患者さんを満足させるには、サービスとクレームを考える。

患者さんを満足させるには、サービスとクレームを考える。

患者さんを満足させるには、より良いサービスを提供していくことが大事です。またクレームの裏に隠れている沈黙の不満を考え、対応していくことが患者さんの満足度を高めていきます。

Sponsored Link

患者さんを満足させるには、サービスとクレームを考える。

日本には様々な薬局があり、どれ一つとして同じ薬局はありません。そんな数ある中から、患者さんから選んでもらうためには、努力であったり、コストが必要とされます。

 

既存患者を維持するためのコストは、新規患者を獲得するためのコストより安いと言われています。また既存患者離れを5%改善するだけで、利益が25%以上改善されると言われています。そのため、まず既存患者の維持が重要となってきます。

 

 

既存患者を維持するには、常に満足感を与え続けなければなりません。どのようにすれば、患者さんに満足感を与えられるでしょうか?

 

患者さんが満足感を得るには大きく以下の2つにわけられます。

 

  • サービス

 

Sponsored Link

Sponsored Link

 

物は薬などの品ぞろえであるため改善はしやすいです。しかし、サービスは改善がしにくいです。なぜなら患者ごとによって、何がサービスになるかが違ってくるからです。

 

患者さんは来局前に期待をしながら来ます。その期待を上回れるサービスを提供できるかが、満足感を決定します。

 

サービスとは

まずサービスは基本的に形がありません。例えば、薬局で言えば以下のようなものがあります。

 

  1. 正確さ
  2. 待たせない
  3. 態度、マナー
  4. 傾聴
  5. すぐに連絡がつく体制
  6. 知識
  7. 環境の整理整頓
  8. ニーズへの対応

 

サービスは形がないので、スタッフ間での共有もしにくく、提供する側にもどうしてもバラつきが出てしまいます。そして、上記のものはどれも大事なことであるため、もはやどれを優先するかは個人個人違ってきてしまいます。例えば、私であれば正確さ、傾聴、待たせないなどが上位にきます。このことからもわかるように、安定してサービスを与え続けるのは難しいのです。

 

 

安定したサービスを提供することを、常に管理薬剤師は考えていかなければなりません。サービスについて考えるには、誰に何をどのようにしてサービスするのか、を明確にして決定していく必要があります。

 

沈黙の不満

先ほどまでは、より良くするためのサービスを言いました。良くすることも大事ですが、悪いことを無くしたり、事前に防ぐことも大事です。患者さんの中には、たまに怒ったり、クレームを言う人がいます。たいてい理不尽なことが多いですが、ここにも薬局経営に関するヒントがあります。

 

ある調査で、お店に不満を持った人が、実際にクレームを言う割合を調べました。結果は、なんと4%でした。

 

 

ここから考えられるのは、まだ文句を言ってもらえるならマシだということです。日本人の性格もあるのでしょうが、不満を持っても言わずに黙って帰ってしまう、沈黙の不満が存在することを考えなければなりません。

 

1つのクレームがあると、その裏には多くの沈黙の不満が隠れているのです。

 

患者さんの満足感を高めるには、サービスだけでなく、クレームにも耳を傾け改善していくことが大事です。

 

まとめ

  • 既存患者の維持が経営では大事。
  • 患者さんを満足させるには、サービスをより良くし、クレームにも対応していくことが必要。

就職や転職でお悩みの方はコチラ!私はここで年収120万円上がりました

Sponsored Link