セルフメディケーションの対象となるしみとOTCのまとめ

Sponsored Link

セルフメディケーションの対象となるしみとOTC

女性にとって(男性にとっても?)美は永遠のテーマです。いつまでも若く美しくありたいという人が多いです。そういう人にとって、しみは天敵です。今回は、しみのセルフメディケーションの対象となるOTCの成分を見てみましょう。

 

 

しみの原因となるのが、光老化です。光老化とは、長時間紫外線を浴び続けた結果起こる皮膚の老化のことで、顔や手の甲に茶色いしみができます。

 

皮膚の構造

皮膚は外側から、表皮、真皮、皮下組織の3つの層からなります。

 

表皮はさらに角質層、角質層、有棘層、基底層の4層からなります。基底層の細胞は徐々に表面へと押し上げられて、角質層の細胞となりアカとなって剥がれ落ちます。このことを皮膚のターンオーバーと言います。ターンオーバーは約1ヶ月かけて行われますが、加齢とともに時間がかかるようになってきます。

 

 

真皮はコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などを含み肌の弾力やみずみずしさなどに関わります。

 

皮下組織は皮下脂肪を含み、外からの衝撃を和らげたり、体温を維持する働きなどをします。

 

紫外線

日焼けの原因の1つである紫外線には、UVA、UVB、UVCなどの種類があります。

 

 

UVAは最も波長が長く、物質を透過しやすいため、真皮まで到達します。

 

UVBはUVAと比べて波長は短く、エネルギーが強いため、表皮を傷つけます。

 

UVCは最も波長が短くエネルギーが強いですが、オゾン層や大気を通過できないので、体に影響は与えにくいです。

 

よってUVAやUVBによる皮膚への影響が大きいと言えます。

 

しみ

しみはメラニンが皮膚に沈着することによって起こります。

 

 

しみには以下のような種類があります。

 

  • 肝斑;頬の両側に広がる薄茶色のしみで、左右対称に現れるのが特徴。紫外線に加えて、女性ホルモンが関係していて、30代以上の女性に多い。妊娠や経口避妊薬の影響を受けることも
  • 老人性色素斑;顔や手の甲などの日光が当たりやすいところに、境界が黒っぽく平べったいしみができるのが特徴。50代以上に現れやすい。
  • 後天性真皮メラノサイトーシス;顔の頬や額などに左右対称性のしみが現れ、肝斑に似ている。肝斑よりやや紫色になるのが特徴。

 

なお、しわはセルフメディケーションできないので受診勧奨しましょう。

 

しみに使われるOTCの成分

トラネキサム酸

 

  • メラノサイトを活性化する因子を阻害して、メラニンの産生を抑える
  • 肝斑に適している

 

L-システイン

 

  • メラニンをつくる酵素の過剰な発生を抑制するととtもに、皮膚のターンオーバーを促進させる

 

ビタミンC

 

  • 抗酸化作用によりメラニンを還元して色を薄める

 

まとめ

  • 皮膚に影響を与える紫外線は、主にUVAとUVB
  • しわはセルフメディケーションできないので受診勧奨

Sponsored Link

セルフメディケーションの対象となるしみとOTC 関連ページ

セルフメディケーションの対象となる頭痛とOTC
セルフメディケーションの対象となる頭痛は、片頭痛と緊張型頭痛です。これらのセルフメディケーションに使われるOTCは、ピリン系と非ピリン系に大きく分けられます。
セルフメディケーションの対象となる筋肉痛や関節痛とOTC
セルフメディケーションの対象となる筋肉痛や関節痛の症状としては肩こり、筋肉疲労、捻挫などがあります。筋肉痛や関節痛に使われるOTCは軽度うあNSAIDs禁忌の場合はサリチル酸系を使います。
セルフメディケーションの対象となる風邪とOTC
セルフメディケーションの対象となる風邪は初期のものや症状が軽いものであり、それ以外は受診勧奨します。患者の話を聞いて、症状にあった成分を含んでいるOTCを選ぶことが重要です。
セルフメディケーションの対象となる胃もたれや胸やけとOTC
胸やは胃酸などが食道内に逆流して起こります。胃もたれは消化器の運動機能が落ちて起こります。胸やけにはH2ブロッカー、制酸成分、粘膜保護成分、胃もたれには胃腸機能調整成分が入っているがOTCの薬を、選びましょう。
セルフメディケーションの対象となる便秘とOTC
基礎疾患があり、腸の形態に問題ある便秘のときは受診勧奨しましょう。便秘のセルフメディケーションで使われるOTCのうち、酸化マグネシウムやピコスルファートナトリウムは妊婦に使いやすい薬です。
セルフメディケーションの対象となる下痢とOTC
血便、黒色便、発熱や吐き気のある下痢の場合はセルフメディケーションせず受診勧奨しましょう。セルフメディケーションする時に、妊婦や小児には整腸剤が使いやすいです。
セルフメディケーションの対象となるニキビとOTC
ニキビは皮脂などで毛包が詰まってしまった状態です。セルフメディケーションのOTCは、白ニキビや黒ニキビには角質軟化成分や殺菌成分を、赤ニキビや黄ニキビには殺菌成分や炎症成分を用います。
セルフメディケーションの対象となる水虫(白癬)とOTC
水虫(白癬)は白癬菌が原因で、ケラチンを好むため足の裏、手のひら、爪、毛などに集まりやすいです。水虫(白癬)のOTCを選ぶときは成分だけでなく、剤形も適切なものを選ぶことが重要です。
セルフメディケーションの対象となる花粉症とOTC
医療費の観点から、これから花粉症もOTCを使ってセルフメディケーションしなければならなくなると思います。セルフメディケーションの対象となる花粉症とOTCについてまとめました。
セルフメディケーションの対象となる眼の疾患とOTC
眼瞼炎、雪目、眼の乾き、結膜炎、眼精疲労などがOTCでセルフメディケーション対応が可能です。コンタクトレンズの場合は、いったん外して点眼し、5分後につけ直します。
セルフメディケーションの対象となる乾燥肌とOTC
基礎疾患にアトピーがある乾燥肌の場合は、セルフメディケーションの対象とならないので受診勧奨しましょう。乾燥肌に使うOTCのうち、保湿剤は正しい量を使いましょう。
セルフメディケーションの対象となる日焼けとOTC
日焼けの原因となるのは紫外線です。紫外線の中でも皮膚に影響を与えるのはUVAやUVBです。水ぶくれを伴う日焼けは、OTCを使いセルフメディケーションできないので、受診勧奨しましょう。
セルフメディケーションの対象となる湿疹やかゆみとOTC
セルフメディケーションの対象となる湿疹やかゆみに使われるOTCは、症状がかゆみのみで炎症がなければ抗ヒスタミンの外用薬、かゆみ以外にも赤身や腫れがあり炎症が軽めならNSAIDsの外用薬、炎症が強ければステロイド外用薬を使います。
セルフメディケーションの対象となる痔とOTC
痔ろう又は、痔核(いぼ痔)裂肛(切れ痔)のひどいものは受診勧奨します。痔のセルフメディケーションで使われるOTCは、坐薬、注入軟膏、内服薬などの種類があります。
セルフメディケーションの対象となる乗り物酔いとOTC
乗り物酔いのうち、メニエール病、良性発作性頭位めまい症、自律神経失調症などの基礎疾患を持つ乗り物酔いの場合は受診勧奨が必要です。セルフメディケーションの対象となる乗り物酔いとOTCの成分をまとめています
セルフメディケーションの対象となる不眠とOTC
不眠でセルフメディケーション可能なのは、一過性不眠で、時差ボケで昼夜が逆転してしまった、寝つきが悪い、眠りが浅い場合だけで、他は受診勧奨しましょう。セルフメディケーションの対象となるOTCの成分のまとめです。
セルフメディケーションの対象となる口腔周辺トラブルとOTC
口腔周辺トラブルでOTCでセルフメディケーションの対象となるものには、口内炎、口唇ヘルペス、歯周病、口臭、ドライマウスなどがあります。

 
HOME プロフィール お問い合わせ