薬剤師は、安全で効果的な薬物治療に検査値を役立てる。

Sponsored Link

薬剤師は、安全で効果的な薬物治療に検査値を役立てる。

注射のページで、「あなたは注射について大学で勉強しましたか?」という問いをしました。

 

検査値で再び同じような質問をしたらどうでしょうか?「あなたは検査値について大学で勉強してきましたか?」

 

私に関しては、これまたNoだと思います。検査値は本当に授業であったのかと思えるくらい勉強していませんでした。せいぜいナトリウムやカリウム、あとHDLコレステロールやLDLコレステロール、HbA1cや血糖値くらいでしょうか。注射に引き続いて、検査値も現場で求められることと教育がかけ離れてしまっているかと思います。

 

Sponsored Link

Sponsored Link


 

文句を言っていてもしかたがないので、本題に。病院では様々な検査が行われます。検査値も判断材料の一つとして、医師は診断をしたり、治療の方向性を決めたりします。その他、重症度であったり、治療効果、副作用の具合などといったことを判断するのにも役立ちます。

 

 

当然、カルテに検査結果が書かれ、それに基づいたコメントなどがされるわけです。よって薬剤師もある程度は検査値について知らなければカルテを読むことが出来ません。検査値を理解せずして、薬剤師は安全で効果的な薬物治療はできないかと思います。異常な値が出ているのにも関わらず、薬を出す先生はほとんどいませんが、たまに検査値を見たのか?と思えるような処方に会うことがあります。

 

例えば、ワーファリンがDo処方で来た。PT-INRが5.0だった。

 

極端ではありますが、こういうのを見てストップをかけられる薬剤師になりましょう。大学で授業がなかったのならば、残念ながら独学するしかありません。それくらい、検査値は学ばなければならないものだと思います。検査値をある程度使いこなすことができれば、特に医師と会話が弾むかと思います。

 

まず検査値についてですが、検査値自体が正しいかを考えなければなりません。採血手技であったり、検査の機械が壊れてしまっているなど様々な原因によって正しく反映されないことがあります。

 

例えば、バンコマイシンの採血が投与後に行われてしまい、検査値が高くなってしまうことがありました。薬剤師は正しく採血された検査値が載っていると思い込み、医師に減量を提案。それを受けてバンコマイシンを減量で処方をする。減量されてしまったから、効果が出ない・・・という事例も私の病院ではありました。このように、必ずしも正しいデータが得られるとは限らないのです。

 

そして正しい検査値が出たとしても、検査値には個人差があり、その患者さんにとっては、その検査値が高い(低い)のが当たり前であることもあります。だから1回の検査値だけでなく、過去日の検査値も見る癖をつけると良いと思います(そもそも過去日と比べないと良くなっているか悪くなっているかの判断ができません)。その他にも、患者の体調などによっても影響を受けます。例えば、脱水状態であれば、血液が濃くなりますし、逆に大量の輸液投与などでは血液が薄まります。よって、基準値から外れているから即異常であると決めつけてしまうと間違えることがあります。

 

このページではよく使われる検査値の基本について学べるような内容にしようと思っています。

 

まとめ

  • 安全で効果的な薬物治療に検査値を役立てる。
  • 正しい検査値が出るとは限らず、個人差がある。
  • 基準値を信じすぎない。
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

Sponsored Link

Sponsored Link

薬剤師は、安全で効果的な薬物治療に検査値を役立てる。 関連ページ

カルシウムの基準値、カルシウム入りの箱豆腐
カルシウムは骨のイメージが強いですが、血液凝固、神経伝達、筋収縮などに関わります。基準値のゴロとして、カルシウム入りの箱豆腐と覚えてください。
ケトン体と糖尿病性ケトアシドーシス
ケトン体は、アセト酢酸、β-ヒドロキシ酪酸、アセトンの3つの総称で酸性です。ケトン体は、飢餓状態や糖尿病などで糖がうまく利用されないと、増えてきます。特に糖尿病性ケトアシドーシスに関わります。
クレアチニンクリアランス、GFR、Cockcroft-Gault式の覚え方
クレアチニンからクレアチニンクリアランスを予測した式がCockcroft-Gault式で、腎機能障害をある程度予想できます。日本人の体格によりあったものがGFRとなります。
クレアチンキナーゼの基準値、CK-MM、CK-MB、CK-BBも。
クレアチンキナーゼは骨格筋、心筋、脳などに含まれる酵素であり、何らかの損傷を受けると、上昇します。アイソザイムには、CK-MM、CK-MB、CK-BBの3種類があり、どこに損傷があるか推測できます。
血小板の基準値、決勝戦は40万円もする!?
血小板は、出血した時、初期の止血に関わります。しかし血小板が多すぎてしまうと、今度は血栓のリスクが高まります。覚え方のゴロとして、「決勝へ行こう40万で」が覚えやすいです。
CRPの基準値、プロカルシトニンとKL-6も
CRPは炎症の検査値として有名ですが、これだけでは細菌性やウイルス性なのかの判断がつきません。プロカルシトニンは敗血症、KL-6は間質性肺炎に特異的な検査値として使われます。
総ビリルビンの基準値、間接ビリルビンと直接ビリルビン、ウロビリノーゲンとの関係
総ビリルビンは、主に黄疸の指標として使われます。赤血球のヘモグロビンが壊されできたものが、間接ビリルビンで、肝臓で処理されたものが直接ビリルビンです。総ビリルビンはそれらの和となります。またビリルビンは腸内細菌によってウロビリノーゲンとなります。
尿潜血の基準値、陽性が意味するものは?
患者さんで、尿が明らかに赤いことがあります。見た目ではわからない血尿を調べるものが尿潜血です。尿潜血が陽性(+)だと、腎臓、尿管、膀胱、尿道などに異常がある可能性があります。
尿蛋白の基準値、腎臓との関係
尿蛋白は腎臓や尿路系の障害に主に関わります。障害部位によって、腎前性、腎性、腎後性とわけられます。その他にも、妊娠によっても蛋白尿がでることがあるので注意が必要です。
尿沈渣の基準値、尿蛋白、尿潜血、尿糖が異常な時に調べる検査
尿沈渣は、尿蛋白、尿潜血、尿糖が異常な時に行われる検査です。顕微鏡を用いて調べる検査で、尿沈渣を調べることで、腎臓や泌尿器系の疾患を調べることができます。
尿糖の基準値、血糖値と尿細管のバランス
尿糖は血糖値が高くなり、尿細管での再吸収が間に合わなくなると、出てきます。尿糖は食事による影響を受けるため、採尿する時間帯によって、様々な判断材料になりえます。
尿比重の基準値、とうとう父様が・・・
尿比重は、主に腎臓の尿濃縮力を見ることができる検査値です。覚えるゴロとしては、とおとお(とうとう)、父様(とうさま)の尿比重が基準値外にで覚えてください。
白血球の基準値、白血球区分の基本の5つとは
白血球は主に生体防御に関わります。白血球の基準値が異常値を示すようであれば、基本的な5つの区分をみてみましょう。白血球は、好中球、好塩基球、好酸球、リンパ球、単球の5つにわけられます。
プロトロンビン時間(PT)の基準値、血液凝固系の復習も
プロトロンビン時間(PT)は主に外因系に関わる基準値です。血液凝固系には、内因系と外因系と共通系があります。プロトロンビンを含めた血液凝固因子は肝臓でほとんどつくられているので、肝障害の可能性もあります。
プロトロンビン時間-国際標準比(PT-INR)、ワーファリン(ワルファリンカリウム)との関係
プロトロンビン時間-国際標準比(PT-INR)は、血液凝固の指標の1つですが、ワーファリン(ワルファリンカリウム)が適正に使えているかの指標の1つとしての役割が大きい。薬剤師として、コンプライアンス、相互作用、食事に気を付けてチェックをする。
HbA1cの基準値、グリコアルブミンと1,5AGとの関係。
HbA1c、グリコアルブミン、1,5AGは糖尿病における長期的な血糖コントロールの検査値です。HbA1c、グリコアルブミン、1,5AGは反映される期間の長さが違いの1つと言えます。
ヘモグロビンの基準値、MCVも合わせてチェック
ヘモグロビンは酸素や二酸化炭素の運搬に関わります。基準値を下回ると、貧血を起こす可能性があります。貧血の種類は赤血球の大きさを表すMCVによって細かくわけることができます。
ASTとALTの基準値、アセトアミノフェンには特に気を付けよう!
ASTとALTはアミノ酸の代謝に関わっています。ASTは肝臓の他に、心臓や骨格筋にも含まれています。ALTは主に肝臓に含まれていて、肝障害を見ることが出来ます。代表的な薬にアセトアミノフェンがあり、頻度も高いため注意が必要です。

 
HOME プロフィール お問い合わせ