セルフメディケーションの対象となる風邪とOTCのまとめ

Sponsored Link

セルフメディケーションの対象となる風邪とOTC

風邪は年中起こる可能性があり、特に冬場は風邪をひく人が多いです。風邪をひくと、すぐに病院に行く人もいますが、OTCの薬で様子をみようという人もいます。今回は風邪についてまとめていきます。

 

 

まず風邪とは、主にウイルス感染により生じた鼻腔や咽頭などの上気道の急性炎症のことを言います。症状としては皆さんご存じの通り、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、咳、痰、のどの痛み、熱などが起こります。

 

風邪の経過

一般的に風邪の初期では、くしゃみ、鼻水、のどの痛みなどから始まります。

 

3〜4日後には、発熱や頭痛などが現れ、さらに咳や痰が出てきます。

 

これらの症状を経て気道粘膜は回復していき、10日くらいで治っていきます。

 

よって、セルフメディケーションの対象となる風邪は、これらの症状が比較的軽い時や風邪の初期の場合です。

 

Sponsored Link

Sponsored Link


 

受診勧奨すべき風邪症状

受診勧奨すべき風邪症状の例として、

 

  • 鼻水;緑がかった黄色で粘液質(細菌による二次感染の可能性)
  • 咳;2週間以上続いている(気管支喘息、肺炎、慢性気管支炎などの可能性)
  • 痰;色のついた痰(風邪以外の可能性)
  • 熱;38℃以上(インフルエンザの可能性)
  • のどの痛み;飲食物が飲み込めないほどの強い痛み

 

 

では、これらの症状に使われるOTCの薬の成分をみていきましょう。

 

くしゃみ、鼻水

 

抗ヒスタミン薬

鼻症状の原因となるヒスタミンを抑えます。

 

クロルフェニラミンマレイン酸塩、カルビノキサミンマレイン酸塩、クレマスチンフマル酸塩、ジフェンヒドラミン塩酸塩など

 

  • 第一世代抗ヒスタミン薬
  • 作用は強く、即効性がある
  • 眠気などの副作用が多め
  • 眼圧の上昇や、排尿困難が起こることがあり、閉塞隅角緑内障や前立腺肥大では禁忌

 

 

ケトチフェンフマル酸塩、メキタジンなど

 

  • 第二世代抗ヒスタミン薬
  • 作用はマイルドで、効果発現は遅め
  • 第一世代と比べると眠気などの副作用は少なめ

 

抗コリン薬

鼻水の分泌を抑えます。

 

ヨウ化イソプロパミド、ベラドンナ総アルカロイドなど

 

  • くしゃみや鼻水を強く抑える
  • 眼圧の上昇や、排尿困難が起こることがあり、閉塞隅角緑内障や前立腺肥大には禁忌

 

 

麻薬性鎮咳薬

咳中枢の異常な興奮を抑えます。

 

ジヒドロコデインリン酸塩

 

  • 咳が激しい場合や即効性を期待する場合に使用
  • 気道分泌抑制作用があり痰を出しにくくする可能性がある。そのため痰を伴う咳や気管支喘息の場合は注意が必要。
  • 便秘が起こりやすい

 

 

非麻薬性鎮咳薬

先ほどの麻薬性鎮咳薬と比べると、依存性を起こしにくいです。

 

デキストロメトルファン、ノスカピン、チペピジンヒベンズ酸塩など

 

  • 麻薬性鎮咳薬と比べると鎮咳作用は弱い
  • 麻薬性鎮咳薬と比べると便秘は起こりにくい
  • ノスカピンは気管支拡張作用もあるため喘息の症状が現れやすい人にも適している
  • チペピジンは去痰作用もあるため痰が切れにくい人にも適している

 

 

去痰薬

気道の粘液の分泌を高めたりすることで、痰を出しやすくします。

 

アンブロキソール塩酸塩、ブロムヘキシン塩酸塩、グアヤコールスルホン酸カリウム、グアイフェネシン

 

 

解熱鎮痛薬

プロスタグランジンの合成を抑えます。

 

アセトアミノフェン

 

  • 小児にも使える
  • 胃腸障害が起こりにくい

 

アスピリン

 

  • 15歳未満の小児、出産予定日12週以内の妊婦、アスピリン喘息などは禁忌
  • 解熱鎮痛作用が比較的強く、胃腸障害に注意が必要

 

イブプロフェン

 

  • 抗炎症作用もあり、のどの痛みなどにも効果あり
  • 子宮への移行性がよいため、生理痛に使われることも
  • 15歳未満には禁忌

 

のどの痛み

 

リゾチーム塩酸塩

 

  • のどの炎症に加え、痰や鼻水の粘度を低下させる
  • 卵アレルギーには禁忌

 

 

トラネキサム酸

 

  • 血液凝固系に異常がある人は注意が必要

 

漢方薬

 

葛根湯

 

  • 風邪のひき始めでゾクゾクするような寒気がある時に有効
  • 体力があり汗をかいていない場合に使う

 

麻黄湯

 

  • 風邪のひき始めから症状が強く、葛根湯で効果が現れない場合に有効
  • 筋肉痛や関節痛などの痛みがある場合に有効
  • 体力があり汗をかいていない場合に使う

 

桂枝湯

 

  • 体力が衰えていて汗をかいているときに使う
  • 高齢者などに有効

 

 

小青竜湯

 

  • くしゃみ、鼻水、痰などの症状がある場合に有効

 

柴胡桂枝湯

 

  • 風邪の急性期が過ぎて微熱がまだ残っていたり、食欲が戻らないときに有効

 

麦門冬湯

 

  • 熱は下がったが、咳だけが残る場合に有効
  • 痰が多い時はあまり適していない

 

補中益気湯

 

  • 体力が落ちているときに有効

 

患者の話を聞きながら、症状にあった成分を含んでいるOTCを選びましょう。

 

まとめ

  • セルフメディケーションの対象となる風邪は初期のものや症状が軽いもの
  • 患者の話を聞き、症状にあった成分を含んでいるOTCを選ぶ
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

Sponsored Link

セルフメディケーションの対象となる風邪とOTC 関連ページ

セルフメディケーションの対象となる頭痛とOTC
セルフメディケーションの対象となる頭痛は、片頭痛と緊張型頭痛です。これらのセルフメディケーションに使われるOTCは、ピリン系と非ピリン系に大きく分けられます。
セルフメディケーションの対象となる筋肉痛や関節痛とOTC
セルフメディケーションの対象となる筋肉痛や関節痛の症状としては肩こり、筋肉疲労、捻挫などがあります。筋肉痛や関節痛に使われるOTCは軽度うあNSAIDs禁忌の場合はサリチル酸系を使います。

 
HOME プロフィール お問い合わせ