耐性菌を作らないように、抗菌薬はPK/PD、時間依存と濃度依存を考えよう

Sponsored Link

薬物動態、抗菌薬のPK/PD、時間依存と濃度依存

今まで学んできた薬物動態パラメータは薬がどれだけ体の中にあるかを見る方法でした。この薬物動態をPK(Pharmacokinetics)と言います。

 

それに対して、薬がどれだけ作用部位で作用しているかを見る方法を薬力学PD(Pharmacodynamics)と呼びます。

 

 

例えば、ワーファリンの血中濃度をPKとするならば、PT-INRがPDとなります。

 

薬動力学解析(PK/PD解析)

先ほどのワーファリンの例のように、薬動学解析(PK解析)では血中濃度の予想はできますが、実際どれだけ作用部位で作用しているかを予想することは難しいです。そのため、薬力学的解析(PD解析)と薬動学解析(PK解析)を関連させて解析するようにすれば、お互いのいいとこどりで解析できることがわかります。

 

 

このことを薬動力学解析(PK/PD解析)と言います。

 

抗菌薬のPK/PD

抗菌薬は効果や副作用もそうですが、適正に使わないと耐性菌ができてしまうおそれがあります。よって、PK(体内動態)とPD(抗菌活性)を組み合わせて投与量設計していくことが重要となります。

 

PKにはAUCなどがありますが、PDにはMIC、MPC、MSWなどがあります。AUCなどはすでにやりましたが、MIC、MPC、MSWはまだだと思うので、これらを見ていきます。

 

Sponsored Link

Sponsored Link


 

MIC、MPC、MSW

まず、MICはMinimum inhibitory concentrationの略で、最小発育阻止濃度と訳されます。その言葉通り、細菌の増殖を阻止するのに必要な抗菌薬の最小濃度をさします。MICが低いということは、それだけ低濃度で細菌の増殖をそしてできるわけですから、抗菌活性が強いことになります。

 

血中濃度がMICを超えている時間をTAM(Time Abobe MIC)と呼びます。

 

 

続いてMPCはMutant prevention concentrationの略で、耐性菌阻止濃度と訳されます。こちらも言葉通り、耐性菌ができるのを抑制する濃度をさします。MICとMPCの間に大きな差があるとき、それだけ耐性菌ができやすい濃度が広くなってしまうわけです。この間のことをMSW(Mutant Selection Window)と呼びます。

 

PAE

英語だらけで混乱しますよね。これで最後です(笑)

 

理論上はMIC以下では、細菌が増えてしまうことになります。しかし、MIC以下でも抗菌作用が続くことがあります。これを増殖抑制後効果PAE(Post Antibiotic Effect)と呼びます。

 

このPAEが抗菌薬の種類によって変わってきます。

 

PAE以外にも、抗菌薬で抑えておきたいのが、時間依存と濃度依存です。

 

時間依存は、ずーっと血中濃度をいい値でキープすることで効果があがります。逆に濃度依存は、ガツンと高濃度で使うことで効果が上がります。一部例外はありますが、時間依存と濃度依存の代表例として以下のものがあります。

 

 

国家試験のゴロを紹介します。

 

  • アミの乳(にゅう)は濃度依存

 

 

  • アミ;アミノグリコシド系
  • 乳(にゅう);ニューキノロン系
  • 濃度依存;濃度依存

 

物語を作るまでもないですが、アミちゃんの、乳は濃度依存という話です。え、アミちゃんって、もちろん牛ですよ(笑)

 

次は時間依存のゴロです。

 

  • 時間まくべー

 

 

  • 時間;時間依存
  • まく;マクロライド系
  • べー;β-ラクタム系

 

あるテレビのディレクターは、生放送中に焦っていました。時間がおしている!!焦ってしまったディレクターはつい「時間まくべー」と訛ってしまった話です。

 

耐性菌を作らないためにも、抗生剤は適正に使いましょう!!

 

まとめ

  • PKとPDを組み合わせたものをPK/PD解析と言う。
  • 抗菌薬のPDにはMICやMPCがある。
  • 抗菌薬には時間依存と濃度依存がある。

Sponsored Link

薬物動態、抗菌薬のPK/PD、時間依存と濃度依存 関連ページ

ADMEと肝初回通過効果の概要
薬を経口投与した後は、吸収、分布、代謝、排泄といったADMEと呼ばれる流れを受けます。薬を経口投与する際には、肝初回通過効果を受け、一部の薬が代謝されます。
薬の吸収は非撹拌水層、溶解速度、胃内容排出速度などの影響を受ける。
経口投与された薬は小腸から吸収され、肝初回通過効果を受けます。吸収された薬に影響を与える要因として、非撹拌水層、溶解速度、胃内容排出速度などがあります。
薬の分布、毛細血管壁と血漿タンパク質
薬の分布では非結合形薬物が組織に移行できます。逆に結合形薬物は血漿タンパク質に薬がくっついています。血漿タンパク質の代表例にアルブミンやα1-酸性糖タンパク質などがあります。
薬の分布、結合定数とLangmuir(ラングミュア)式
薬の結合定数を測定する方法には、平衡透析法、限外ろ過法などがあります。平衡透析法では計算問題、Langmuir(ラングミュア)式ではグラフがどうシフトするのかが問われます。
薬の分布、血液脳関門と分布容積
脳への薬の分布に血液脳関門関わり、脂溶性が高く、分子量が小さいものが血液脳関門を透過しやすいです。分布容積は分布のしやすさを表す指標です。
薬の代謝、CYPの阻害と誘導
分布した薬は代謝を受けて排泄の準備が行われます。代謝に関わるものにシトクロムP450というものがあり、酸化反応に関わります。CYPは薬によって阻害や誘導を受けます。
薬の排泄は糸球体ろ過、尿細管分泌、尿細管再吸収より行われる。
薬は胆汁中排泄などもありますが、基本的には糸球体ろ過、尿細管分泌、尿細管再吸収により排泄されます。クレアチニンの腎クリアランスは腎機能の指標となります。
生体膜透過、単純拡散はめんつゆをイメージしよう。
生体膜透過には、単純拡散などの種類があります。単純拡散はFickの法則により、透過速度は濃度勾配に比例して、膜の厚さに反比例します。またpH分配仮説により分子形が生体膜を透過しやすいです。
特殊輸送、能動輸送はP-糖タンパク質とMichaelis-Menten(ミカエリスメンテン)式をおさえよう。
特殊輸送は能動輸送、促進拡散、膜動輸送などがあります。能動輸送においては、P-糖タンパク質とMichaelis-Menten(ミカエリスメンテン)式をおさえることが重要です。
薬物動態、消失半減期t1/2とグラフの読み方
薬物動態を考える際に、消失半減期、分布容積、全身クリアランス、バイオアベイラビリティなどのパラメーターを使います。消失半減期t1/2は血中濃度が半分になるまでの時間です。
薬物動態、分布容積Vdとグラフの描き方
分布容積Vdは、組織への移行のしやすさを表す指標です。薬物動態では分布容積はDiv=C0・Vdと計算式をあらわすことができます。この式を使って、グラフの描き方を見てみます。
薬物動態、全身クリアランスCLtotとAUC
薬物動態のうち、CLtot(全身クリアランス)は、単位時間あたりの薬を除去した血液の容積をさします。また、AUC(血中薬物濃度時間曲線下面積)は濃度の合計をさし、CLtot(全身クリアランス)との関係式があります。
薬物動態、腎クリアランスCLrの計算式
全身クリアランスは腎クリアランスを用いて、CLtot=CLr+CLhとあらわすことができます。また腎クリアランスはCLr・Cp=U・VやCLr=(GFR・fp+分泌クリアランス)(1-R)とあらわすことができます。
薬物動態、腎排泄と尿中排泄率Ae
薬物動態の尿中排泄率Aeを使うことで、肝代謝か腎排泄かを判断する手掛かりとなります。尿中排泄率Aeを用いて、クリアランスを表すとCLr=CLtot・Aeが成り立ちます。
薬物動態、肝クリアランスCLhと肝抽出率Eh
薬物動態のうち、肝臓を1回通過した時の薬物濃度の減少率を肝抽出率Ehと言います。また肝クリアランスCLhを用いて、肝抽出率を表すと、CLh=Eh・Qhとなります。
薬物動態、量的バイオアベイラビリティと絶対的バイオアベイラビリティ
薬物動態のうち経口投与した後、どれくらい利用されるかの割合をバイオアベイラビリティと言います。計算式では、絶対的バイオアベイラビリティ(F)=(AUCpo/Dpo)/(AUCiv/Div)が成り立ちます。
薬物動態、点滴静注と定常状態
点滴静注を続けると4〜5半減期くらいで定常状態に達します。早く定常状態にもっていくために、点滴静注と負荷量(loading dose)を併用することがあります。
薬物動態、繰り返し投与と定常状態
今までは単回投与を見てきましたが、現実的には繰り返し投与が行われます。繰り返し投与を行っていくと、薬物動態としては定常状態に達します。
薬物動態、モーメント解析法とMRT
薬物動態のうち、モデルに基づかない解析法にモーメント解析法があります。モーメント解析法ではAUCやAUMCが使われますが、投与された薬が体に存在する時間MRTなども使います。

 
HOME プロフィール お問い合わせ