後発医薬品調剤体制加算は規格単位数量をもとに計算される。

Sponsored Link

後発医薬品調剤体制加算、規格単位数量とは

前回の、地域支援体制加算、施設基準の項目では、主に地域支援体制加算をまとめました。今回は残りの後発医薬品調剤体制加算についてまとめます。

 

後発医薬品への変更調剤と注意点でも述べたように、国は医療費を削減するために、ジェネリックを使って欲しいと考えています。ジェネリックを推進するのに協力してくれたら、加算あげるよ、というのが後発医薬品調剤体制加算となります。

 

この後発医薬品調剤体制加算は、薬局経営を安定させるのに関わってくる大事な加算です。なぜなら調剤基本料に上乗せされるので、達成できたときのうまみが大きいからです。

 

 

ただ、別ページでも文句を言っているように、国は全然現場のことをわかっていません。現場で働いている方は共感して頂けると思いますが、ジェネリックに変えるのって想像以上に大変です。一番きついのは、自己負担が無い患者さんです。少なくとも私の薬局では、「タダなんだから、いいものちょうだいよ。」みたいな患者さんばっかりで、絶対変更してくれません。私も患者さんの立場ならそうします。

 

ようやく生活保護は強制ジェネリックになりましたが、それ以外の自己負担が無い患者さんについても、強制ジェネリックなどを検討して頂きたいです。それが無理なら、今回の後発医薬品調剤体制加算の計算から除外するとかして欲しいです。

 

まだまだ書ききれない思いがたくさんありますが、話しがそれたので、元に戻します(笑)

 

後発医薬品調剤体制加算は直近3か月間の調剤した医薬品についてみます。調剤した薬剤の規格単位数量に占める後発医薬品の割合により3つにわかれています。

 

  • 後発医薬品調剤体制加算1(75%以上);18点
  • 後発医薬品調剤体制加算2(80%以上);22点
  • 後発医薬品調剤体制加算3(85%以上);26点

 

私の薬局は、この記事を書いている時、80%前半でした。85%は本当に難しい。皆さんの薬局はいかがでしょうか。

 

規格単位数量とは

規格単位は薬価基準に載っている単位で保険薬辞典に載っています。

 

例えば、リピトール5mg錠であれば、5mg1錠が規格単位となります。よって、患者さんAに、リピトール5mgを45日分、患者さんBにアトルバスタチン5mgを55日分出しただけの状態を考えると

 

 

55/(45+55)=55%となります。

 

錠剤以外が、なかなかくせもので、単位が「包」、「g」、「瓶」、「ml」など色々あるので注意が必要です。

 

Sponsored Link

Sponsored Link


 

後発医薬品の調剤数量の割合を算出する際に除外できるもの

まず、大前提として、先発品しかないものは関係ありません。その他として、

 

  • 経腸成分栄養剤
  • 特殊ミルク製剤
  • 生薬、漢方製剤
  • 準先発品(昭和42年9月以前に承認された医薬品)
  • 基礎的医薬品(古くからあり、医療に広く浸透して貢献しているが、薬価が削られまくって不採算になるおそれがある薬など)

 

これらは計算する際に除外されます。詳しくは厚生労働省がリストを公開しているので、そちらを検索してみてください。

 

掲示

施設基準には、掲示に関する記載もあります。

 

後発医薬品の調剤を積極的に行っていることを、保険薬局の内側および外側に掲示します。そして後発医薬品調剤体制加算を算定していることを保険薬局の内側に掲示します。

 

 

まとめ

  • 後発医薬品調剤体制加算は、薬局経営にも関わる大事な加算
  • 後発医薬品調剤体制加算は、直近3ヶ月の割合によって3つにわかれる。
  • 条件を満たすだけでなく、掲示も忘れずに。
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

Sponsored Link

Sponsored Link

後発医薬品調剤体制加算、規格単位数量とは 関連ページ

保険薬局、レセプトと審査支払機関の流れ
保険薬局は審査支払機関にレセプトを提出すると、内容がチェックされます。審査支払機関は保険者にレセプトを送り、内容が確認されます。保険者より審査支払機関へお金が送られ、保険薬局に送られます。
保険薬局と保険薬剤師、薬担規則の掲示について
国からお金をもらうには、保険薬局の指定と保険薬剤師の登録が少なくとも必要です。薬担規則には、掲示などの保険薬局と保険薬剤師が守るべきルールが記載されています。
調剤録、記載事項と入力ミス
調剤報酬を請求するにあたって、調剤録は重要です。調剤録には多くの記載事項がありますが、システム上、入力ミスをしやすい項目があります。記載事項を間違えると返戻となってしまうことがあるので注意が必要です。
保険薬局の領収書と明細書
保険薬局の領収書や明細書は必要項目を書いていれば様式は自由でよいです。なお、自己負担のない患者には領収書は発行する必要はありません。
保険番号、保険証と自己負担割合
保険証には保険者番号があり、社保は8桁、国保は6桁となっている。保険者番号は、法別番号、都道府県番号、保険者別番号、検証番号などからなる。自己負担額や高額療養費制度は年齢と所得によって異なる。
薬剤料の計算、五捨五超入に気を付ける。
調剤報酬は基本的に薬剤料と技術料からなります。そして薬剤料は薬剤料と特定保健医療材料料からなります。そして計算は小数点以下を五捨五超入で計算するので注意が必要です。
調剤基本料、受付回数、集中率、分割調剤とは
技術料は、薬学管理料と調剤技術料にわけられます。調剤技術料は、調剤料と調剤基本料にさらにわけられます。調剤基本料は受付回数や集中率などによって区分がわかれます。
薬学管理料、今後伸びそうな算定料は?
薬学管理料は、服用歴を管理して、指導した時に算定できます。国は体物業務から対人業務へのシフトを薬剤師に求めています。そのため、服用薬剤調整支援料、外来服薬支援料などが薬学管理料の中でも伸びそうです。
調剤基本料各論、妥結率と減算
調剤基本料は調剤できる体制に対する点数になります。調剤基本料は受付回数や集中率によって点数が異なります。減算に関わるルールもあり、その中の1つに妥結率があります。
地域支援体制加算、施設基準の項目
地域支援体制加算は、調剤薬局の機能を評価する加算です。地域支援体制加算の評価項目には、医薬品の備蓄品目、休日や緊急時の対応、医薬品に関わる情報提供や健康相談に応じる体制、24時間調剤や在宅業務に関わる体制、かかりつけ薬剤師などがあります。
分割調剤、3つのパターンによる対応のまとめ。
分割調剤は、長期処方で保存困難の時、後発品のお試し、医師の指示によるものなどで対応が変わってきます。現時点では、記録や管理が面倒であり、コスパも悪いので、薬局が分割調剤をやるメリットがない。
調剤料、剤の考え方
調剤料は、調剤する手技に対する報酬です。調剤料を考える上で大事なのが剤です。剤は、服用時点・服用回数が同じものを言いますが、色々なケースがあります。
調剤料の加算、同時算定できるもののまとめ
調剤料の加算には様々なものがあり、自家製剤加算、計量混合調剤加算、嚥下困難者用製剤加算、一包化加算などがあります。これらは同時算定がほぼできないですが、まれにできることがあります。それのまとめです。
薬剤服用歴管理指導料、必要な項目と記録
薬剤服用歴管理指導料を算定するためには、必要な項目について、情報収集や、情報提供をすることが大事です。また薬剤服用歴管理指導料を算定するために、その記録をしっかり残すことも重要です。
薬剤服用歴管理指導料の加算と必要な項目
薬剤服用歴管理指導料の加算には、麻薬管理指導加算、重複投薬・相互作用等防止加算、特定薬剤管理指導加算、乳幼児服薬指導加算などがあります。これらは必要な項目を満たしたときに算定できます。
かかりつけ薬剤師指導料、施設基準の適合と患者の同意
かかりつけ薬剤師指導料を算定するには、施設基準に適合したり、患者の同意を得た文書を作る必要があります。かかりつけ薬剤師包括管理料は、患者の条件が難しいため、現実的に算定する機会は少ないです。
在宅患者訪問薬剤管理指導料、算定回数やサポート薬局などのまとめ
在宅患者訪問薬剤管理指導料は、通院困難な患者に対して、医師の指示に基づいて行った時に算定できます。在宅患者訪問薬剤管理指導料は、算定回数やサポート薬局などのルールをまとめます。
後発医薬品(ジェネリック医薬品)への変更調剤と注意点
処方箋の変更不可欄にチェック印や×がなければ、後発医薬品(ジェネリック医薬品)に変更調剤できます。後発医薬品(ジェネリック医薬品)に変更調剤をするときには、様々な注意点があります。
処方日数が14日分や30日分と制限のある薬
処方日数が14日分までに制限されているものとして、新医薬品があります。また処方日数が30日分に制限されているものとしては、麻薬や向精神薬の一部が該当します。

 
HOME プロフィール お問い合わせ