セルフメディケーションの対象となる乾燥肌とOTCのまとめ

Sponsored Link

セルフメディケーションの対象となる乾燥肌とOTC

冬になると肌が乾燥してカサカサします。さらにひどくなると、かゆくなってかきむしってしまいます。今回は乾燥肌について見ていきます。

 

 

乾燥肌は皮膚に含まれる水分量が減り、皮膚が乾燥している状態です。乾燥肌の症状としては皮膚がカサカサしたり、白い粉をふいたりします。さらに悪化すると、皮膚がかゆくなったり、ひび割れや掻き壊しなどが起こることもあります。

 

乾燥肌が起こりやすい部位は、顔、かかと、ひじ、膝、すねなどがあります。あとは手洗いをするため、乾燥肌を起こしやすいです。

 

皮膚の構造

皮膚は体の外側から、表皮、真皮、皮下組織よりなります。さらに表皮は、角質層、顆粒層、有棘層、基底層からなります。この中でも、角質層が皮膚のバリア機能や肌の潤いに関わります。

 

 

角質層の表面を覆っている皮脂膜は、皮膚の水分の蒸発を防ぎ、外から加わる刺激を軽減して皮膚を守っています。

 

皮脂膜の下には角質細胞がたくさん重なっていて、その間の角質細胞間脂質は脂肪酸やセラミドからできています。特にセラミドが水分保持に関わります。他にも角質細胞の中には尿素などの保湿因子があり、これも水分保持に関わっています。

 

乾燥肌になると、これらのバランスが崩れて外からの刺激を受けやすくなり、かゆみを起こします。さらに掻き壊してバリア機能が失われて、もっと悪化してしまいます

 

受診勧奨すべき乾燥肌

受診勧奨すべき乾燥肌の例には以下のようなものがあります。

 

  • かゆみや湿疹が改善しない、皮膚のただれがひどい;皮膚感染症の可能性
  • 基礎疾患;アトピーなど

 

 

乾燥肌に使われるOTCの成分

保湿剤
ワセリン

 

  • 減少した皮脂を補い、水分の蒸発を防ぐ

 

尿素

 

  • 水分保持作用と角質軟化作用があり、カサカサになった角質の表面をなめらかにする

 

ヘパリン類似物質

 

  • 水分保持作用と血行促進作用を持ち、刺激が少ない

 

かゆみ止め
ジフェンヒドラミン、リドカイン

 

 

ステロイド
デキサメタゾン、吉草酸酢酸プレドニゾロン、ヒドロコルチゾン酪酸エステル、ヒドロコルチゾン酢酸エステル、プレドニゾロン

 

  • デキサメタゾン、吉草酸酢酸プレドニゾロンの強さはストロング
  • ヒドロコルチゾン酪酸エステルの強さはマイルド
  • ヒドロコルチゾン酢酸エステル、プレドニゾロンの強さはウィーク

 

その他の抗炎症成分
グリチルリチン酸

 

  • 抗炎症成分として、保湿剤に配合されていることもある

 

OTCの選択

ステロイドの選択

ステロイドは本来医療用などでは、もっと強いストロンゲストやベリーストロングといったものもありますが、OTCではストロングまでとなっています。これらの使い分けを見てみましょう。

 

まず部位ですが、顔の皮膚は薄く他の部位よりも吸収がよいため、マイルド以下のステロイドを使うことが一般的です。また高齢者や小児も肌が弱くマイルド以下を選ぶことが一般的です。

 

 

剤形の選択

剤形には大きく3つのものがあります。

 

  • 軟膏;皮膚の刺激が少ないが、油脂の含有量が多くべたつきはある
  • クリーム;軟膏のべたつきが嫌な人に
  • ローション;水分が多いため浸透性がよく、有毛部位などにも使いやすい

 

一般的には夏はローション、冬は軟膏を選ぶと不快感無く使えることが多いです。

 

保湿剤の塗り方

患者さんから話を聞いていると、保湿剤をケチったり、正しい量を使えていないことがあります。

 

保湿剤は皮膚が水分を吸収している入浴後に塗ると効果的です。しかし、皮膚の水分は入浴後すぐに蒸発してしまうため、入浴後10分以内に塗るのが理想的です。そのため、保湿剤を塗る前に水や化粧水で皮膚に水分がある状態だと、より保湿効果が高まります。

 

 

保湿剤の量の目安として、軟膏は人差し指の先から第一関節まで伸ばした量で、手のひら2枚分の面積に塗ることができます。ローションの場合は500円玉1枚分の大きさで手のひら2枚分の面積となります。

 

まとめ

  • 基礎疾患にアトピーがある乾燥肌の場合は受診勧奨
  • 患部が顔であったり、患者が高齢者や小児の場合はマイルド以下のステロイドを使うことが一般的。
  • 保湿剤の量の目安として、軟膏は人差し指の先から第一関節まで伸ばした量で手のひら2枚分の面積を塗ることができる。

Sponsored Link

セルフメディケーションの対象となる乾燥肌とOTC 関連ページ

セルフメディケーションの対象となる頭痛とOTC
セルフメディケーションの対象となる頭痛は、片頭痛と緊張型頭痛です。これらのセルフメディケーションに使われるOTCは、ピリン系と非ピリン系に大きく分けられます。
セルフメディケーションの対象となる筋肉痛や関節痛とOTC
セルフメディケーションの対象となる筋肉痛や関節痛の症状としては肩こり、筋肉疲労、捻挫などがあります。筋肉痛や関節痛に使われるOTCは軽度うあNSAIDs禁忌の場合はサリチル酸系を使います。
セルフメディケーションの対象となる風邪とOTC
セルフメディケーションの対象となる風邪は初期のものや症状が軽いものであり、それ以外は受診勧奨します。患者の話を聞いて、症状にあった成分を含んでいるOTCを選ぶことが重要です。
セルフメディケーションの対象となる胃もたれや胸やけとOTC
胸やは胃酸などが食道内に逆流して起こります。胃もたれは消化器の運動機能が落ちて起こります。胸やけにはH2ブロッカー、制酸成分、粘膜保護成分、胃もたれには胃腸機能調整成分が入っているがOTCの薬を、選びましょう。
セルフメディケーションの対象となる便秘とOTC
基礎疾患があり、腸の形態に問題ある便秘のときは受診勧奨しましょう。便秘のセルフメディケーションで使われるOTCのうち、酸化マグネシウムやピコスルファートナトリウムは妊婦に使いやすい薬です。
セルフメディケーションの対象となる下痢とOTC
血便、黒色便、発熱や吐き気のある下痢の場合はセルフメディケーションせず受診勧奨しましょう。セルフメディケーションする時に、妊婦や小児には整腸剤が使いやすいです。
セルフメディケーションの対象となるニキビとOTC
ニキビは皮脂などで毛包が詰まってしまった状態です。セルフメディケーションのOTCは、白ニキビや黒ニキビには角質軟化成分や殺菌成分を、赤ニキビや黄ニキビには殺菌成分や炎症成分を用います。
セルフメディケーションの対象となる水虫(白癬)とOTC
水虫(白癬)は白癬菌が原因で、ケラチンを好むため足の裏、手のひら、爪、毛などに集まりやすいです。水虫(白癬)のOTCを選ぶときは成分だけでなく、剤形も適切なものを選ぶことが重要です。
セルフメディケーションの対象となる花粉症とOTC
医療費の観点から、これから花粉症もOTCを使ってセルフメディケーションしなければならなくなると思います。セルフメディケーションの対象となる花粉症とOTCについてまとめました。
セルフメディケーションの対象となる眼の疾患とOTC
眼瞼炎、雪目、眼の乾き、結膜炎、眼精疲労などがOTCでセルフメディケーション対応が可能です。コンタクトレンズの場合は、いったん外して点眼し、5分後につけ直します。

 
HOME プロフィール お問い合わせ