セルフメディケーションの対象となる花粉症とOTCのまとめ

Sponsored Link

セルフメディケーションの対象となる花粉症とOTC

毎年多くの人が花粉症に頭を悩まされていると思います。私も花粉症で、薬を飲めば治まります。今回は花粉症のOTCについて見ていきます。

 

 

花粉症は私たちの免疫反応によって起こります、免疫は本来体を守る防御機能ですが、花粉を異物と認識してしまい、免疫システムが過剰に働いてしまい、アレルギー症状が現れます。花粉が飛散する季節に症状が現れるため季節性アレルギー性鼻炎と呼ばれています。

 

花粉症の主な症状は、くしゃみ、水溶性の鼻水、鼻づまりなどがあります。その他、目のかゆみ、涙、眼の充血、のどや皮膚のかゆみなども患者が訴えてくることがあります。

 

花粉症と風邪の違い

花粉症と思って来局したものの、実は風邪等の別の症状だったということも、たまにあります。花粉症と風邪の違いの例を見ていきます。

 

 

まず花粉症は、花粉などの原因物質が無くなるまで長期間続きます。それに対し、風邪は5日くらいで治り始め、2週間くらいでほぼ完治します。

 

鼻水も花粉症では水溶性で透明なのに対して、風邪では粘性で黄色くなることもあります。

 

眼のかゆみや充血なども花粉症では出ることが多いですが、風邪では目の症状は出にくいです。

 

また花粉症では発熱は少なく、くしゃみを繰り返しますが、風邪では発熱を伴い、咳がでることが多いです。

 

これらを含めて受診勧奨すべき場合は

 

  • 風邪やインフルエンザなど花粉症以外の鼻炎が疑われる場合
  • 過去に花粉症と診断されたことが無い場合
  • 緑内障や前立腺肥大による排尿困難などの基礎疾患がある場合

 

などがあります。

 

Sponsored Link

Sponsored Link


 

花粉症で使われるOTCの成分

花粉症で使われるOTCの成分には以下のようなものがあります。医療用医薬品や細かい作用機序については、別ページ抗アレルギー薬、花粉症とヒスタミンを参考にしてください。

 

第一世代抗ヒスタミン成分
クロルフェニラミン、ジフェンヒドラミン、カルビノキサミン

 

  • 第二世代と比べると作用は強め
  • 第二世代と比べると効果は即効性
  • 第二世代と比べると中枢抑制作用が強く、眠気が出やすい
  • 前立腺肥大や閉塞隅角緑内障には禁忌

 

 

第二世代抗ヒスタミン成分
アゼラスチン、エバスチン、エピナスチン、ケトチフェン、セチリジン、メキタジン、フェキソフェナジン、ロラタジン

 

  • 第一世代と比べると作用はマイルド
  • 第一世代と比べると効果は持続性
  • 第一世代と比べると中枢抑制作用は弱く、眠気は出にくい

 

ケミカルメディエーター遊離抑制成分
クロモグリク酸、ペミロラスト、トラニラスト

 

  • 作用はマイルドで、効果発現までに時間がかかることがある

 

血管収縮成分
テトラヒドロゾリン、ナファゾリン、フェニレフリン、プソイドエフェドリン

 

  • 鼻づまりに効果的で、即効性がある

 

抗コリン成分
ベラドンナ総アルカロイド、ヨウ化イソプロパミド

 

  • 前立腺肥大や閉塞隅角緑内障には禁忌

 

 

抗炎症成分
グリチルリチン酸、プラノプロフェン

 

漢方薬
小青竜湯

 

  • 体力が中等あり、水様性の鼻水、鼻づまり、くしゃみ、喘鳴、咳などがある場合に
  • アルドステロン症、ミオパチー、低カリウムには禁忌

 

症状による使い分け

先ほどの成分を、含む剤形を基本的には以下のように選択していきます。

 

  • 鼻水、くしゃみ;抗ヒスタミン成分、抗コリン成分などの内服薬
  • 鼻づまり;血管収縮成分の点鼻薬
  • 目のかゆみ;抗ヒスタミン成分、ケミカルメディエーター遊離抑制成分、抗炎症成分などの点眼薬

 

まとめ

  • 花粉症と風邪を間違えないようにする。
  • 鼻水、くしゃみ;抗ヒスタミン成分、抗コリン成分などの内服薬
  • 鼻づまり;血管収縮成分の点鼻薬
  • 目のかゆみ;抗ヒスタミン成分、ケミカルメディエーター遊離抑制成分、抗炎症成分などの点眼薬

不要な教科書や参考書はこちらで買取ラクラク

Sponsored Link

セルフメディケーションの対象となる花粉症とOTC 関連ページ

セルフメディケーションの対象となる頭痛とOTC
セルフメディケーションの対象となる頭痛は、片頭痛と緊張型頭痛です。これらのセルフメディケーションに使われるOTCは、ピリン系と非ピリン系に大きく分けられます。
セルフメディケーションの対象となる筋肉痛や関節痛とOTC
セルフメディケーションの対象となる筋肉痛や関節痛の症状としては肩こり、筋肉疲労、捻挫などがあります。筋肉痛や関節痛に使われるOTCは軽度うあNSAIDs禁忌の場合はサリチル酸系を使います。
セルフメディケーションの対象となる風邪とOTC
セルフメディケーションの対象となる風邪は初期のものや症状が軽いものであり、それ以外は受診勧奨します。患者の話を聞いて、症状にあった成分を含んでいるOTCを選ぶことが重要です。
セルフメディケーションの対象となる胃もたれや胸やけとOTC
胸やは胃酸などが食道内に逆流して起こります。胃もたれは消化器の運動機能が落ちて起こります。胸やけにはH2ブロッカー、制酸成分、粘膜保護成分、胃もたれには胃腸機能調整成分が入っているがOTCの薬を、選びましょう。
セルフメディケーションの対象となる便秘とOTC
基礎疾患があり、腸の形態に問題ある便秘のときは受診勧奨しましょう。便秘のセルフメディケーションで使われるOTCのうち、酸化マグネシウムやピコスルファートナトリウムは妊婦に使いやすい薬です。
セルフメディケーションの対象となる下痢とOTC
血便、黒色便、発熱や吐き気のある下痢の場合はセルフメディケーションせず受診勧奨しましょう。セルフメディケーションする時に、妊婦や小児には整腸剤が使いやすいです。
セルフメディケーションの対象となるニキビとOTC
ニキビは皮脂などで毛包が詰まってしまった状態です。セルフメディケーションのOTCは、白ニキビや黒ニキビには角質軟化成分や殺菌成分を、赤ニキビや黄ニキビには殺菌成分や炎症成分を用います。
セルフメディケーションの対象となる水虫(白癬)とOTC
水虫(白癬)は白癬菌が原因で、ケラチンを好むため足の裏、手のひら、爪、毛などに集まりやすいです。水虫(白癬)のOTCを選ぶときは成分だけでなく、剤形も適切なものを選ぶことが重要です。
セルフメディケーションの対象となる眼の疾患とOTC
眼瞼炎、雪目、眼の乾き、結膜炎、眼精疲労などがOTCでセルフメディケーション対応が可能です。コンタクトレンズの場合は、いったん外して点眼し、5分後につけ直します。
セルフメディケーションの対象となる乾燥肌とOTC
基礎疾患にアトピーがある乾燥肌の場合は、セルフメディケーションの対象とならないので受診勧奨しましょう。乾燥肌に使うOTCのうち、保湿剤は正しい量を使いましょう。
セルフメディケーションの対象となる日焼けとOTC
日焼けの原因となるのは紫外線です。紫外線の中でも皮膚に影響を与えるのはUVAやUVBです。水ぶくれを伴う日焼けは、OTCを使いセルフメディケーションできないので、受診勧奨しましょう。
セルフメディケーションの対象となるしみとOTC
しみの原因となる紫外線は、主にUVAやUVBなどがあります。しみはセルフメディケーションの対象となるOTCがありますが、しわはセルフメディケーションできないので受診勧奨しましょう。
セルフメディケーションの対象となる湿疹やかゆみとOTC
セルフメディケーションの対象となる湿疹やかゆみに使われるOTCは、症状がかゆみのみで炎症がなければ抗ヒスタミンの外用薬、かゆみ以外にも赤身や腫れがあり炎症が軽めならNSAIDsの外用薬、炎症が強ければステロイド外用薬を使います。
セルフメディケーションの対象となる痔とOTC
痔ろう又は、痔核(いぼ痔)裂肛(切れ痔)のひどいものは受診勧奨します。痔のセルフメディケーションで使われるOTCは、坐薬、注入軟膏、内服薬などの種類があります。
セルフメディケーションの対象となる乗り物酔いとOTC
乗り物酔いのうち、メニエール病、良性発作性頭位めまい症、自律神経失調症などの基礎疾患を持つ乗り物酔いの場合は受診勧奨が必要です。セルフメディケーションの対象となる乗り物酔いとOTCの成分をまとめています
セルフメディケーションの対象となる不眠とOTC
不眠でセルフメディケーション可能なのは、一過性不眠で、時差ボケで昼夜が逆転してしまった、寝つきが悪い、眠りが浅い場合だけで、他は受診勧奨しましょう。セルフメディケーションの対象となるOTCの成分のまとめです。
セルフメディケーションの対象となる口腔周辺トラブルとOTC
口腔周辺トラブルでOTCでセルフメディケーションの対象となるものには、口内炎、口唇ヘルペス、歯周病、口臭、ドライマウスなどがあります。

 
HOME プロフィール お問い合わせ