アレルギーやアナフィラキシーの原因や症状対策を学ぶ

Sponsored Link

アレルギーとアナフィラキシー、原因と症状と対策

添付文書の副作用で「アナフィラキシー」という言葉が載っていますが、アナフィラキシーとはいったいなんなのでしょうか?

 

私自身服薬指導をしていて、患者さんから、「アレルギーって言うけどどういうのがアレルギーなのかわからない」と言われることが意外とあります。アレルギーは全ての薬で起こりうることですし、状況によっては生命の危機にさらされる可能性もあります。簡単で構わないので答えられるようになりましょう。

 

Sponsored Link

Sponsored Link


 

原因

原因となるアレルゲンを食べたり、触ったり、注射したりすることで体の中に入った時に、急激に起こるアレルギー症状になります。そもそもアレルギーは体の防御をしてくれる免疫機能が、攻撃をしなくてもよいアレルゲンを攻撃してしまうことによって起こってしまいます。

 

原因となるアレルゲンで有名なものは以下のようなものがあります。

 

  • 食品(卵、牛乳、小麦、えび、かに、そば、落花生などが有名)
  • 薬(薬の成分の可能性もあるが、薬以外の添加剤に卵や牛乳などが入っていることがあるのでそちらも注意が必要)
  • ゴムやアルコールなど
  • 動物(ダニ、ハチ毒、ヘビ毒など)

 

 

症状

薬や毒などは直接血流にのる可能性が高いため、症状が早く出る可能性が高いです。それに対して食事に関しては消化吸収までに時間がかかるため、時間差があることもあります。

 

  • 皮膚(あかみ、かゆみなど)
  • 消化器(腹痛、嘔吐など)
  • 呼吸器(くしゃみ、せき、息苦しさなど)
  • 粘膜(目のかゆみ、口が腫れるなど)

 

 

中でも、アナフィラキシーショックと呼ばれるショック状態になると、血圧が低下したり、意識状態が悪くなりますので、とても危険です。

 

対策

まず第一に生命の危機であるならば、速やかに救急車を呼ぶ判断が必要です。医師からすでにエピペン(アドレナリン)を処方されて、持っているようだったら、エピペン(アドレナリン)を使う必要があります。

 

その他にも、あお向けに寝かして、足を心臓より高く上げることで静脈血が返ってきやすくなります。患者の楽な姿勢をとりましょう。

 

薬としては、抗ヒスタミン薬、ステロイド、気管支拡張剤、アドレナリンなどが使われることが多いかと思います。

 

別ページ、アレルギーやアナフィラキシーで使われる注射薬、エピペン、サクシゾン、ポララミン、ネオフィリン、イノバンで簡単ではありますが、まとめています。

 

食品
  • 取り除けるならば取り除く。
  • アレルゲンの特定をし、摂取しないように気を付ける。
  • 自分以外の人にも、アレルギーがあることを伝え、摂取しないように気を付ける。

 

  • 過去にアレルギーを起こしたことがあるならば、既往歴に正しくアレルギー情報を記載する。(医療機関にアレルギー情報を提供する)
  • 初めて使う薬の場合は注意深く観察する。

 

ゴムやアルコールなど
  • 過去にアレルギーを起こしたことがあるならば、既往歴に正しくアレルギー情報を記載する。(医療機関にアレルギー情報を提供する)

 

動物
  • 接触しないよう注意する。
  • 毒針など取り除けるならば取り除く。

 

まとめ

  • アレルゲンを摂取しないように気を付ける。
  • アレルギーを起こしたことがあれば、医療機関に正しく情報提供する。
  • アナフィラキシーショックが起きてしまったら、速やかに医療機関へ。
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

Sponsored Link

Sponsored Link

アレルギーとアナフィラキシー、原因と症状と対策 関連ページ

バイタルサインは8つの項目をみよう
バイタルサインは患者が生きている証です。現代の薬剤師にもバイタルサインを読む力は求められ、薬の効果や副作用により深く関われます。意識、呼吸、血圧、脈拍、体温、酸素飽和度、血糖値、尿量の項目から成り立ちます。
血圧の基本、高血圧と低血圧
血圧とは、血管にかかる圧力のことです。高血圧の緊急事態の指標として、180/120mmHg以上があります。また、低血圧の緊急事態の指標としては、収縮期血圧が90mmHg以下があります。
脈拍の基本、頻脈と徐脈
脈拍は心臓の拍動を体表面の動脈でふれるものです。心臓にある洞結節が主に脈拍の調整をしています。頻脈の緊急事態の指標は140回/分以上のときで、徐脈の緊急事態の指標は40回/分未満のときです。
体温の基本、発熱と解熱
体温は、年齢、時間帯、運動、食事、性などの影響を受け個人差があります。発熱が始まると、悪寒や鳥肌が起こります。ピークでは熱感や皮膚が紅潮します。解熱に向かうと、皮膚の紅潮や発汗が見られます。
呼吸の基本、呼吸数と呼吸音
呼吸は延髄の呼吸中枢によって調整されています。呼吸数が30回/分以上や10回/分以下では緊急事態となります。また副雑音のラ音は、笛声音、いびき音、捻髪音、水泡音の4つがある。
意識の基本、意識障害の原因と評価
意識障害があると危険な状況が多いです。意識障害の評価方法として、JCSやGCSがあります。また原因をみつける方法として、アイウエオチップスがあります。意識障害や麻痺の評価は最後に行われ、まずは生命維持の対応をします。
酸素飽和度の基本、酸素分圧との関係
酸素飽和度はヘモグロビンと酸素がくっついている割合を示します。酸素飽和度が90%を下回ると、臓器障害が起こる可能性が高まります。酸素飽和度が低下する原因には、ショックや不整脈、貧血などがあります。
血糖値の基本、低血糖と高血糖
ブドウ糖は、肝臓でグリコーゲンとして貯蔵され、筋肉では主にエネルギー源として使われます。低血糖も高血糖も意識障害が起こる前に対処することが、患者さんを守るうえで重要となります。
尿量の基本、減少と増加の原因と尿色
尿量は1日1500ml前後は出ていて、400ml以下を乏尿、100ml以下を無尿、3000ml以上を多尿と呼びます。尿量が減少する原因は腎前性、腎性、腎後性、サードスペースへの移行などがあります。また尿色からも様々な情報が得られます。
災害現場とトリアージ、START(スタート)法とは
災害現場では、トリアージが行われ患者の選別が行われます。行われた証として患者にトリアージ・タッグが巻き付けられ、色によって優先順位が記されます。トリアージを行う方法の1つにSTART(スタート)法があります。
視診、触診、打診の基本、薬剤師でも異常に気付けることはある。
視診や触診や打診は、医師や看護師が基本的には行います。しかし薬剤師も視診や触診や打診の基本的なことを知っておけば、チーム医療に参加することができます。また服薬指導時に異常に気付くことができます。

 
HOME プロフィール お問い合わせ