意識障害の評価はJCSやGCS、原因はアイウエオチップス

Sponsored Link

意識の基本、意識障害の原因と評価

病院に緊急でくる患者さんには意識がない人がいます。なんとなくイメージでわかると思いますが、意識がない人は危険な状況が多いです。今回は意識についてみていきます。

 

 

JCS

まずは、意識の評価項目について知りましょう。比較的カルテに使われることが多いのがJCS(Japan Coma Scale)です。JCSは、9つの評価にわかれますが、まず以下のことを抑えます。

 

  • JCSが一けた;刺激していなくても覚醒
  • JCSが二けた;刺激すると覚醒
  • JCSが三けた;刺激しても覚醒しない

 

 

これを踏まえたうえで細かい評価を覚えましょう。

 

  • JCS1(JCS-T-1);意識清明とは言えない
  • JCS2(JCS-T-2);見当識障害がある
  • JCS3(JCS-T-3);自分の名前、生年月日が言えない
  • JCS10(JCS-U-1);普通の呼びかけで開眼
  • JCS20(JCS-U-2);大きな声で体を揺さぶると開眼
  • JCS30(JCS-U-3);痛み刺激を加えつつ呼びかけを繰り返すと開眼
  • JCS100(JCS-V-1);痛み刺激に対し、払いのけるような動作をする
  • JCS200(JCS-V-2);痛み刺激で少し手足を動かす、顔をしかめる
  • JCS300(JCS-V-3);痛み刺激に反応しない

 

JCSは人によって、表記が異なることがあるのでそのことを念頭にいれておくことも大事です。例えばJCS20のことを、JCS-U-1と表記する人もいます。

 

JCSは意識障害の評価に加えてさらに以下の項目を付け足すこともあります。カルテにここまで書いてあることはほぼないですが・・・

 

  • R(restlessness);不穏
  • I(Incontinence);失禁
  • A(akinetic mutism);自発性の欠如

 

これも記載されていれば、JCS20Rなど表記されます。

 

Sponsored Link

Sponsored Link


 

GCS

JCSが日本でよく使われているのに対して、世界で使われているのがGCS(Glasgow Coma Scale)です。GCSは開眼(E)、最良言語応答(V)、最良運動応答(M)の3つで点数をつけて評価されます。E1V1M1といった具合に記載されます。

 

開眼(E)

E(Eye opening)は開眼で以下のようになっています。

 

  • 4点;自発的に
  • 3点;呼びかけに応じて
  • 2点;疼痛刺激に対して
  • 1点;開眼せず

 

点数が低くなるほど、刺激が必要なことがわかります。

 

最良言語応答(V)

V(Best verbal Response)は最良言語応答で、言ってしまうと言葉がまともかどうかです。以下のようになっています。

 

  • 5点;見当識あり
  • 4点;混乱した会話
  • 3点;混乱した言葉
  • 2点;理解できない声
  • 1点;発生なし

 

5点はほぼ会話が成り立つ状態です。4点は、ここはどこですか?お名前はなんですか?が答えられるけれども、それ以外の会話が成り立ちにくい状態です。3点はそれ以下でほぼ単語だけとイメージしましょう。そこから点数が低くなるにつれて会話ができなくなります。

 

最良運動反応(M)

M(Best motor response)は最良運動反応で、運動の機能をみています。

 

  • 6点;命令に応じる
  • 5点;疼痛部位の認識ができる
  • 4点;痛みからの逃避
  • 3点;痛みに対して屈曲運動をする
  • 2点;痛みに対して伸展運動をする
  • 1点;痛みに対して全く動かさない

 

4点は痛みに対して手足を引っ込めます。3点は痛みに対して胸の前で腕をМの字の形に合わせるような動きがみられます。これは大脳皮質に障害が起きたときに見られる反応です。2点は痛みに対して手足が伸びる動きがみられます。これは中脳などに障害が起きたときに見られる反応です。

 

刺激の方法

呼びかけ刺激

普通の声で名前を呼びます。反応がなければ、さらに大きい声で呼びます。覚醒したときに、見当識障害があるのか、ないのかもついでに確認すると、より評価できるでしょう。

 

痛み刺激
  • ペンなどを親指の爪の付け根に押し付ける。
  • 眼窩上縁の内側を圧迫する。
  • 耳下のくぼみを同時に圧迫する。

 

 

意識障害の原因

意識障害は様々な原因によって引き起こされます。原因を覚える上で「アイウエオチップス」という有名な語呂合わせがあります。

 

  • ア;Alcohol(アルコール中毒)
  • イ;insulin(インスリン)
  • ウ;Uremia(尿毒症)
  • エ;Encephalopathy(脳症)、Endocrinopathy(内分泌疾患)、Electrolytes(電解質)
  • オ;Oxygen(低酸素)、Opiate(薬物中毒)
  • T;Trauma(外傷)、Tumor(腫瘍)、Temperature(体温異常)
  • I;Infection(脳炎、髄膜炎、敗血症)
  • P;Psychiatric(精神疾患)、Porphyria(ポルフィリア)
  • S;Stroke(脳卒中)、Shock(ショック)、Seizure(痙攣)、Syncope(失神)

 

一部捕捉を。

 

インスリンは、低血糖や高血糖、ケトアシドーシスなどで起こる。

 

尿毒症は腎不全末期の症状で、体内の老廃物が捨てられないことによる。

 

脳症には高血圧性や肝性脳症、内分泌疾患には粘液水腫や甲状腺クリーゼなどがある。

 

ポルフィリアはヘム合成経路(ポルフィリン合成経路)の酵素が機能しない疾患。その結果、ヘムの前駆体が体内にたまり、排泄されるようになる。ポルフィリンはギリシャ語で紫の色素を意味するそうで、患者の便や尿が紫色になる。

 

麻痺を評価するための簡易テスト

 

バレー兆候(Barre’s sign)

中枢性の運動障害による麻痺があるかのテストです。上肢と下肢の2つの試験法があり、脳出血や脳梗塞などで陽性反応となります。

 

上肢の試験法;両腕を前ならえのようにしてもらい、手のひらを天井の方に向けてもらいます。両目を閉じて、そのままの状態を維持するように伝えて、観察をします。手のひらが返り下降してくると陽性となります。

 

 

下肢の試験法;うつ伏せで寝てもらい、両方の脚の膝から下を90°もしくは45°あげて維持してもらいます。この時に両足はくっつかないように(くるぶしはくっつけないように)します。維持ができなければ陽性です。

 

 

ミンガッツィーニ徴候(Mingazzini’s sign)

同じく中枢性の運動障害による麻痺があるかのテストです。バレー兆候がうつ伏せだったのに対して、ミンガッツィーニはあお向けで行います。

 

試験法;あお向けで寝てもらい、足をあげてもらい、膝から下を90°まげてもらい維持してもらいます。丁度こういう感じです→(足) ̄|_O(頭)維持できなければ陽性です。

 

 

ドロッピングテスト

運動麻痺があるかのテストです。これも上肢と下肢の2つあります。

 

上肢;患者があお向けに寝た状態で、腕を持ち上げて、手を放します。麻痺があると、抵抗なく落ちます。

 

 

下肢;患者があお向けに寝た状態で、膝を持って立たせます。こういう感じです→(頭)O_/\(足)この状態で支えた手を放します。麻痺があると、抵抗なく外側や内側に足が倒れます。

 

 

意識障害の対応

意識障害がある場合には、危険な状態が多いため、優先順位をもって対応されていきます。意識障害や麻痺の評価は最後で、以下のように進められることが多いです。

 

  1. 呼吸・循環の安定。バイタルサインのチェック。
  2. 静脈確保
  3. 採血、血糖値
  4. 意識障害、麻痺の評価

 

まとめ

  • 意識障害はJCSやGCSで評価される。
  • 意識障害の原因としてアイウエオチップスがある。
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

Sponsored Link

Sponsored Link

意識の基本、意識障害の原因と評価 関連ページ

バイタルサインは8つの項目をみよう
バイタルサインは患者が生きている証です。現代の薬剤師にもバイタルサインを読む力は求められ、薬の効果や副作用により深く関われます。意識、呼吸、血圧、脈拍、体温、酸素飽和度、血糖値、尿量の項目から成り立ちます。
血圧の基本、高血圧と低血圧
血圧とは、血管にかかる圧力のことです。高血圧の緊急事態の指標として、180/120mmHg以上があります。また、低血圧の緊急事態の指標としては、収縮期血圧が90mmHg以下があります。
脈拍の基本、頻脈と徐脈
脈拍は心臓の拍動を体表面の動脈でふれるものです。心臓にある洞結節が主に脈拍の調整をしています。頻脈の緊急事態の指標は140回/分以上のときで、徐脈の緊急事態の指標は40回/分未満のときです。
体温の基本、発熱と解熱
体温は、年齢、時間帯、運動、食事、性などの影響を受け個人差があります。発熱が始まると、悪寒や鳥肌が起こります。ピークでは熱感や皮膚が紅潮します。解熱に向かうと、皮膚の紅潮や発汗が見られます。
呼吸の基本、呼吸数と呼吸音
呼吸は延髄の呼吸中枢によって調整されています。呼吸数が30回/分以上や10回/分以下では緊急事態となります。また副雑音のラ音は、笛声音、いびき音、捻髪音、水泡音の4つがある。
酸素飽和度の基本、酸素分圧との関係
酸素飽和度はヘモグロビンと酸素がくっついている割合を示します。酸素飽和度が90%を下回ると、臓器障害が起こる可能性が高まります。酸素飽和度が低下する原因には、ショックや不整脈、貧血などがあります。
血糖値の基本、低血糖と高血糖
ブドウ糖は、肝臓でグリコーゲンとして貯蔵され、筋肉では主にエネルギー源として使われます。低血糖も高血糖も意識障害が起こる前に対処することが、患者さんを守るうえで重要となります。
尿量の基本、減少と増加の原因と尿色
尿量は1日1500ml前後は出ていて、400ml以下を乏尿、100ml以下を無尿、3000ml以上を多尿と呼びます。尿量が減少する原因は腎前性、腎性、腎後性、サードスペースへの移行などがあります。また尿色からも様々な情報が得られます。
アレルギーとアナフィラキシー、原因と症状と対策
アレルギーを起こすと、様々な症状などを起こし、時にアナフィラキシーショックと呼ばれる生命の危機を起こす可能性があります。原因となるアレルゲンを摂取しないように気を付け、正しい対策をする必要があります。
災害現場とトリアージ、START(スタート)法とは
災害現場では、トリアージが行われ患者の選別が行われます。行われた証として患者にトリアージ・タッグが巻き付けられ、色によって優先順位が記されます。トリアージを行う方法の1つにSTART(スタート)法があります。
視診、触診、打診の基本、薬剤師でも異常に気付けることはある。
視診や触診や打診は、医師や看護師が基本的には行います。しかし薬剤師も視診や触診や打診の基本的なことを知っておけば、チーム医療に参加することができます。また服薬指導時に異常に気付くことができます。

 
HOME プロフィール お問い合わせ