病院実習の特徴を意識して実習に臨む

Sponsored Link

病院実習、3つの特徴

病院は大学と提携している病院であれば、ある程度自由に選ぶことができます。
私は近い所と、大病院以外がいいと当時考えました。かなり近くに国立の大学病院があったのですが、そこは実習後も20時まで課題をさせられると聞いて、避けました。このように先輩からある程度の情報が得られると思います。

 

私の病院実習

さて私の実習先でしたが、400床くらいの所で、科目は基本的なものはそろっている病院でした。実習のはじめの方は内服注射の調剤を午前中行い、午後は薬剤師の先生が講義してくれます。このサイトに載せているような、いくつかの基本的な立ち居振る舞いまで指導されました。抗がん剤のミキシングも経験でき、最後の方は、担当薬剤師の先生の指導のもと病棟業務もさせてもらえました。

 

Sponsored Link

Sponsored Link


 

私は小児科病棟を選び、1人の患者さんの担当薬剤師をしました。

 

担当の患者さんは、1型の糖尿病患者で年齢は14歳の患者さんでした。糖尿病の知識が全くなく、初めてのインスリン導入となりました。確かノボラピッドとランタスになったと思います。

 

看護師さんから、患者さんの詳細を聞いたところ、反抗期で親と話をほとんどしない、学校は行っていない、11時くらいに家に帰るなど生活が不規則な患者さんでした。

 

 

私は、「これから糖尿病と付き合って行くことになるので、なぜインスリンが必要なのかを理解してもらい納得した上で、インスリンを使ってもらう必要がある」と考えました。
そこで糖尿病の全体的な概要から始まり、1型のインスリンの出る量、それを補うために超速攻型と持続型を使いわけること、低血糖時の対処法、インスリンの手技や保管方法などを1日1項目にして、日をわけて説明しました。

 

すると、患者さんから、「退院後の話になると思いますが、夜11時くらいまで遊んで、そこから帰るので寝る前のランタスを忘れてしまう気がします」と意見がありました。医師に確認したところ、それなら朝にしようとなり、寝る前から朝になりました。

 

無事に経過して、私の実習終了直前くらいに退院されました。最後に患者さんから、「糖尿病のこと色々教えてくれてありがとうございました。退院後もインスリン頑張りますから、実習頑張ってください」と言われたのを、今でも覚えています。

 

 

私はこの経験から、チーム医療の重要性を感じました。そして、患者さんをはじめ医療スタッフから必要とされる薬剤師になりたいと思うようになりました。

 

病院実習の3つの特徴

 

@点滴に多く触れられること

 

私の病院実習先での不満を強いてあげるなら、この特徴である点滴に関してこれといった説明はなく、独学するしかなかったことです。それがこのサイト作成の要因にもなったのですが。

 

 

A患者さんと点ではなく線で関われること

 

薬局実習では、長期処方の可能性が高いため1度会ったら、それで実習終了の可能性が高いです。自分が介入したことによる影響を把握しにくいと思います。それに対して病院では、患者さんを退院まで追って関わることができます。

 

 

B他職種と関わることができること(チーム医療ができること)

 

頼りになりますし、自分も頼られるようにならなければと刺激になります。勉強になりますし、様々な視点でも見られるようになります。

 

 

これらを意識して実習すると実りあるものになります。せっかくの実習なので、たくさん失敗していろいろな経験をしてください。

 

まとめ

  • 病院実習は、点滴があること、患者と長い期間関われること、チーム医療ができることが特徴。
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

Sponsored Link

Sponsored Link

病院実習、3つの特徴 関連ページ

薬学部のオスキー(OSCE)を合格するには
オスキー(OSCE)が薬学部にも6年制となったため、導入されました。合格するための対策としては、最後までやり通すことが一番です。この絶対条件を元に、合格のためのヒントを載せています。
薬学部のCBTを合格するには
薬学部が6年制になったのに伴い、CBTが導入されました。CBTに合格するためには、効率よく正しく勉強することが大事で、まず薬理から手をつけることをオススメします。受かるためのヒントを載せました。
実習先を知るには先輩から情報を。
薬学部では、薬局実習と病院実習があります。実習が自分の人生や、仕事、キャリアに影響を与えるでしょう。はずれの実習場所とならないようにするためには先輩から話を聞くのが一番です。
治験病院、自分の得意と苦手を知る。
新薬が世に出るには治験をしなければなりません。私はこの実習を通して企業は向いていないと感じました。実習をしたときには、自分は何が得意で、苦手なのかを把握するいいチャンスとなります。
薬局実習、4つの特徴
薬局実習では、患者さんを満足させながらも効率よく仕事をする力が重要となります。特徴としては、薬の種類が多い、推察力が求められる、臨機応変、効率性が求められる、地域制などがあげられます。
人生とキャリアをイメージする
自分の人生を少し長い目で見て、自分なりの優先順位をつけて仕事選びをすることが重要です。主に仕事内容、就業時間、給与、通勤時間、職場の雰囲気などが要素となってきます。
仕事内容は自分が何をしたいのか考える。
新人や実習生は、仕事内容にこだわれる時間があります。就職する際には、仕事内容は大きな要因となりえます。自分がどういった仕事をしたいのかよく考えて選びましょう。
働きたくない人は就業時間を気にしよう
募集要項の就業時間だけに騙されてはいけません。残業時間、休暇制度、特殊休暇、有給消化率などを総合的に考えて決めましょう。
見た目だけの給料に騙されるな。
給料は高いことに越したことはありません。募集要項をじっくり読み、基本給、ボーナス、福利厚生、残業代を総合した合計金額で比較するようにしましょう。実習生や新人は給料の高望みはできないです。
家事とお金と通勤時間
通勤時間は短いほうがいいです。一人暮らしか実家なのかで大きく変わってきます。お金や家事、近さなどから総合的に通勤時間を考える必要があります。
職場の雰囲気は根本的に変えることはできない。
職場の雰囲気は長年のそこの施設が作り上げているので、根本的に変えるのは難しいです。ですので自分が適応することが重要となります。イライラや不満がたまった最後の手段として転職があります。
薬剤師の就職と転職
薬剤師の就職活動の方法は、学校経由と就職会社経由の2つがあります。それぞれの方法について、メリットとデメリットについて考えてみます。私個人の意見では、就職会社経由の方が圧倒的に楽だし、便利です。
病院薬剤師と薬局薬剤師
病院薬剤師は薬局薬剤師に比べて、給料が安いです。ただ勉強したいからといって社畜をしているのは時間がもったいないです。薬局薬剤師もかかりつけが必須となり、今後時代の流れに対応できる薬剤師が求められます。

 
HOME プロフィール お問い合わせ