後発医薬品(ジェネリック医薬品)に変更調剤する時には、注意点がいくつかある。

Sponsored Link

後発医薬品への変更調剤と注意点

国は医療費を削減するために、患者さんに後発医薬品(ジェネリック医薬品)を使ってほしいと考えています。国が後発医薬品(ジェネリック医薬品)を推し進めていくことは間違ってはいないと思いますが、現場のことも少しは考えて欲しいと思ってしまいます。おそらく各薬局、後発医薬品(ジェネリック医薬品)の普及に苦労していることでしょう。

 

 

愚痴はさておき、今回は後発医薬品(ジェネリック医薬品)への変更調剤についてです。私が病院から、保険薬局に転職した時に、この変更のルールがなかなか慣れませんでした。

 

後発医薬品調剤体制加算をとれるように、変更調剤のルールを覚えておきましょう。

 

まず処方薬の書き方として、大きく以下の2つがあります。

 

  • 銘柄名処方;商品名で書かれた処方
  • 一般名処方;成分名で書かれた処方。[般]+一般的名称+剤形+含量で書かれることが多い。

 

これらで来た時の後発医薬品(ジェネリック医薬品)への変更ルールを確認していきます。

 

銘柄名処方と一般名処方における後発医薬品への変更

処方箋の「変更不可」欄にチェック印や×が入っていなければ、処方薬に代えて後発医薬品(ジェネリック医薬品)を調剤できます。

 

逆に、「変更不可」欄にチェック印や×が入っていて、かつ「保険医署名欄」に、処方医の署名又は記名押印がある場合は、後発医薬品(ジェネリック医薬品)に変更が出来ないということになります。

 

 

後発医薬品(ジェネリック医薬品)に変更できる場合には含量規格が異なるものや類似別剤形に変えて調剤できます。例えば、10mg 1錠を5mg 2錠であったり、普通錠をOD錠に変えるなどです。

 

ただし、変更にあたっていくつか注意事項があります。

 

Sponsored Link

Sponsored Link


 

後発医薬品に変更する時の注意

変更する剤形について

変更する時の、類似する別剤形の医薬品とは以下のグループ内のものをさします。

 

  • 錠剤(普通錠、口腔内崩壊錠)、カプセル剤、丸剤
  • 散剤、顆粒剤、細粒剤、末剤、ドライシロップ剤(内服用固形剤として調剤するとき)
  • 液剤、シロップ剤、ドライシロップ剤(内服用液剤として調剤する場合)

 

要するに、錠剤は錠剤、粉は粉、液は液ということですね。

 

外用薬について

外用薬については別剤形の後発医薬品(ジェネリック医薬品)へ変更する時は問い合わせ必要となります。含量規格が異なる後発医薬品への変更は可能となっています。

 

 

金額面について

含量規格が異なるものや、類似する別剤形へ変更する場合は、調剤後の薬剤料が変更前のものと比べて、同額以下に限ります。変更したことで、患者の負担が増えるのはおかしいだろという話です。

 

医療機関への情報提供について

後発医薬品(ジェネリック医薬品)に変更調剤をした時には、処方元の保険医療機関に情報提供しなければなりません。処方元の保険医療機関がどういう薬を出したかわからなくなってしまうからです。決められた様式はないものの、変更前と変更後の記載があれば問題ないかと思います。

 

なおこの情報提供は、保険医療機関との間で情報提供不要などのルールが決められているのであれば、それに従うことで問題ないとされています。

 

私の薬局では、お薬手帳に変更前と変更後の記載をするのみとなっています。

 

レセプトについて

一般名処方された処方箋について、後発医薬品(ジェネリック医薬品)を調剤せず先発品で出した場合、その理由を摘要欄に書かなければなりません。

 

理由としては、「患者の意向」、「保険薬局の備蓄」、「後発医薬品無し」、「その他」などがあります。これらの中から、最も当てはまるものを1つ記載することが必要です。

 

 

まとめ

  • 処方箋の変更不可欄にチェック印や×がなければ、後発医薬品(ジェネリック医薬品)に変更調剤できる。
  • 後発医薬品に変更調剤する時には、様々な注意点があるので気をつける。
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

Sponsored Link

Sponsored Link

後発医薬品(ジェネリック医薬品)への変更調剤と注意点 関連ページ

保険薬局、レセプトと審査支払機関の流れ
保険薬局は審査支払機関にレセプトを提出すると、内容がチェックされます。審査支払機関は保険者にレセプトを送り、内容が確認されます。保険者より審査支払機関へお金が送られ、保険薬局に送られます。
保険薬局と保険薬剤師、薬担規則の掲示について
国からお金をもらうには、保険薬局の指定と保険薬剤師の登録が少なくとも必要です。薬担規則には、掲示などの保険薬局と保険薬剤師が守るべきルールが記載されています。
調剤録、記載事項と入力ミス
調剤報酬を請求するにあたって、調剤録は重要です。調剤録には多くの記載事項がありますが、システム上、入力ミスをしやすい項目があります。記載事項を間違えると返戻となってしまうことがあるので注意が必要です。
保険薬局の領収書と明細書
保険薬局の領収書や明細書は必要項目を書いていれば様式は自由でよいです。なお、自己負担のない患者には領収書は発行する必要はありません。
保険番号、保険証と自己負担割合
保険証には保険者番号があり、社保は8桁、国保は6桁となっている。保険者番号は、法別番号、都道府県番号、保険者別番号、検証番号などからなる。自己負担額や高額療養費制度は年齢と所得によって異なる。
薬剤料の計算、五捨五超入に気を付ける。
調剤報酬は基本的に薬剤料と技術料からなります。そして薬剤料は薬剤料と特定保健医療材料料からなります。そして計算は小数点以下を五捨五超入で計算するので注意が必要です。
調剤基本料、受付回数、集中率、分割調剤とは
技術料は、薬学管理料と調剤技術料にわけられます。調剤技術料は、調剤料と調剤基本料にさらにわけられます。調剤基本料は受付回数や集中率などによって区分がわかれます。
薬学管理料、今後伸びそうな算定料は?
薬学管理料は、服用歴を管理して、指導した時に算定できます。国は体物業務から対人業務へのシフトを薬剤師に求めています。そのため、服用薬剤調整支援料、外来服薬支援料などが薬学管理料の中でも伸びそうです。
調剤基本料各論、妥結率と減算
調剤基本料は調剤できる体制に対する点数になります。調剤基本料は受付回数や集中率によって点数が異なります。減算に関わるルールもあり、その中の1つに妥結率があります。
地域支援体制加算、施設基準の項目
地域支援体制加算は、調剤薬局の機能を評価する加算です。地域支援体制加算の評価項目には、医薬品の備蓄品目、休日や緊急時の対応、医薬品に関わる情報提供や健康相談に応じる体制、24時間調剤や在宅業務に関わる体制、かかりつけ薬剤師などがあります。
後発医薬品調剤体制加算、規格単位数量とは
後発医薬品調剤体制加算は、薬局経営にも関わる大事な算定で、規格単位数量をもとに計算されます。後発医薬品調剤体制加算は直近3ヶ月の割合によって3つにわかれます。

 
HOME プロフィール お問い合わせ