会話をしながら患者の専門用語の理解度を確認していく

Sponsored Link

患者さんと話すときは、専門用語を避けよう。その2

前回の、患者さんと話すときは、専門用語を避けよう。その1では「あ行」をまとめました。今回はその続きです。

 

最近テレビでセカンドオピニオンが使われていたため知っていると思い使ってしまいました・・・

 

 

私「○○さん、今回も風邪薬を他の病院で出してもらっていますが、セカンドオピニオンですか?」

 

患者「セカンドオピニオン?」

 

私「ええ。風邪がよくならなくて、主治医の先生以外にもう一度診てもらったのかなと思いまして。」

 

患者「そういうことね。そうなのよ・・・以下省略」

 

理解のある患者さんで良かったですが、やはり専門用語には気をつけなければいけないなと感じました。

 

今回は「か行」と「さ行」です。

 

か行

介護老人保健施設

病状が安定し、入院して治療を受ける必要はない高齢者が、リハビリを中心に医療や看護・介護を受けることのできる施設。自立を支援し、家庭への復帰を目指す施設。

 

ガイドライン

治療の実績や、学会での研究をふまえて作られた診療の目安のこと

 

潰瘍

粘膜や皮膚の表面が炎症を起こしてくずれ、できた傷が深くえぐれたようになった状態。

 

化学療法

薬を使うがんの治療法

 

合併症

病気や手術、検査などが原因となって起こる別の病気

 

寛解

症状が一時的に軽くなったり、消えたりした状態。治る可能性も再発する可能性もある状態。

 

肝硬変

ウイルスやアルコールなどによる肝炎が原因で、肝臓が硬くなり、コブだらけになって、本来の働きができなくなった状態。

 

緩和ケア

主にがんの末期などで痛みや苦しみを和らげることを優先して行う医療のこと。患者さんやその家族の希望や価値観に配慮して、穏やかな日常が送れるようにする医療のこと。

 

既往歴

これまでにかかった病気

 

QOL

Quality Of Lifeの略語。生活の質と訳される。自分でこれでいいと納得できる生活の質のこと。

 

クリニカルパス

退院までの診療内容をスケジュール化したもの

 

グループホーム

認知症患者が専門スタッフの援助を受けて共同生活をする家

 

膠原病

敵から自分を守ってくれている物質が、自分のからだのある部分を敵だと間違えて、攻撃するようになったために起きる病気の一種

 

抗体

細菌やウイルスと戦い、からだを守ってくれる体内で作られる物質

 

誤嚥

食物などが気管に入ってしまうこと

 

Sponsored Link

Sponsored Link


 

さ行

COPD

Chronic Obstructive Pulmonary Diseaseの略語。慢性閉塞性肺疾患と訳される。長年にわたる喫煙などにより、肺や気管支の空気の通り道が狭くなった状態。

 

腫瘍

細胞が異常に増えてかたまりになったもの。ある場所にとどまって大きくなるだけの良性の腫瘍と、治療が必要な悪性の腫瘍に分けられる。

 

腫瘍マーカー

がんがあると、健康なときには見られない物質が現れる。その物質があるかないか、増えているかいないかで、がんがあるかどうかの目安になる。

 

重篤

病状がとても重いこと

 

ショック

血液の循環がうまくいかず、細胞に酸素が行きにくくなった状態で、命の危険がある。

 

浸潤

水が少しずつしみ込んでいくように、がん細胞が周囲に入り込み、拡大すること

 

腎不全

腎臓の働きが悪くなり、からだの中の余分な水分や不要なものが、血液の中にたまってしまう状態。

 

ステロイド

もとは人間のからだの中で作られるホルモンで、炎症を抑えたり、免疫の働きを弱めたりする薬。

 

生検

患部の一部を切り取って、顕微鏡などで調べる検査

 

セカンドオピニオン

主治医以外の医師に意見を聞くこと

 

ぜん息

気管支などが炎症などによって狭くなる病気

 

せん妄

病気や入院による環境の変化などで脳がうまく働かなくなり、話す言葉やふるまいに一時的に混乱が見られる状態

 

尊厳死

患者が自らの意思で、延命処置を行うだけの医療をあえて受けずに死を迎えること

 

つづきは、患者さんと話すときは、専門用語を避けよう。その3でまとめます。

 

まとめ

  • 患者と話すときは、なるべく専門用語を使わないように心がける。
  • 短い時間で患者の理解度を把握し、理解度にあった話をする。
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

Sponsored Link

Sponsored Link

患者さんと話すときは、専門用語を避けよう。その2 関連ページ

第一印象を良くして、かかりつけ薬剤師になろう。
かかりつけ薬剤師になるには、患者さんとの良好な関係を築くことが重要です。患者さんと良好な関係を築くには第一印象が大事です。第一印象を決める要素には、身だしなみ、言動、言葉遣いなどがあります。
時間を逆算して、朝の準備をする
朝は時間を逆算して準備をすることから始まります。他の人に迷惑をかけないように、余裕をもつことで気持ちよく仕事ができます。
コミュニケーション能力を上げるには、自己理解も重要。
現代ではコミュニケーション能力が求められます。コミュニケーション能力をあげる方法の1つに自己理解があります。自己理解の考え方にはジョハリの窓があり、妨げるものには防衛機制があるので注意が必要です。
移動時間を有効活用する
新人や実習生だと、電車通勤の人が多いと思います。なるべく移動時間はアプリなどせず、勉強したり寝て体力を回復するなど自分に投資する時間にしましょう。
コミュニケーションと非言語情報
コミュニケーションは情報のキャッチボールです。コミュニケーションにおいて、非言語情報が想像以上に重要です。非言語情報には、目線、表情、姿勢などが重要です。
あいさつをすることのメリット
あいさつをすることで朝から気持ちよく仕事ができます。新人だけでなく、社会人として当然のスキルです。あいさつは好印象を与え、多くのメリットを得ることができます。
患者対応で傾聴し、かかりつけ薬剤師へ。
かかりつけ薬剤師になるには服薬指導だけでなく、第一印象や患者対応も重要になってきます。患者対応では傾聴することで、患者の心を開けます。傾聴することで、適切な情報を得られるなど薬剤師側にもメリットがあります。
電話はただの新人の雑用じゃない
電話取りは新人や実習生の雑用ではなく、将来的に必要な仕事です。電話をとることで、自分の弱点を把握することができます。
薬局内のマネジメント方法とチームワーク
薬局内のマネジメント方法の1つにチームを組む方法があります。しかしチームワークが無ければ意味がありません。大目標を中心に情報共有することで、マネジメントをしていくことが重要です。
実習生、新人はメモを取れ。
新人や実習生は覚えることがたくさんあります。そして人間は忘れる生き物です。忘れて他部署に迷惑をかけないように、メモを取りましょう。またメモを取ったら自分の中に落とし込むことが重要です。
患者さんを満足させるには、サービスとクレームを考える。
患者さんを満足させるには、より良いサービスを提供していくことが大事です。またクレームの裏に隠れている沈黙の不満を考え、対応していくことが患者さんの満足度を高めていきます。
実習生は積極性を見せて好循環
積極性を見せなさいと先生から言われます。する仕事がなければ、忙しくない先輩などに声をかけて、新しい仕事や知識を積極的に教えてもらいましょう。
患者さんと話すときは、専門用語を避けよう。その1
患者さんは一般的には素人です。素人である患者さんに専門用語を使うと理解できません。そのため専門用語はなるべく避けて、理解度にあった話をすることが大事です。
患者さんと話すときは、専門用語を避けよう。その3
患者と話すときは、専門用語も気をつけるべきである。そして知識面として、どうしてそれをしなければならないかという正しい知識を広めるという意味でも専門用語を正しく伝える必要がある。
NGワードを言わない。
NGワード(疲れた、忙しい、眠い)を、相手の気持ちを考えずに発言する人がいます。それをぐっと抑えることで周りの人が気持ちよく仕事が出来ます。
思いやりのほうれんそう(報告、連絡、相談)
新人や実習生はほうれんそう(報告、連絡、相談)が重要という話をよく聞きます。伝えられる側を思いやった上での、ほうれんそうをすることで仕事がスムーズにまわっていきます。
薬局で仕事中ふざけない
仕事中に談笑するのはトラブルの原因になります。同じ部署だけでなく他部署のクレームとなり、最悪の場合患者とのトラブルとなります。たちが悪いですが表に見えないところでやるべきです。
患者に対し、プロの自覚を
患者さんの前に白衣を着て立てば、新人や実習生やベテランも変わらないのです。知識をつけるだけではダメで、それを実践して経験をつむことが大事です。
先輩の良いところを学び、マネする
実習生や新人薬剤師は、まず先輩のいいところをマネして吸収しましょう。それができたら、次は自分スタイルにアレンジしてみます。自分のスタイルが確立されたら、客観的に見直しを繰り返すことで、よりよい仕事ができるでしょう。
仕事に優先順位をつけて行動する
仕事をする上で、優先順位をつけられることはとても重要です。うまく優先順位がつけられないと、周りの人に迷惑がかかります。逆に意識して行動することで、うまく仕事が回っていきます。

 
HOME プロフィール お問い合わせ