セルフメディケーションの対象となる便秘とOTCのまとめ

Sponsored Link

セルフメディケーションの対象となる便秘とOTC

高齢者の多くは医療用医薬品で便秘薬をもらっています。もらい始めたのはいいけど、自己調節をして大量の残薬を持っているケースがあります。便秘薬も湿布と同様にOTCへ移行出来たら、医療費の削減ができるのではないかと思います。

 

 

今回は便秘に使われるOTCの薬を見ていきます。まず便秘は個人差があるため一概には言えませんが、3日以上排便が無かったり、便の硬さや形に問題があるときを便秘と言います。他にも腹部膨満感、残便感、腹痛、食欲不振などの症状を訴えてくることもあります。

 

個人差があるものの正常な排便は、

 

  • 形状;固形でバナナ状
  • 色;黄褐色
  • 料;バナナ1〜2本分(150〜200g)
  • 症状;残便感がない

 

となります。

 

受診勧奨すべき便秘

基礎疾患があって、腸の形態が狭窄したり閉塞してしまっている場合はセルフメディケーションでは対応できません。また薬の副作用が疑われる場合なども受診勧奨すべきでしょう。

 

  • 基礎疾患による便秘が疑われる場合;大腸がんなどの腫瘍、大腸ポリープ、痔、子宮筋腫、電解質異常、糖尿病など
  • 薬の副作用による便秘が疑われる場合;麻薬抗コリン薬抗精神病薬抗うつ薬など

 

 

OTCの便秘薬

OTCの便秘薬の成分には以下のような種類があります。

 

  • 塩類下剤
  • 大腸刺激性下剤
  • 膨張性下剤
  • 湿潤性下剤
  • その他

 

細かい薬理などは、別ページ便秘治療薬、腸における原因なども参考にしてください。

 

塩類下剤

腸管内に水分を貯めて便が柔らかくなり、量が増えて蠕動運動が起こります。

 

硫酸マグネシウム、酸化マグネシウム

 

  • テトラサイクリン系抗生物質、ニューキノロン系抗生物質、ビスホスホネート製剤などと併用すると、これらの薬の効果が弱くなる可能性がある。
  • 酸化マグネシウムは、妊婦に使いやすい。

 

Sponsored Link

Sponsored Link


 

大腸刺激性下剤

大腸を直接刺激することで、腸の蠕動運動が起こります。

 

アロエ、センナ、ダイオウ、ビサコジル、ピコスルファートナトリウムなど
  • アロエ、センナ、ダイオウ、ビサコジルは早産の危険性があるため妊婦には禁忌
  • アロエ、センナ、ダイオウ、ビサコジルは連用により耐性が生じるため、長期連用は避けた方が良いい。
  • ピコスルファートナトリウムは妊婦に使いやすい。

 

 

膨張性下剤

腸管内で薬が水分を吸収して膨らみ腸の内容物が増えます。そして腸管を刺激して蠕動運動が起こります。

 

カルメロースナトリウム、プランタゴなど

 

  • 膨張性下剤の効果を高めるため、十分な水で飲むことが重要

 

湿潤性下剤

海面活性作用があり、便の表面張力を低下させます。そして水分を与えることで便を柔らかくします。

 

ジオクチルソジウムスルホサクシネート

 

その他

 

マルツエキス

 

  • 麦芽糖が腸内細菌によって発酵して生じるガスによって蠕動運動が起こる。
  • 乳幼児の便秘にも用いられる。

 

 

グリセリン

 

  • 腸を刺激して蠕動運動を亢進したり、浸透作用によって便をやわらかくする。
  • 浣腸剤として使用される。

 

OTCの便秘薬の選択

便秘のタイプによって使い分けます。

 

弛緩性便秘

弛緩性便秘は腸の運動や緊張が低下して、便の腸内滞留時間が増えます。便の滞留時間が増えると、腸内の水分吸収が増えてしまい、便が固くなってしまった状態です。

 

 

弛緩性便秘で使うOTCは、便を柔らかくしたり、通りを良くするために塩類下剤や膨張性下剤を選びます。

 

効果不十分であれば刺激性下剤を使用します。

 

痙攣性便秘

痙攣性便秘腸が異常に痙攣や収縮をして、便の動きが悪くなっています。そのため、兎糞状の固い便となります。また排便開始時に腹痛を伴うこともあります。

 

 

痙攣性便秘で使うOTCは、便を柔らかくしたり、通りを良くするために塩類下剤や膨張性下剤や浸潤性下剤を選びます。

 

なお、刺激性下剤は症状を悪化させる可能性があるため使わない方がよいでしょう。

 

直腸性便秘

直腸性便秘は排便反射が低下していて、便をうまく排泄できず、太くてカチコチの固い便となります。

 

 

直腸性便秘で使うOTCは、坐薬や浣腸剤を一時的に使うのが効果的です。その他には、塩類下剤、膨張性下剤、刺激性下剤などでコントロールするのも良いでしょう。

 

まとめ

  • 基礎疾患があり、腸の形態に問題ある便秘のときは受診勧奨。
  • 酸化マグネシウムやピコスルファートナトリウムは妊婦に使いやすい。

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

Sponsored Link

セルフメディケーションの対象となる便秘とOTC 関連ページ

セルフメディケーションの対象となる頭痛とOTC
セルフメディケーションの対象となる頭痛は、片頭痛と緊張型頭痛です。これらのセルフメディケーションに使われるOTCは、ピリン系と非ピリン系に大きく分けられます。
セルフメディケーションの対象となる筋肉痛や関節痛とOTC
セルフメディケーションの対象となる筋肉痛や関節痛の症状としては肩こり、筋肉疲労、捻挫などがあります。筋肉痛や関節痛に使われるOTCは軽度うあNSAIDs禁忌の場合はサリチル酸系を使います。
セルフメディケーションの対象となる風邪とOTC
セルフメディケーションの対象となる風邪は初期のものや症状が軽いものであり、それ以外は受診勧奨します。患者の話を聞いて、症状にあった成分を含んでいるOTCを選ぶことが重要です。
セルフメディケーションの対象となる胃もたれや胸やけとOTC
胸やは胃酸などが食道内に逆流して起こります。胃もたれは消化器の運動機能が落ちて起こります。胸やけにはH2ブロッカー、制酸成分、粘膜保護成分、胃もたれには胃腸機能調整成分が入っているがOTCの薬を、選びましょう。

 
HOME プロフィール お問い合わせ