースがあります。

 

薬名及び分量、処方箋に記載してある用量

しばらくDoが続き安心していたところに、処方変更があり、前回Doで入力してしまい間違えるケースがあります。ここは薬剤師としてスルー出来ないところでしょう。

 

まとめ

  • 調剤報酬を請求するにあたって、調剤録は重要。
  • 薬局開設者は調剤録を3年間保管する。
  • 調剤録のミスを減らし、返戻を防ぎましょう。

就職や転職でお悩みの方はコチラ!私はここで年収120万円上がりました

Sponsored Link