尿潜血が陽性だと、腎臓より下流で異常がある。

Sponsored Link

尿潜血の基準値、陽性が意味するものは?

尿潜血は、尿の中に血液が混ざっていないかをみる検査になります。

 

普段、私たちがトイレに行くとき、尿は黄色っぽいような色をしているかと思います。しかし血尿があると、私が見ても明らかに赤い色のオシッコをためている患者さんが病棟にいたりします。「痛いんだよ」と言う人もいれば、「痛みとか特に感じないんだよね」と言う人もいます。

 

尿の中に血液が0.1%以上混ざると、見た目でも赤い色になると言われています。素人の私でも見て、明らかにおかしいだろとわかるようであればいいですが、見た目が普通でわからない時もあります。そういったものを調べるような検査になります。

 

では、どこから血液が混ざっているのでしょうか?

 

血尿ができる場所

尿は腎臓という名のフィルターに通されて、作られます。血尿の問題となる血液中の赤血球は、腎臓のフィルターを通ることができません。したがって、フィルターである腎臓より下流の方に問題があるということになります。

 

 

尿はざっくりとではありますが、腎臓→尿管→膀胱→尿道というルートで排泄されますので、これらのどこかで異常がある可能性を示しているのです。

 

基準値

  • 陰性(-)

 

血尿が無いのが普通なので、陰性(-)が正常値となります。検査の採用メーカーによって異なるようですが、異常があると、陽性(+)となり、さらにグレードによって(2+)、(3+)と表示されることもあります。(2+)以上だと強陽性と言われ、より尿潜血の疑いが高くなります。

 

ただし、検査で偽陽性が出ることもあります。女性であれば生理中であったり、ビタミンCの大量摂取によっても、偽陽性となってしまうことがあるため注意が必要です。

 

 

薬剤性は様々なものがものが起こしうる可能性がありますが、ゲフィチニブやシクロホスファミドなどの膀胱炎が有名ですね。その他経験上では、クロピドグレルが被疑薬で血尿が出た患者さんもいました。しかし、その人は膀胱腫瘍の再発の可能性もあったので、どうなのかは謎ですが・・・受診勧告はしましたが、その後は不明です。

 

Sponsored Link

Sponsored Link


 

尿潜血が陽性(+)となると、尿沈渣と呼ばれる試験を行うことがあります。尿沈渣は尿を顕微鏡で見て、赤血球などを実際に確認する検査です。

 

尿潜血が陽性となる可能性のある疾患

  • 腎炎
  • 腎結石
  • 腎膿瘍
  • 尿管結石
  • 尿管腫瘍
  • 尿管異物
  • 膀胱炎
  • 膀胱結石
  • 膀胱腫瘍
  • 尿道炎
  • 前立腺炎
  • 前立腺腫瘍

 

その他の全身性疾患でも血尿が起こることがあるそうですが、基本的には先ほど述べたように、腎臓から下流にあたる部分での疾患が多いです。

 

まとめ

  • 尿潜血が陽性(+)だと、腎臓、尿管、膀胱、尿道などに異常の可能性がある

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

Sponsored Link

Sponsored Link

尿潜血の基準値、陽性が意味するものは? 関連ページ

薬剤師は、安全で効果的な薬物治療に検査値を役立てる。
薬剤師は安全で効果的な薬物治療する上で、検査値をある程度知らなければなりません。ただし、正しい検査値が出るとは限らず、個人差があります。基準値を信じすぎないことも根本的に大事なことです。
カルシウムの基準値、カルシウム入りの箱豆腐
カルシウムは骨のイメージが強いですが、血液凝固、神経伝達、筋収縮などに関わります。基準値のゴロとして、カルシウム入りの箱豆腐と覚えてください。
ケトン体と糖尿病性ケトアシドーシス
ケトン体は、アセト酢酸、β-ヒドロキシ酪酸、アセトンの3つの総称で酸性です。ケトン体は、飢餓状態や糖尿病などで糖がうまく利用されないと、増えてきます。特に糖尿病性ケトアシドーシスに関わります。
クレアチニンクリアランス、GFR、Cockcroft-Gault式の覚え方
クレアチニンからクレアチニンクリアランスを予測した式がCockcroft-Gault式で、腎機能障害をある程度予想できます。日本人の体格によりあったものがGFRとなります。
クレアチンキナーゼの基準値、CK-MM、CK-MB、CK-BBも。
クレアチンキナーゼは骨格筋、心筋、脳などに含まれる酵素であり、何らかの損傷を受けると、上昇します。アイソザイムには、CK-MM、CK-MB、CK-BBの3種類があり、どこに損傷があるか推測できます。
血小板の基準値、決勝戦は40万円もする!?
血小板は、出血した時、初期の止血に関わります。しかし血小板が多すぎてしまうと、今度は血栓のリスクが高まります。覚え方のゴロとして、「決勝へ行こう40万で」が覚えやすいです。
CRPの基準値、プロカルシトニンとKL-6も
CRPは炎症の検査値として有名ですが、これだけでは細菌性やウイルス性なのかの判断がつきません。プロカルシトニンは敗血症、KL-6は間質性肺炎に特異的な検査値として使われます。
総ビリルビンの基準値、間接ビリルビンと直接ビリルビン、ウロビリノーゲンとの関係
総ビリルビンは、主に黄疸の指標として使われます。赤血球のヘモグロビンが壊されできたものが、間接ビリルビンで、肝臓で処理されたものが直接ビリルビンです。総ビリルビンはそれらの和となります。またビリルビンは腸内細菌によってウロビリノーゲンとなります。
尿蛋白の基準値、腎臓との関係
尿蛋白は腎臓や尿路系の障害に主に関わります。障害部位によって、腎前性、腎性、腎後性とわけられます。その他にも、妊娠によっても蛋白尿がでることがあるので注意が必要です。
尿沈渣の基準値、尿蛋白、尿潜血、尿糖が異常な時に調べる検査
尿沈渣は、尿蛋白、尿潜血、尿糖が異常な時に行われる検査です。顕微鏡を用いて調べる検査で、尿沈渣を調べることで、腎臓や泌尿器系の疾患を調べることができます。
尿糖の基準値、血糖値と尿細管のバランス
尿糖は血糖値が高くなり、尿細管での再吸収が間に合わなくなると、出てきます。尿糖は食事による影響を受けるため、採尿する時間帯によって、様々な判断材料になりえます。
尿比重の基準値、とうとう父様が・・・
尿比重は、主に腎臓の尿濃縮力を見ることができる検査値です。覚えるゴロとしては、とおとお(とうとう)、父様(とうさま)の尿比重が基準値外にで覚えてください。
白血球の基準値、白血球区分の基本の5つとは
白血球は主に生体防御に関わります。白血球の基準値が異常値を示すようであれば、基本的な5つの区分をみてみましょう。白血球は、好中球、好塩基球、好酸球、リンパ球、単球の5つにわけられます。
プロトロンビン時間(PT)の基準値、血液凝固系の復習も
プロトロンビン時間(PT)は主に外因系に関わる基準値です。血液凝固系には、内因系と外因系と共通系があります。プロトロンビンを含めた血液凝固因子は肝臓でほとんどつくられているので、肝障害の可能性もあります。
プロトロンビン時間-国際標準比(PT-INR)、ワーファリン(ワルファリンカリウム)との関係
プロトロンビン時間-国際標準比(PT-INR)は、血液凝固の指標の1つですが、ワーファリン(ワルファリンカリウム)が適正に使えているかの指標の1つとしての役割が大きい。薬剤師として、コンプライアンス、相互作用、食事に気を付けてチェックをする。
HbA1cの基準値、グリコアルブミンと1,5AGとの関係。
HbA1c、グリコアルブミン、1,5AGは糖尿病における長期的な血糖コントロールの検査値です。HbA1c、グリコアルブミン、1,5AGは反映される期間の長さが違いの1つと言えます。
ヘモグロビンの基準値、MCVも合わせてチェック
ヘモグロビンは酸素や二酸化炭素の運搬に関わります。基準値を下回ると、貧血を起こす可能性があります。貧血の種類は赤血球の大きさを表すMCVによって細かくわけることができます。
ASTとALTの基準値、アセトアミノフェンには特に気を付けよう!
ASTとALTはアミノ酸の代謝に関わっています。ASTは肝臓の他に、心臓や骨格筋にも含まれています。ALTは主に肝臓に含まれていて、肝障害を見ることが出来ます。代表的な薬にアセトアミノフェンがあり、頻度も高いため注意が必要です。

 
HOME プロフィール お問い合わせ