クレアチニンからクレアチニンクリアランスを予測した式がCockcroft-Gault式。

Sponsored Link

クレアチニンクリアランス、GFR、Cockcroft-Gault式の覚え方

クレアチニンはCr(Creatinine)とカルテに記載され、主に腎機能を評価するのに使われます。そもそもクレアチニンとはなんなのでしょうか?

 

クレアチニンとは

筋肉にはクレアチンというアミノ酸の一種があり、エネルギーの発生に関与しています。このクレアチンが燃えて、エネルギーを産生した後に出てくる、燃えカスがクレアチニンになります。

 

クレアチニンは腎臓の糸球体でろ過され、尿細管での再吸収をほぼ受けずに、尿中に排出されます。そのため、腎機能が低下し、ろ過が減ってくると血清クレアチニン値が上昇してくるのです。

 

 

クレアチニンの基準値

クレアチニンの基準値は0.2〜1.2mg/dlと言われています。私は面倒なので、下の0.2は覚えず、ざっくり上が1.0を超えたらやばいくらいでしか覚えていません。

 

なぜかというと、細かい腎機能はクレアチニンクリアランスを見るからです。クレアチニンの検査は腎機能が50〜70%くらいまで低下しないと検査結果にあらわれず、腎機能障害の初期段階には有効に使えないことがあります。

 

クレアチニンクリアランスとは

その名の通り、クレアチニンをどれくらいクリアランスするかというものです。細かく言うと、糸球体が1分間でどれくらいのクレアチニンを除去できるかというかということになります。

 

私はクレアチニンクリアランスについては70ml/minを下回ったら、腎機能低下があるなぁ。くらいでしか覚えていません。なぜなら、減量が必要であれば、クレアチニンクリアランスの目安の値が添付文書に書かれているからです。

 

クレアチニンクリアランスの検査方法は畜尿したりして測定するそうですが、薬剤師はそこはどうでもいいと思います。むしろ知っておくべきはCockcroft-Gault式でしょう。

 

Cockcroft-Gault式とは

コッククロフトゴールト式と呼ばれるものです。大学の時にはガルトって言ってる先生もいた気が・・・まぁコッククロフト式とか言われることが多いので、そこらへんは適宜察してあげてください。

 

畜尿などが面倒だということから、血清クレアチニン値よりクレアチニンクリアランスを予測するための式になります。先ほど、クレアチニンは主に筋肉にあるという話をしました。そのため、筋肉のある男性の方が多くなります。よってこの式も男性と女性では式が少し違います。

 

 

  • 男性;(140-年齢)×体重kg÷72÷血清クレアチニン
  • 女性;男性×0.85

 

この式の機能が搭載された電卓があり、メーカーさんからもらえていたようです。しかし、私の職場では今は絶版となり、手に入らないということになっています。真実はどうなのかはわかりません。電卓に頼りたいところですが、この式は覚えておいて損はないです。私は国試の勉強で覚えました。電卓なしで、計算できるようになることをオススメします。

 

気になる覚え方ですが、今回はゴロはありません。何回も計算して覚えてください。気合論が95%です(笑)しかし、私なりに覚え方のヒントを。

 

Sponsored Link

Sponsored Link


 

Cockcroft-Gault式の覚え方

第一に、72を死ぬ気で覚えましょう。72を2倍すると、140という数字がぼんやり出てきます。覚えられる人は、こんなことしなくていいです。とにかく、この72140を覚えなければ、どうしようもできません。

 

そして、140から何かを引くんだっけな・・・年齢と体重どっちだっけなぁ・・・となるはずです。ここで、ちょっと待ってください。現実的に考えると、引いたときにマイナスになってはいけないんです。クレアチニンクリアランスがマイナスになってしまいますから。そうすると、年齢で140歳と、体重140kgどっちが現実的にありうるかを考えるんです。体重140kgはテレビとかで見るかもしれませんが、年齢140歳は余裕でギネス越えなわけです。よって、140から引くのは年齢だと覚えることができます。

 

次は、せっかく引くところで迷ったので、そのまま140から引いた年齢に残りの体重を掛け算しましょう。

 

掛け算したから、今度は割り算です。72と血清クレアチニンを割れば、男性の出来上がり。

 

そして先ほどもお話ししたように、男性より女性の方が筋肉少ないので、0.85をかければ、女性のできあがり。

 

私はこんな風に覚えました。

 

 

例題

さきほどのCockcroft-Gault式では推定クレアチニンクリアランスを計算しました。ここで復習がてら次の例題を解いてください。

 

次の患者の推定クレアチニンクリアランスを計算せよ。

 

  1. 血清クレアチニン1.0、年齢68歳、体重100kg、男性
  2. 血清クレアチニン1.0、年齢68歳、体重50kg、男性

 

 

 

1が100ml/min。2が50ml/minとなるかと思います。

 

eGFRとは

ここでもう一度問題を見ていただくと、体重しか条件が変わっていないことに気づくと思います。体重があるだけでクレアチニンクリアランスが100ml/minあるから腎機能は大丈夫としていいのか?という問題が出てきます。脂肪がたくさんあって、太っている人は腎機能が必ずしもいいとは限りません。他にも高齢者は筋肉量が少ないため、クレアチニンが極端に低く出る時があります。

 

 

そういったことを考慮して作られたのが、eGFRです。Estimated Glomerular Filtration Rateの略で、推定糸球体濾過値と訳されます。

 

eGFRも男性と女性に分かれています。

 

  • 男性eGFR(ml/min/1.73u)=194×Cr-1.094×年齢-0.287
  • 女性eGFR(ml/min/1.73u)=194×Cr-1.094×年齢-0.287×0.739

 

ここで注意すべきなのは、この式で求めたeGFRは、体表面積が1.73uの人における値です。もちろん患者によって体表面積が異なるので、補正をしてあげる必要があります。

 

さすがに、eGFRまでは式を私は覚えていません・・・パッと計算出来たらかっこいいなとは思うのですが、カルテの検査値の項目に甘えてしまっています(笑)

 

eGFRのステージ
  • ステージ1;90以上→正常または高値
  • ステージ2;60〜89→軽度低下
  • ステージ3;30〜59→中等度低下
  • ステージ4;15〜29→高度低下
  • ステージ5;15未満→腎不全

 

シスタチンC

シスタチンCは、結論から言うと、腎機能の指標となる検査値になります。シスタチンCは、システインプロテアーゼという酵素を阻害しているタンパク質で、体内に広く存在しています。血中に分泌されたシスタチンCは血中のタンパクと結合せず、分子量が小さいです。そのため、糸球体を通過することが出来ます。通過したシスタチンCは近位尿細管で、ほぼ再吸収されてアミノ酸まで分解されます。よってGFRの低下に伴い、シスタチンCが上昇します。

 

クレアチニンは、年齢、性別、筋肉量、食事などの影響を受ける可能性がありましたが、シスタチンCは影響を受けません。さらに、GFRが70ml/min前後の軽度の腎障害でも上昇するので、より早期の腎障害に有効であると言えます。

 

血清シスタチンCからeGFRを求める式も公表されています。

 

  • 男性(104×シスタチンC-1.019×0.996年齢)−8
  • 女性(104×シスタチンC-1.019×0.996年齢×0.929)−8

 

もしクレアチニンクリアランスを算出して、結果が疑わしいとき、シスタチンCを検査していれば、計算してみるといいでしょう。

 

腎機能に影響を与える主な薬剤

全ての薬で腎機能障害は起こる可能性がありますが、代表的なものに以下の薬があります。

 

  • 抗菌薬
  • NSAIDs
  • 金チオリンゴ酸ナトリウム
  • メトトレキサート
  • 抗TNF-α製剤
  • ブシラミン
  • シスプラチン
  • サイアザイド系利尿薬
  • フロセミド

 

少なくとも新しい薬が始まったら、クレアチニンを追いかけることで、腎機能障害を早期発見することができます。

 

まとめ

  • クレアチニンクリアランスをCockcroft-Gault式から算出すると腎機能障害の具合を見ることができる。
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

Sponsored Link

Sponsored Link

クレアチニンクリアランス、GFR、Cockcroft-Gault式の覚え方 関連ページ

薬剤師は、安全で効果的な薬物治療に検査値を役立てる。
薬剤師は安全で効果的な薬物治療する上で、検査値をある程度知らなければなりません。ただし、正しい検査値が出るとは限らず、個人差があります。基準値を信じすぎないことも根本的に大事なことです。
カルシウムの基準値、カルシウム入りの箱豆腐
カルシウムは骨のイメージが強いですが、血液凝固、神経伝達、筋収縮などに関わります。基準値のゴロとして、カルシウム入りの箱豆腐と覚えてください。
ケトン体と糖尿病性ケトアシドーシス
ケトン体は、アセト酢酸、β-ヒドロキシ酪酸、アセトンの3つの総称で酸性です。ケトン体は、飢餓状態や糖尿病などで糖がうまく利用されないと、増えてきます。特に糖尿病性ケトアシドーシスに関わります。
クレアチンキナーゼの基準値、CK-MM、CK-MB、CK-BBも。
クレアチンキナーゼは骨格筋、心筋、脳などに含まれる酵素であり、何らかの損傷を受けると、上昇します。アイソザイムには、CK-MM、CK-MB、CK-BBの3種類があり、どこに損傷があるか推測できます。
血小板の基準値、決勝戦は40万円もする!?
血小板は、出血した時、初期の止血に関わります。しかし血小板が多すぎてしまうと、今度は血栓のリスクが高まります。覚え方のゴロとして、「決勝へ行こう40万で」が覚えやすいです。
CRPの基準値、プロカルシトニンとKL-6も
CRPは炎症の検査値として有名ですが、これだけでは細菌性やウイルス性なのかの判断がつきません。プロカルシトニンは敗血症、KL-6は間質性肺炎に特異的な検査値として使われます。
総ビリルビンの基準値、間接ビリルビンと直接ビリルビン、ウロビリノーゲンとの関係
総ビリルビンは、主に黄疸の指標として使われます。赤血球のヘモグロビンが壊されできたものが、間接ビリルビンで、肝臓で処理されたものが直接ビリルビンです。総ビリルビンはそれらの和となります。またビリルビンは腸内細菌によってウロビリノーゲンとなります。
尿潜血の基準値、陽性が意味するものは?
患者さんで、尿が明らかに赤いことがあります。見た目ではわからない血尿を調べるものが尿潜血です。尿潜血が陽性(+)だと、腎臓、尿管、膀胱、尿道などに異常がある可能性があります。
尿蛋白の基準値、腎臓との関係
尿蛋白は腎臓や尿路系の障害に主に関わります。障害部位によって、腎前性、腎性、腎後性とわけられます。その他にも、妊娠によっても蛋白尿がでることがあるので注意が必要です。
尿沈渣の基準値、尿蛋白、尿潜血、尿糖が異常な時に調べる検査
尿沈渣は、尿蛋白、尿潜血、尿糖が異常な時に行われる検査です。顕微鏡を用いて調べる検査で、尿沈渣を調べることで、腎臓や泌尿器系の疾患を調べることができます。
尿糖の基準値、血糖値と尿細管のバランス
尿糖は血糖値が高くなり、尿細管での再吸収が間に合わなくなると、出てきます。尿糖は食事による影響を受けるため、採尿する時間帯によって、様々な判断材料になりえます。
尿比重の基準値、とうとう父様が・・・
尿比重は、主に腎臓の尿濃縮力を見ることができる検査値です。覚えるゴロとしては、とおとお(とうとう)、父様(とうさま)の尿比重が基準値外にで覚えてください。
白血球の基準値、白血球区分の基本の5つとは
白血球は主に生体防御に関わります。白血球の基準値が異常値を示すようであれば、基本的な5つの区分をみてみましょう。白血球は、好中球、好塩基球、好酸球、リンパ球、単球の5つにわけられます。
プロトロンビン時間(PT)の基準値、血液凝固系の復習も
プロトロンビン時間(PT)は主に外因系に関わる基準値です。血液凝固系には、内因系と外因系と共通系があります。プロトロンビンを含めた血液凝固因子は肝臓でほとんどつくられているので、肝障害の可能性もあります。
プロトロンビン時間-国際標準比(PT-INR)、ワーファリン(ワルファリンカリウム)との関係
プロトロンビン時間-国際標準比(PT-INR)は、血液凝固の指標の1つですが、ワーファリン(ワルファリンカリウム)が適正に使えているかの指標の1つとしての役割が大きい。薬剤師として、コンプライアンス、相互作用、食事に気を付けてチェックをする。
HbA1cの基準値、グリコアルブミンと1,5AGとの関係。
HbA1c、グリコアルブミン、1,5AGは糖尿病における長期的な血糖コントロールの検査値です。HbA1c、グリコアルブミン、1,5AGは反映される期間の長さが違いの1つと言えます。
ヘモグロビンの基準値、MCVも合わせてチェック
ヘモグロビンは酸素や二酸化炭素の運搬に関わります。基準値を下回ると、貧血を起こす可能性があります。貧血の種類は赤血球の大きさを表すMCVによって細かくわけることができます。
ASTとALTの基準値、アセトアミノフェンには特に気を付けよう!
ASTとALTはアミノ酸の代謝に関わっています。ASTは肝臓の他に、心臓や骨格筋にも含まれています。ALTは主に肝臓に含まれていて、肝障害を見ることが出来ます。代表的な薬にアセトアミノフェンがあり、頻度も高いため注意が必要です。

 
HOME プロフィール お問い合わせ